1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

2019年10月にサービス提供開始した不動産業界特化DXプラットフォーム「Synca」
不動産サイト制作サービス『ダイヤモンドテール』をはじめとし、管理会社と不動産オーナーのコミュニケーションプラットフォーム『OwnerBox』と不動産業界×ITの領域でのサービスを展開しています。
<Mission> データで人類をアップデートする <Value> Technology first 〜テクノロジーのトレンドに敏感で情報感度が高い。 Go straight,Be fast 〜スピードを意識し、自立自走した組織を目指す Be challenger,Don't be afraid 〜チャレンジ→失敗→学び→成長のサイクルを楽しむ Logical and Creative 〜多面的な思考でクレバーな意思決定をする Good for everyone!! 〜関わる人みんながWin-Winな状態にする 私たちは、不動産業界向けのDXソリューションを開発・提供するテクノロジーベンチャーです。 現在は不動産業界特化DXプラットフォーム「Synca」と不動産サイト制作サービス「ダイヤモンドテール」の2サービスを展開しており、東急住宅リース、三井不動産レジデンシャルリース、ミサワMRD、アンビションなど、200社以上の大手・中小・ベンチャー企業のお客様にご活用いただいています。 <不動産業界特化DXプラットフォーム「Synca」> https://lp.synca.cloud <不動産サイト制作サービス『ダイヤモンドテール』> http://www.diamondtail.jp/

Why we do

2019年より新生ボードメンバーが就任!サービス向上に向けて強固な体制を作っていきます!
役職ではなく役割で評価をするホラクラシー組織を導入
不動産業界は巨大な産業でありながら、電話、紙、FAXといったアナログな業務が数多く残る業界です。そんな不動産業界を変えようと数多くの不動産テックサービスがリリースされており、不動産テックは今最も盛り上がっているマーケットの1つです。多くの不動産会社が不動産テックサービスの導入をしようと進めていますが、新たな課題も出てきています。それが下記の課題です。 ・DXをどこから始めるべきか、どのサービスを利用すべきか分からない ・データ連携に課題があり、期間、コストを圧縮したい ・社内での運用がやりきれるか不安がある 私達はこれらの課題を解決するために不動産業界特化DXプラットフォーム「Synca」を展開しています。SyncaはDXコンサルティング、データ連携サービス(iPaaS)、BPOサービスで構成されており、これらのサービスを組み合わせてクライアントのDXを促進します。 不動産業界のDXが促進されることで、より快適な不動産取引、より快適な部屋探しなどを実現していきます。

How we do

全社員17名!まだまだ少人数のため全員でプロダクト改善に努めています!
外苑前徒歩4分のオフィス。周囲は静かでランチスポットも充実しています。
全社員20名(社長・役員含む)の不動産テックベンチャーとして まだまだ少人数のため全員でプロダクト改善に努めています。 柔軟なルールの上でさらなる強いチームを作り、自立して仕事をする人を増やす自由な環境を目指しています! その上で以下のような働き方を取り入れています。 ・原則、フルリモート制度 ・コアタイムありのフレックス制度(13:00-17:00がコアタイム) ・副業制度(ただし弊社がメインに限る) ・住宅手当(会社から4駅以内に住んでいる社員に付与) ・テレワーク手当 ・新型コロナウイルス特別休暇制度 ◎今後も働きやすい環境づくりに力を入れていきます! ◆◆緊急事態宣言解除後も、基本テレワーク勤務に!全国採用も行っていきます!◆◆ 2020年3月より5月までの約2ヶ月ほど、テレワーク勤務を行ってきたことによる環境整備が整ってきたことを踏まえ、ダイヤモンドメディアでは緊急事態宣言解除後も、原則無期限のテレワーク勤務とすることを発表しました。 同時に、優秀な人材確保を目指し、全国採用をスタート。 テレワーク勤務を通じて、場所を問わずに活躍できる社員の採用を強化してまいります。 場所にとらわれない働き方がしたい方、「不動産×テクノロジー」によるイノベーション」に興味がある方、ぜひ一度面接でお話ししましょう! ▼オンライン社内報も発行しています! https://note.com/dm_pr