1
/
5

開発エンジニアチームのリアルな声を紹介!

Photo by Christin Hume on Unsplash

こんにちは!
HR&カルチャーの山田です!


今回は、CURUCURUで働く開発メンバーについてご紹介します!

開発チームは現在3名体制で、20代~30代の男性で構成されています。
不具合対応、障害対応を撲滅し、事業成長させるために世界一平和なシステムを目指しています!

開発チームの人数が多くないということもあるので、バックエンドだけ、フロントエンドだけ、というよりも、一人が幅広い範囲において開発を行っています!


◎仕事のやりがいについて教えて下さい

・今携わっているメインの業務は基幹システム開発ですが、自分が開発したもので身近にいる周りの人たちの作業が楽になり、ありがとうと言われることはとてもやりがいと感じます。
また開発に関しても新しい技術を自分たちで選択して挑戦していける環境はとてもやりがいがあります。

・サービスを運営していると実際にお客様からの声を聞くことができます。
そのときに感謝のお手紙やメールを受け取ると、実際に使っている人がいて、誰かの役に立てているんだと実感できることにやりがいを感じています。


◎今のCURUCURUの課題をあげるとすれば何ですか?

・ミッションに対するビジョンがあり、プロセスを明確にすることのできるチームがありますが、まだまだ成長途中の会社なので人材が十分ではありません。そのためやりたくてもできないことが多々あり、同じ目標に向かって突き進めるような仲間を求めています。


◎どんな人がCURUCURUに合っていると思いますか?

・自走できる人。自分で考えて進めていける人は強いと思います。
さらに、エンジニアは技術力はもちろん必要ですが社内には技術に詳しい人だけがいる環境ではないので、詳しくない人に対しても噛み砕いて話ができたりするコミュニケーション力は必要です。

・提案すれば快く検討して意見をもらえる、またタスクが割り振られた際には裁量権を持って仕事をさせてもらえるので、サービスを自分ごと化して考えれるような人が合っていると思います。


最近開発チームでブログも始めたので、良かったら読んでみてください♪
https://curucuru.co.jp/blog


CURUCURUでは、仲間になってくれるエンジニアの方を募集しております!
少しでも興味をお持ちいただけたら、気軽にカジュアル面談しませんか?
ご応募お待ちしております!

株式会社CURUCURU's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more