1
/
5

What we do

私たちQasee(カシー)株式会社は、組織改善・業務可視化ツール”Qasee”の開発・提供を行う会社です。チームの働き方や、個人の働き方を可視化することで組織や業務の課題を見つけ出し、働きやすい組織づくりに貢献しています。 ■”Qasee(カシー)”について■ 業務デバイス内にアプリケーションをインストールすることで、働き方データを分析。組織や業務の問題点、課題点、ボトルネック(人、モノ、カネの3要素)を抽出し、改善方法まで導き出すことができるクラウド型のSaasサービスです。 <組織の”収益最大化”に必要なもの> これまで、正確な業務データの抽出は困難を極め、どこに課題が生じているのか分からないという問題がありました。しかし、”Qasee”をパソコンにインストールすれば、「パソコンの使われ方」から、社員や組織の働き方を可視化できます。そこから、業務の生産性を阻害している原因や非効率作業を特定し、組織改善に役立てることができるのです。従業員自身で働き方を改善していくことを可能にするとともに、組織が収益を最大化するための答え(人、モノ、カネの3要素)を得ることができます。 <気づきから改善、そして行動へ> ”Qasee”は従業員を管理したり、縛ったりするツールではありません。「改善」という観点から、従業員・管理者双方が「働くことがより楽しく、前向きになる」ことをコンセプトに設計されています。マネージャーは業務管理に時間を費やすことなく組織を改善し、従業員は「気づき」から働き方のセルフマネジメントができるようになるのです。 ■今後の展望■ ”Qasee”には、抽出データからある程度働き方を分析する機能が搭載されています。しかし、より企業様目線に立った的確なアドバイスを行うため、カスタマーサクセスチームによるレポーティングも行っています。「データドリブン」なアドバイスだけでなく、あえて「人間の思考」をプラスすることで、より説得力のあるサービスになっているのです。いわば、「システム+人間」の専属コンサルタントが組織に伴走してくれているといってもよいでしょう。 今後は、”Qasee”をより進化をさせていきます。機械学習などを取り入れながら、さらに的確かつ詳細な分析ができるプロダクトとして、発展させていきます。

Why we do

■世の中になくてはならないものを創造し続ける■ 私たちは、テクノロジーを通じて”Qasee”が企業だけでなく、働くすべての⼈にとってなくてはならないインフラツールになることを⽬指します。 働き⽅が変化し、IT技術が進歩すれば、 “⾃由な時間”が生まれます。もし、いまだに仕事に忙殺されているなら、それは時間の使い方に課題があるかもしれません。 ”Qasee”によって、多くの人に自由を提供していきたいと思っています。 ■世の中の当たり前を疑い、 価値を⽣み出し続ける企業でありたい■ 進捗会議を数時間に渡って行っていたり、なぜ存在するのかわからない業務があったり。会社の中にいると、それが当たり前になり過ぎて、気づけない課題があるものです。 また、視野を広げれば、9時から18時まで働くという時間的な制約や、サービス残業のような日本的な労働慣習は至る所に存在します。 こうした課題は、客観的に指摘されるまでは気づくことができません。また、外部機関から指摘されなければ、社内が改善に動き出すことも困難です。まずは自社の現状を、信頼できるわかりやすいデータ基づいて指摘してもらうこと。実はこれがとても大切だと考えています。このような想いから生まれたのが、”Qasee”です。 私たちは、世の中の当たり前を疑い、人生の中で最も時間を使う「働く」を変革します。企業が効率的な方向へと組織運営の舵を切れば、多くの人生がより豊かになると信じています。

How we do

■VALUE■ 新しい会社だからこそ一緒に学んで楽しむ。喜びも苦しみも共有する。 このような「共感」を大切にするのが、私たちのカルチャーです。 ・⼀緒に笑えて⼀緒に悩む 様々な思いを共有し、共に成⻑しよう ・第⼀線に⽴ち続けよう  何事に対しても失敗を恐れず挑戦する姿勢を⼤切にし、結果に関わらず周囲もそれを称賛しよう ・誠実に向き合おう 良い事も悪い事も、出た結果に対しては真摯に向き合い、前進していこう ・唯一無二の存在であろう 「〇〇さんだから」と言われる仕事をして、社内でも世の中でも、自分の”価値”を上げていく ■企業風土■ Qaseeでは、臆することなく結果に向き合い、世界に挑戦し続けています。 悪い結果や失敗も、成長への原動力。「なぜ」を追求し、自身に向き合い、自らの市場価値を上げていってほしいと思います。 共に強みを増やしながら、事業を進めていきましょう! ■このように働いています■ 現在のメンバーは、2名のエンジニアとセールスを含めて、総勢10名ほど。リモートで働くメンバーとは常にオンラインでつながっており、いつでも質問や相談が受けられる環境です。毎月行われる社内勉強会や、隔週のランチ会でも交流を深めています。 なお、オフィスは港区田町にあります。出社を基本としながら、リモートワークを部分的に取り入れています。