1
/
5

What we do

◆ブランドデザイン - 企業やブランドの考え方からデザインする -  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ CHOKOKUは、一言で言うなら「UXデザインチーム」です。 我々が提供している価値は、 「クライアントの個性を表現して、エンドユーザーの記憶に残る体験の提供」です。 よりビジネス的に言うならば、 「クライアントの商品を継続的に購買してくれるファンを、ブランドのUXデザインで獲得する」ことです。 ここでのブランドとは、企業やサービスも含めた看板がある全てを指しています。 ブランドを理解してビジュアルへ落とし込み、そのビジュアルがターゲットの記憶に残るまでをサポートしており、カスタマージャーニーの中のデザインに関わる分野が我々の価値提供領域です。 ◆CHOKOKUの事業領域  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ CHOKOKUの事業領域は、広義ではデザイン事業ですが、 その中でも実働は下記の内容に細分化しています。 ○ プランニング事業 ブランドの表現方法や計画への落とし込み方、運用方法といった計画が必要な分野のサポート事業。 ・業務内容:CI設計、事業計画・戦略設計、アクションプラン設計、運用方法設計...etc ○ クリエイティブ事業 ブランドの表現をアウトプットするための事業。 ・業務内容:デザイン制作、WEB制作、動画制作...etc ○ プロモーション事業 ブランドデザインをユーザーに届けるための事業。 ・業務内容:広告運用代行...etc    ○ SNSマーケティング事業 継続的・熱狂的なファンを獲得・育成するための事業。 ・業務内容:Instagram運用代行...etc ◆全員「デザイナー」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ CHOKOKUは、広義の意味で全員が「デザイナー」です。 中でも詳細に細分化した職種が下記です。 ☑︎プランナー(≒セールス) デザイン戦略のブレインとなり、実現可能性の高い計画立案が提供価値です。クライアントの課題や痛みの解決のため、デザイン戦略の全体像を描く経営戦略の立案まで入りこみます。 ☑︎ディレクター(≒クリエイティブディレクター) デザインをGOALまで導くための見積もり・計画・アクションプランの設計と実現が提供価値です。現場での総指揮として、マーケット、過去事例、競合の戦略などの情報を収集・分析し、クライアントとの調整、現場の円滑な進行管理などを行います。 ☑︎クリエイター(≒デザイナー+エンジニア) プランニングされた計画に基づいて、ビジュアルへ落とし込むことが提供価値です。ミッション・戦略・戦術の意図を汲み取った上で、デザイン・コーディングといった実働を行います。 ☑︎プロモーター(≒グロースハッカー) 届けるべき人へ届ける戦略・戦術を組み上げ、数字で見てわかるグロースを実現させることが提供価値です。ミッション・戦略・戦術の意図を汲み取った上で、マーケットのデータを分析し、広告運用を行います。 ☑︎アシスタント(≒コーポレート系の職種) ディレクターやクリエイターのサポートを行います。コーポレート系の人事・労務・経理関係の業務や各種資料の作成を行います。

Why we do

◆記憶に残る美しいモノをつくる  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ あなたに、忘れられない体験はありますか? 過去の忘れられない体験の中で、 ポジティブな記憶として解釈できているものは、 あなたの背中を押してくれたことはありませんか? 私はある日こんな話を聞きました。 東日本大震災を経験された一人の男性が、復興に向けて尽力する中、 心の支えにしていたという詩があったそうです。 その中に、こんな一説があります。 「そんな時代もあったねと  いつか話せる日が来るわ」 この詩がつくられたのは、1975年。 今から約45年も前につくられたこの曲が、 時代と場所を超えて、今も誰かの背中を押していることに、心震えました。 これは詩だけに言えたことではなく、 例えば逸話だったり、絵だったり、景色だったり、 ふと目に入った広告の一文だったりするでしょう。 これは誰しもが共通なのではなく、 その人にとって、その時に必要な「特別な体験」なのです。 だからこそ、その人には美しく感じ、 記憶に残り、今なお背中を押し続けているのです。 そんな残り続ける美しいモノが、一つでも昨日よりも増えたなら、 きっとその人の目に映る世界は、昨日よりも美しくなるのでしょう。 そう信じているからこそ、 我々CHOKOKUは、人の記憶に残る美しいものを、 昨日より一つでも多くつくることを使命としています。 持続的にこのミッションを実現するためにビジネスの世界の中で、一人でも多くの人に届けることができるデジタルコンテンツのデザインを、手法として選択しました。 人の記憶に残るものに心振るわせることができる我々だからこそ、 この事業を続ける意味があると確信しています。

How we do

◆MISSION実現のための新規事業創出  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 既存事業で出た利益は、クリエイティブやデザイン関連の新規事業へ投資していきます。現在も水面下でクリエイターエコノミーを意識した新規事業は進んでいます。こういった新規事業も、社内で提案をして通れば、事業部長として推進していけます。 ◆個性を重要視した制度  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ○趣味支援制度 人が大事にしているものを大事にすることはコミュニケーションにおいて最も重要だと考えています。だからこそ、メンバーの好きなこと、趣味をメンバー内で共有することで、その趣味を会社として費用の一部を支援しています。 ○健康維持制度 全ての土台は健康からはじまります。基礎である食と運動の中で、運動を促進するために毎月一定額の健康維持のため、ジムなどにかかる費用の一部を負担します。 ○成長支援制度 デザインや事業に関して必要な成長のための費用を惜しみません。本やセミナーなどの参加費用を承認制で会社負担します。