1
/
5

What we do

【ブランド事業】 自社ブランドを立ち上げ、そのブランドから収入を得る事業。 ◎ Cycle.me Cycle.meは、三井物産発の新会社「.me」(ドットミー)から、初めてみなさまにお届けするD2Cブランドです。「自然にきりかえる生活」をコンセプトに、よく動く、よく考える、よく眠る、充実した毎日のサイクルの実現をサポートする、朝・昼・夜の時間帯に合わせた3つの商品を展開いたします。オンだけにも、オフだけにも着目するのでなく、オンとオフのサイクルを作り出すことを目指しています。 【共同開発事業】 ①ブランド開発コスト・リスク等をパートナーと共同で負担し、収入も共同で分配する事業。 ②ブランド/商品開発を支援し、サービス収益を図る事業。 ◎ 粥粥好日 「粥粥好日」は、味の素社Z世代事業創造部との協業で開発された新ブランドであり、ドットミー社初となるパートナー様との共同開発事業案件です。ドットミー社は、商品開発・SNS/EC等のマーケティングDX・販売までを一気通貫で担当しています。川上から川下まで三井物産が保有する総合力を活かし、製品のレシピ開発は三井物産が運営する食品の開発ラボSpace T.、曽田香料株式会社、物産フードマテリアル株式会社と共に取り組み、EC改善運用を株式会社プレイド、SNS運用を始めとしたマーケティングはTastemade Japan株式会社と共同推進しています。

Why we do

【ブランド事業 - Cycle.meについて】 「こんなにもテクノロジーは進化しているのに、少しずつ寛容な社会に変わってきているのに、なぜ『自分らしく生きる』がこんなにも難しいのだろう?」 そんな想いから、Cycle.meを立ち上げました。 私たちが目指したのは、“自然にきりかえる生活”です。 メリハリのある生活サイクルを、無理せず実現すること。 頑張るあなたも、休むあなたも、どちらも支えること。 毎日に寄り添うものだから、信じられる素材で、おいしく楽しめるものを届けること。 周りに気配りすることも大事だけれど、もっと自分自身も大切にしていいはず。 いっしょに、“自然にきりかえる生活”をつくりませんか。

How we do

「パートナーと共に、ブランド構築のバリューチェーンを一気通貫でアップデートする。」 ウォーターフォール型開発プロセスで失われたCX(顧客体験)と生活者の声を取り戻し、バリューチェーンのあらゆるステップに反映させること“Customer Centric Cycle”を目指します。生活者を中心に据えることで、自前主義に縛られることなく、パートナー様と一緒に志ドリブン / Open Innovation型で真に優れたブランドを創ります。 自社ブランド運営で培ったマーケティング知見と、三井物産グループが保有するバリューチェーン全体での機能を最大限活用することで、製品発売までのリードタイムを大幅に短縮することが実現できます。