1
/
5

What we do

自治体様や観光協会様をはじめとして、さまざまなイベントやキャンペーンでご利用いただいております。
抽選やクイズなどのエンタメ機能や、クーポン機能もオプションなしでつけられるため、利用者の回遊を促進可能です。
web制作・システム開発に加え、2021年より、デジタルスタンプラリー構築システム「Raund(ラウンド)」の運営・開発をしています。また、Raundを起点に、自社サービスメインの収益モデルへの移行を目指しています。 ▼Raund https://raund.net/ Raundでは、スマホでできるスタンプラリーをかんたんに構築可能です。 さらに、Webブラウザのみで実施できるので面倒なアプリダウンロードの手間なく、参加者はすぐにスタンプラリーを始めることができます。 また、行動データや訪問者の属性を分析することで、地域経営のマーケティングにも活用可能。 今後はさらに柔軟なマーケティングができる分析機能やローカル向け広告など、観光DXを加速させる拡張や新サービスの開発を進めていきます。

Why we do

京都オフィスでの写真。メンバーは全員で6名(アルバイト含む)で、基本的には関西在住のメンバーは京都オフィスで集まって仕事をしています(リモート日あり)。
代表取締役の濱口と営業の白子。
昨今よく耳にするようになった「観光DX」。しかし、日本ではまだまだ手付かずの分野で、課題も多く残ります。 Paakでは、既存オペレーションのデジタル化、魅力あるコンテンツなどでデータドリブンな観光地経営を支援し、ITの力で観光地・観光客の体験価値を向上させたいと思っています。 とはいえ、Paakの活動領域を特定の分野に限るつもりはありません。 長期的には、観光DXに縛られず、「事業を通じて、世の中をどれだけおもしろくできるか。今日よりも明日がおもしろくなるような変化を、常に生み出しているか」をベースに、ITを軸とした事業を複数展開したいと考えています。 【各種SNSなど】 ■Twitter ・Paak公式- https://twitter.com/paak_info ・Raund公式- https://twitter.com/raund_info ■株式会社Paak 公式note- https://note.com/paak

How we do

営業の白子、広報・バックオフィスの小原
エンジニアチーム(左からCTOの藤崎、伊東、伊藤)
◆メンバー 総数:6人(2023年4月現在、アルバイト含む) 職種:エンジニア、営業 ◆バリュー 【Best and fastest-最高で最速】 最高のものを考え、最速のスピードで実行します。今の自分を起点にせず、最高・最速から逆算して行動しよう。 【Venture spirit-常に面白いことに挑戦する】 どんなに組織が大きくなろうとも、常に挑戦する精神を忘れません。よりおもしろいことを生み出せないか考え、成長し続けます。 【Make money-絶対に稼ぐこと】 より良い価値を社会に提供し続けるためには、きちんと稼ぐ必要があります。私たちはビジョンを達成するために、利益を追求します。 Paakでは、これらの考え方に共感していただける仲間とともに、日々様々なことにチャレンジしていきます。