1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【後編:21卒内定者の就活ストーリー!】アクティブな二人にインタビュー


こんにちは、またまた登場、21卒内定者の寺岡紗里(てらおか さり)です〜!
だんだんと春が近づいてきて、暖かくなってきましたね!
年度末で忙しい時期かと思いますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


さて、今回は、内定者就活ストーリー後編ということで、このお二方に登場していただきます!
一人目は、坂口那穂さん。


『海とマリンスポーツが大好き!特技はバナナボートのロデオ乗りです!』


そして二人目は、徳安裕太郎くん。


『暇さえあればアイスホッケーをやるか、ロードバイクに乗っているか。基本的に真面目な最年長ツッコミ係。』


私は内定者みんなに助けられながら生きていますが、坂口さん(以下、なほ)と徳安くん(以下、ゆうたろう)は、内定者の中でも特にしっかり者。インターン業務であたふたする私をたくさん助けてくれます!
そんな二人のプライベートは、ザ・スポーツマンでかなりアクティブみたいですね。

今回も前編と同様に三人で座談会をしました。
それでは早速参りましょう〜


-みんなよろしくお願いしま〜す!
かしこまらなくて良いので、カジュアルに楽しんで話そう〜。

ゆうたろう
「お願いしま〜す。」

なほ
「よかった〜!!結構かっちりしたインタビューかと思ってた!笑」


-私がインタビュアーだからかしこまったインタビューにはならないよ、安心して。笑
では、二人の就活の軸を教えてください!

なほ
「軸というか、私の将来の夢は、世界平和。めちゃめちゃデカいけど。笑 」

-ぉお〜!一発目からインパクト強いなぁ〜!

なほ
「人と人との間の摩擦を減らしたいと思ってる。私、人種差別が溢れた環境で育ってきたんやけど、いわれのないことで差別されたり、自信をなくしている人がいたりするのがすごく嫌で。理想は、ありのままの自分と他者を受け入れることで、世界が平和になること。だから、私なんて、、と考える人を減らすことが夢。」


-うんうん、私も差別や偏見を無くしたいという思い、めっちゃ共感する。自分と他人の違いを、変だなって蔑視するんじゃなくて、単純に面白い!って感じれると良いなと思う。


なほ
「そうそう〜。で、その私の想いに対して自分ができること、またはそれに備わった仕事がしたいと思って、人材を見ていたんよね。」

なほ
「サイダスは、明日が楽しみになる世界をつくる、という理念が自分の見ている先と一緒だったのがデカかったな〜。他にも、サイダスって多様性をすごく大切にしているから、サイダスと私が単純に合うと感じたのもデカい。なんかさ、ベンチャー企業って、社員全員が成長意欲高くて、仕事に燃えてイメージあるやん?でも、サイダスって色んな考えを持った人が居るのが認められていて、凄く良いなぁと。」


-そうね〜、私も、サイダスって本当に個性豊かだな、とインターンとして働いてみて実感してる!
じゃあ、ゆうたろうの就活の軸は?


ゆうたろう
「僕の就活の軸は、大きく分けて三つあって。一つ目は、理念共感。二つ目が、事業内容、何をやっているか。三つめが、社風、そこにいる人たちがどんな人か。」

ゆうたろう
「理念共感では、自分の、より多くの人が自分の意思を大切にして生きられる世の中を作る、という目標と、企業のビジョンやミッションが重なっている度合いや親和性を見ていたかな。2つ目の事業内容は、自分自身の目標をどうすれば叶えていけるのか、を考えた時に、人材紹介などの人材系が思いついた。そこから広がり、H Rテック、テクノロジーの力を借りて、一人一人が働く時間も自分らしくいられる、というのが事業内容の会社に行きたいと思った。三つ目は、まず、お互いを尊重できるか、というところ。色んな人がいて、良いところも悪いところも補完しあって一つの組織としてまとまっている、というのが分かる組織だったり。後は、フィーリングかな。笑」


-ゆ、ゆうたろうは、サイダスの申し子なのか...!?ゆうたろうとサイダスの考えが一致しすぎ!笑
あとね、私も、似たタイプの人ばかりが集まる環境じゃなくて、社員みんなで良いところも悪いところも補完し合える環境を探してたよ!会社選びでは社風をかなり気にしてたなぁ。


ゆうたろう
「でも、社風ってなかなか判断しづらいじゃん?そしたら面接で取締役の乗田さんに、苦手なところは苦手で自分の個性として受け入れれば良い。弱い部分は人を頼れば良い、と言われて。」


-あー!それ私も乗田さんに言われた!そこで、サイダスは多様性があるんだなって確信して、なんだかホッとした。笑


ゆうたろう
「乗田さんにそう言ってもらえて、役員の人がそういう意識があるってことだから、これは信じて良いなと思った。」

なほ
「私も乗田さんの面接は印象深い!最初は、この人は笑わん、怖い!って思ってた。笑」

「でも、逆質問したらすごく親身に話を聞いてくれたんよ。私がサイダスのサービスを正しく理解できてなくて、乗田さんに違うよ、と指摘されて。その瞬間、やばい、サイダス終わった...と思って、理解が及んでいなくてすみませんって謝ったんよ。そしたら、乗田さんが、分かってないことが悪いんじゃないよ。今は坂口さんと会社のギャップを縮めたいだけだから、もっとサイダスに関する疑問を全部言って!と。学生との面接ではあるけれど、人として寄り添ってくれてるな、と思えて嬉しかった!」


-それ嬉しいね。きょうやとみあとの座談会でも、サイダスの面接は人として寄り添って親身になってくれたって、話してたんよ〜!


