1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

インターンシップから正社員に!新人デザイナーにクリプトンのインターンについて話しを聞いてみた

こんにちは、クリプトンの寺田です。

クリプトン・フューチャー・メディアでは、職業意識の向上や当社に対する理解を深めていただくため、インターンシップを実施しています。
今回はインターンシップ参加後、アルバイトとして入社し、今年の4月から社員になったデザインチームの皆川くんにお話を聞いてみました。


ー皆川くん、よろしくお願いいたします! はじめに、現在の業務内容について教えてください。
皆川:よろしくお願いいたします!僕は今、「KARENT」「Domingo」といった当社が運営するWebサイトの制作・更新や、アプリUI、バナー画像の制作を担当しています。

ー大学3年生の夏にインターンシップに応募してくれましたが、就職活動の動きは早い方だったと思います。インターンシップに参加したいと思った経緯を教えてください!
皆川:僕は大学でプログラミングを専攻しており、デザインの経験はなかったのですが、当時WebデザインやWebサイト制作に興味を持ち、独学でそれらの勉強をしていました。しかし独学では限度があり、自身のデザインに対する知識が狭く、実際の業界がどのような仕事をしているかも分かりませんでした。そこで、デザイナーの仕事内容やデザインに対する理解を深めたいと思ったのが、インターンシップに参加したいと思ったきっかけです。

ーたくさんあるデザイナーのインターンシップの中から、当社にエントリーした理由をお聞かせください。
皆川:クリプトンのインターンシップはゼミの先生に教えていただきました。元々「初音ミクマジカルミライ」や「piapro」などを知っていて、Webサイトを見たことがありました。改めてデザインを見てみると、今まで自分で作ってきたデザインと全く違うデザインばかりで、すごくワクワクしたのを覚えています。クリプトンのインターンシップに参加すれば、デザイナーとしての視野を一気に広げることができると思い、エントリーしました。選考を通過できるとは思っていなかったので、結果の連絡が来たときは本当に嬉しかったです。

ー8日間のインターンシップではどのようなことをしましたか?
皆川:インターンシップでは、課題用の架空Webサイトのデザイン・コーディングを行いました。1日目は競合サイトのリサーチを行ったり、関連社員に必要な情報のヒアリングをしたりしました。2日目からデザインツールによるモックアップの制作、HTML/CSSのコーディングを行いました。最終日にサイトのプレゼンを行い、フィードバックをいただきました。

ーインターンシップを通してどんな学びがありましたか?
皆川:インターンシップ前は、ただ自分の作りたいサイトを作っていましたが、インターンシップでは課題解決のためのデザインを体験でき、デザインに対する理解が深まったと同時にデザインの難しさや楽しさに気づきました。
期間中は、チームマネージャーの石川さんの隣に席があり、付きっきりで指導いただきました。僕の場合はデザインの勉強は独学でしていたので、基礎的なデザインツールの使い方や余白の作り方はこのインターンシップで学びました。クリプトンのインターンシップは事前にカリキュラムが決まっているのではなく、学生1人1人に合わせてカリキュラムを組んでもらえるので、学べることはすごく多いと思います。

(写真左がデザインチーム・マネージャーの石川さん。入社後もマネージャー自ら皆川くんの指導を担当しています。時々2人でランチに行くほど、関係性はバッチリです!)

ー石川さんからはインターンシップ期間での皆川くんの素直で積極的に学ぶ姿勢がすごく好印象で、この先も一緒に働きたいと思える人材だったと聞きました。皆川くんとしてはどうでしたか?
皆川:僕もここで働けたらいいな、とは思いましたが、クリプトンの皆さんに一緒に働きたいと思わせるくらいの成果は残せていないと感じていました。そのまま終わってしまうのは悔しかったので、インターンシップ中に作った課題をブラッシュアップさせて送りつけようと思い、準備していたときに石川さんから「アルバイトで働きませんか?」と連絡をいただき、在学中にアルバイトとして入社することができました。卒業後にクリプトンに正社員として入社してからは非常に充実した日々を過ごせていて、入社できて本当に良かったと思っています。

ー是非、皆川くんのような素直で積極的に学ぶ姿勢のある学生さんにご応募いただきたいですね!
皆川:僕はインターンシップを通じてリアルな現場を体験することで、自身のデザインに対する考え方が変わり、その後の学校での活動も大きく変わりました。クリプトンのインターンシップは「デザイン」だけではなく、0からWebサイトの作り方を学ぶことができ、幅広い知識とスキルが身に付きます。

先ほどもお伝えしましたが、学生1人1人に合わせてカリキュラムが組まれるので、「どんなことを学びたいのか」、「どんなデザイナーになりたいのか」という目的意識や将来像を明確に持っている人は是非クリプトンのインターンに応募していただきたいです!


ー皆川くん、ありがとうございました!


===============

デザインチーム
北海道情報大学情報メディア学部情報メディア学科卒
今ハマっていることは「料理」。
得意料理は白だしで作る親子丼。三つ葉は必須。
次はカルボナーラに挑戦してみたいそうです。

===============

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings