1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

医療専門家クラウドソーシングサービスを提供しています
エキスパート医師をオンラインで活用できるクラウドサービスです
ヘルステック業界には、オンライン診療・治療アプリ・医療機器連携サービスなどの新しいヘルスケアサービスが登場し、新たな医療の進化の可能性に多くの期待が集まっています。 私たちドクターズは、400名以上の専門医を中心とした医療専門家をクラウドソーシングとして、様々な企業にご活用いただけるサービスを提供しています。 例えば、オンライン健康相談サービスを企画する場合、これまでは病院や医師のもとを訪れ、主旨を説明し賛同してもらい、ようやく参加してもらうというプロセスが必要でした。 これに対してドクターズでは、独自のガイドラインによる専門医の医師を中心とした400名以上の医療専門家ネットワークをクラウドベースで活用できる仕組み「Doctors Cloud™」を提供し、ワンストップでシンプルでありながら質の高いエキスパート医師を企業のヘルスケアサービスに組み込むことを可能にしました。

Why we do

医療アプリやヘルスケアサービスの設計には医師が不可欠です
クラウド感覚でオンラインの医療専門家を組み込み、各種サービスを可能にしました
クラウド・モバイル・AI・IoTなどIT技術の高まりとともに、医療業界にもヘルステックベンチャーが参入し、大企業においてもデジタルヘルスのイノベーションに向けた取り組みが多数始まっています。 また、創薬ベンチャーやライフサイエンスベンチャー等、医学を根本から支える分野でも新たな革新的技術が誕生しています。 これらの新しいテクノロジーを生かすためには、最終的な利用者である患者や医療者にとって使いやすく現実的なニーズに応えるサービスに仕上げることが重要です。 しかしながら、これまでの多くの取り組みでは次の2つの点で十分とは言えない状況にありました。 ① ヘルスケアサービスを『専門医を中心とする医療専門家の支援』により正しく設計・開発すること ② 『オンラインの医療専門家が患者や医療者に対応する仕組み』を組み込んだヘルスケアサービスを提供すること これらを実現するためには、単に医師をたくさん集めればよいわけではありません。 これからのオンライン上で医師が活躍する時代を正しく適切に切り開いてリードしていくために、独自のガイドラインを元に、専門医の資格を持つ医師を中心にネットワーク化し、様々なヘルスケアサービスにフィットする形でオンラインの医療専門家を利用できるようにする必要がありました。

How we do

脳神経外科医のCEOから始まった独自の専門医ネットワークがベースです
専門医を中心とする医療専門家400名超のネットワーク
ドクターズの代表取締役である柳川は脳神経外科医です。 2500症例以上の手術を経験し、現在も臨床の現場に立つ現役の医師でもあり、ドクターズの創業者・経営者でもあります。 様々なヘルステックサービスが登場する時代となった今、医師にとっても大きな変革の時が訪れている、より先進的で面白い新しい医師の活躍の在り方が求められているという思いに共感する医師が続々と集まり、ドクターズの基盤が完成しました。 医療現場にこだわる現役のエキスパート医師をコアとして、さらにそこにクラウドやAI・IoTといった先進技術を投入することで、目指していた「医師の新たな活躍の場」をオンライン上に構築することに成功しました。