ゆうたろう
「サイダスの面接の基準って、この人と一緒に働きたいかどうか、なんだろうなってのを、話してみて強く感じたな。こっちのことを知ろうとしてくれてるよね。あと、典型的な面接じゃないから、逆に調子狂った。笑」


-調子狂ったのはおもろい。笑 私は、サイダスの面接は皆さんが良い意味でフランクだから、面接では素の自分を出して話せて楽しかったな〜。
あと、私はママさんとして働いているブランド戦略部のあさみさんにお話聞かせてもらった!将来、私は家庭と仕事を両立させたいし、サイダスの育休・産休、時短勤務など詳しく知りたかったんだよね。
福利厚生ってなかなか聞きづらい話だけど、あさみさんがすごく丁寧に答えてくれたから、サイダス信用出来る!って思えた。

(オンライン同期会の様子。大富豪で遊び疲れた後、突然真面目な写真を撮影。笑 次はみあもね!)


なほ
「そんなことまで教えてくれたん!というか、採用面接のエピソードは尽きんな。笑 」


-内定した今だからこそ暴露できる話、たくさんあるよね。笑 よし、最後の質問!みんなの将来の夢は?なほは冒頭で、「人と人との摩擦をなくす事、つまりは世界平和」と答えてくれたので、ゆうたろうの夢を教えてください!


ゆうたろう
「僕の人生の目的は、より多くの人が自分の意思を大切にして生きられる世の中を作ること。ゆくゆくは、教育の方面に進みたいと思っている。僕が先生になるんじゃなくて、教育を変えていくような仕事をしてみたいな。でも、まずは大人たちの社会が変わらないと教育って変わらない。そういうことで、今は働き方にフォーカスしている。もちろん、今後この目標が変わっていくかもしれないけどね。」
「あと、サイダスでは、3年以内に何かしらの分野において社内で一番になれるものがあればいいな。これだったら徳安に任せよう、これは徳安に言った方が早いよ、だったり。自分の得意なものが広がれば、キャリアが広がることに繋がるし。」

なほ
「3年以内に社内で何かの分野で自分が一番になるって目標、凄く素敵〜!」


-うんうん!じゃあ、私は〜...ビールなら寺岡!って言ってもらえるように頑張ろうかな。笑


ゆうたろう
「もちろん仕事に関わっている分野に越したことはないけど、小さいことでもありだよね。小さなことでも誰かの頭の隅に自分が残っているのは勝ちだと思う。筋トレだったら坂口、みたいなのでもいいね。笑 」


-3年後か...私もサイダスで何かしら輝けていたら良いな〜(遠い目)


ゆうたろう
「もし仕事に関わることで見つけたいなら、仕事をやる中で自分ってこれ得意だなとか、自分が気になったことをどんどん社内で発信していったりとか。独自の視点が色んな人に伝わることが、新しいポジションに繋がったりすると思うし。だから、自分のことをちゃんと見ておけば必然的に出来てくるのではないかと思う。みんな、できるよ!」

なほ
「さすがゆうたろう先生、深いですねぇ〜。」


-先生、私、自分の働く姿をしっかり見つめて、自信持って頑張ります!
本日も講義ありがとうございます!!!(敬礼)


ゆうたろう
「笑。 今は、目の前にあることをしっかりやり切りたいな。あとは、楽しみたい!せっかく楽しそうな会社に入ったんだし。ミッションが、明日が楽しみになる世界をつくる、なのに、自分たちが楽しくないなんて最悪じゃん?僕らの動きから、働くことをプラスに変えていく、働くことって楽しいんじゃね?っていう考えに繋がっていけばいいなって思う。」

なほ
「そういえば、さりの将来の夢は?」

-よくぞ聞いてくれました!!みなさんご存知の通り、私、お酒とお喋りが好きじゃん?だから、将来は小料理屋の女将になりたいんよ!笑 人におもてなししたり、人に似合うものを提供したりするのがとても好きでさ。だから、私のトークや活力で、「あのお店でさりに会ったらなんか元気出る。楽しいな。」ってみんなに思ってもらえるような場所を作りたい。

なほ
「めっちゃ向いてると思う!」

ゆうたろう
「居場所づくりね、いいね。今度ぜひ内定者におもてなししてよ〜!」

-もちろん!女将が皆様をおもてなしします!笑


21年卒内定者5人の就活ストーリー、お楽しみいただけたでしょうか?みんな違ってみんな良い、とはまさにこういうことを言うんですね。


私たちは、今年の4月から正式にサイダスメンバーになります。これからも、5人で支え合いながら、社会人として成長していきたいです!あと、何事も楽しむ姿勢を忘れずに!
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!


以上、さりでした〜!

株式会社サイダス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more