1
/
5

募集中職種の紹介!ECテックラボってどんなことをするの?

こんにちは!
HR&カルチャーチームの山田です。

今回は、現在募集中のチーム「ECテックラボ」についてご紹介いたします!


CURUCURUのECテックラボとは?

ECテックラボは、現在ゴルフに特化したECサイトを発展させて、ゆくゆくは「100万人に愛用されるスポーツファッションEC」にすること叶えるために、新たな研究開発部門として2020年に発足された自社の研究開発部門・サービス開発部門の位置づけのチームです。
社長直轄の位置づけとして、この一年はあらゆるプロジェクトを通じて、社内のチームと連携してきました。


ECテックラボが目指すもの

ECテックラボのミッションは、「社内のメンバーひとりひとりが、データサイエンスの力を生かして意思決定ができるようになる体制を支援すること」です。
また、「唯一無二のサービスづくり、変革や新たな価値の創出に貢献できるチームとなること」を目指しています。
テクノロジーによって、ユーザーさんが予想もしていなかったような体験を創出することを実現したい、という想いがあります。


募集背景・フェーズ・現在のチーム体制

立ち上げから今年の11月まで2名体制でしたが、今回前任者の退職に伴い、募集を開始しています。
目標に近づくために手探りで立ち上げたこの一年間は、構想や仮説出しがより求められるフェーズでした。これは今も継続しています。
現在所属している1名には、副業パートナーとして関わってもらっています。副業といっても、エバンジェリストとして社内でも非常に頼りにされている存在です。


入社後はどんなことをやるの?

ビジネスモデル・ユーザーエクスペリエンス・テックの3つの視点で複数の仮説を立てて、他のチームを巻き込みながら、テスト検証を進めていきます。

▼入社後に取り組むテーマ一例
・需要予測:商品仕入れ・商品計画の精度をあげる
・ユーザーアンケートや行動分析:ユーザーの見えないニーズを分析する
・ダイナミックプライシング:セールアイテムの割引率・タイミングなどの判定を行う
・BIツール導入プロジェクト:社内メンバーがよりデータを日常的に活用できるしくみ・文化をつくる

ほかにも、新たにに着手する可能性があるテーマが複数あります!


ECテックラボには、どんな方が向いている?

今のフェーズで求めている方は、自らもデータ分析などの手を動かしながら、社長やマネージャーと共にユーザー課題解決を構想し、形をつくっていく役割ができる方です。
DX分野のコンサルタントのようなイメージが近いかもしれません。
現状、社内には当分野でレクチャーできる人がおらず、非開発メンバーも多いです。元々は「データ分析でどんなもの?」「何ができるようになるの?」と、社内にこの分野の知見がまったくない状態でした。しかし、この一年を通して少しずつではありますが、社内での認識も変わってきました。が、まだまだ十分とは言えない環境です。

そのため、業務を進める中で、技術的なことをメンバーにわかりやすく説明をすることも求められます。
まだまだデータが整理されていない・ユーザー情報が繋がっていない・ツールが整っていない……と感じる場面も多いです。立ち上げ期で、これらを一緒につくるところから参画する必要があるため、そこを楽しめる方、仮説と検証を繰り返ししていくことが好きな方が向いているかと思います。

逆を言うと、分析にだけ集中したいという方には向かないフェーズかもしれません。


入社後の働き方のイメージ

ゴルフに関する知識は入社前には問いません。入社後の研修や業務の中で吸収していっていただければ、まったく問題ありません。

▼知識のキャッチアップ研修内容(例)
・自社のビジネス理解:ミッション・事業戦略・やりたいこと・課題など
・ユーザー理解:ユーザー課題など
・ドメイン理解 :小売・EC・ファッション・ゴルフなど
・システム理解 :自社が使っているシステム・構成など




少しでもご興味をお持ちいただけたら、まずはカジュアルにお話しませんか?
あなたからのご応募をお待ちしております!

株式会社CURUCURU's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more