1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

ZeBrand誕生ブランドストーリーについて

ZeBrand CEOの菊池 諒です!

今回は、ブランディングをオートメーション化するWebサービスZeBrandの誕生ブランドストーリーについて書かせていただきます!!!
Brand your wayあらゆる方々にブランディングを届け、あらゆる方々が自分らしさを発揮し、それらを認めあえる世界を創りたいと思ったきっかけについてお話しさせていただきます!

ZeBrandの成り立ちについては、3つのきっかけがはじまりかな、と思い返しております!
Rhode Island School of Design(ロードアイランドスクールオブデザイン、以下:RISD)という"美大のハーバード(from Wikipedia w)"と呼ばれる美術大学に留学したことがきっかけで、私の世界観は大きく変わり、新たな価値を創造することの重要性や使命感(勝手にw)や、他者の模倣ではなく、自分らしさや自分にしかできないこと、この世の中にもし自分がいなかったら存在しなかった作品や概念について、ニューヨークのブランディングエージェンシーの鉄の掟など、見えざる聖域へ挑戦、未来を創造することの意義について、すべてはこの経験からより明確なビジョンを持って動き出したと感じています!


1 新たな価値を創造する


留学当時、RISDの学長室でのFinal Critiqueと呼ばれる最終発表を終えた後に、当時の学長であったジョン・マエダさんより


『君はここにいる全員の心を動かした。リーダー達は感情的な繋がりをつくることでムーヴメントを起こすことができる。

君のRISDでの経験や旅を通じて、このかけがえのない作品とプレゼンテーションによって、君はそれを成し遂げるまでになったんだよ。

一人の人間は世界を変えられる。

君はRISDでの経験を通して、その一人になったのだから、己のためではなく世界を変えるために生きなさい』

とのこの言葉をもらい、自分にしかできないこと、自分がこの世に存在しなかったら誕生しなかった新たな価値をいくつも創造し、世界を変えることを心に決めました。
私のメンターであるLaneさん、Carterさんや現在の学長であるRosanneさんからも労いの言葉を思い胸がいっぱいになったことを今でも思い出します!
もちろん完全なる厨二病の極みであることは理解しているのですが、世界を変えるべく一人のentrepreneurを誕生させるきっかけにしては充分な言葉であり、かけがえのない経験であったと考えています!

2 自分らしさを発揮してそれらを認め合える世界を創る

私自身の感覚ではありますが、一方通行な教育を受け、名のある大学に入り、大手企業に就職することをよしとする日本の文化の元で育ったが、米国留学の際に、当時お隣にあったIvy Leagueの学校に通う学生との話の中で、卒業したら何になるのか、と話をしていた際に、
「将来はパン屋さんになる」という友人の夢を聞いた時のインパクトを今でも思い出し、日本から米国に来たばかりだった自分としては、直感的に「もったいない」と思ってしまった衝撃的な出来事でした。
友人はそれを察したのか、良い大学を卒業して、投資銀行やコンサルティングファームに就職して数千万稼ぐことは誰にだってできる、
ただ、自分の心に正直に本当にやりたいことを見つけてやりたいことをやっている人が認められるのがアメリカだ、という話を伺った際に、心が震えたのを今でも覚えています。

当時、メンターのLane教授より、「What do you really want to do?」と毎日のように聞かれていたこともあり、自分らしさとは何かを仲間達と共に必死に模索していた留学時代でした!



その中で、Graphic Designの講義において、米国最古のarcade(The Arcade Providence)がリブランディングするタイミングにて紹介ブロシュアを作成する課題がありました。クラスメート達は最新技術を用いてWebサイトを制作したり、細部に拘ったデザイン冊子を作ったりと素晴らしい作品ができていく中、私にしかできない視点からのアプローチということで、アーケードというギリシャの神殿からインスピレーションを経て、ギリシャの神々の銅像が、コミックのような吹き出しで面白おかしく紹介する冊子を制作しました。
無論、ニューヨークタイムズのクリエイティブ出身やブランディングエージェンシーで活躍する同級生達がいる中で(大学院なので)、私のGraphic Designスキルは圧倒的に不足していましたが、
私にしか考えつかない、自分だけのインスピレーションを信じて、デザインではなく、アートの概念から入り、そこにデザインを融合させた作品を発表しました。Critiqueの時間にクラス内には笑顔と笑いが起こり、学部長からも高い評価と、多様性、多面的な視点からのアプローチを高く評価いただき、MVPを受賞することができました。

この経験が私の成功体験にも繋がり、自分にしかできないことを自信を持って表現し、それらを認めあえる世界を創る、というZeBrandのBrand your wayの概念へと繋がりました。


そして0から1を生み出す人間にしかできないアートの概念とそれをエンハンスするデザインというコンセプトのインパクトをRISDで経験できたことがZeBrand誕生に大きく関わったことだと実感しています。

3 ブランディングリサーチ in NY


RISD留学を終え、帰国した後に米国ニューヨークで、ブランディング市場やデザイン市場のリサーチを実施しました!
優秀な学生や友達が、こぞって卒業後にブランディングエージェンシーに勤めるか、デザインファームでブランディングを行っている、ということに気がつき、ブランディングについてや、ブランディングエージェンシーについて、そこでの活動についてのリサーチを行いました。
みな優秀な学生ばかりでしたが、ブランディングには経験や権威性が必要となり、数年間の経験を経てシニアデザイナーなどになって一人前のブランディングを任せてもらえる世界なのだと理解しました。
これらを調べていく中で、"ブランディング"はあまりにも洗練されており、それらを普通のデザイナーは触れてはいけないような聖域であることを感じました。
また、一方でブランディングエージェンシーの重要な成果物でもあるブランドガイドラインに注目した際に、基本的には紙ベースかPDFベースの仕様になっており、さらにはそれらの項目やコンテンツは数十年どころではなく、数百年も変わっていないことに気がつきました。
このデジタルの時代において、3D空間における世界観の醸成や、触覚や嗅覚に訴えかけるもの、現在においてはVTuberのキャラクターやAIの音声など、新たなブランディングを規定するものをあらためて考えることで、新たな価値が創造できるのではないか、とこの時にインサイトを得ました。
これまでの永き時を経て醸成されたものへの敬意の念を決して忘れることなく、そのセオリーを体系化、代替可能なフェーズをオートメーション化することで、その効率化された時間や労力を、
本質的に人間にしかできない新たな価値の創造や新たなブランディングの概念の開発という重要パートに費やしていくことで、デジタルやAIと共存し、ブランディング自体がさらに次のフェーズにいけるものと確信し、自分たちのみでなく、あらゆる方々を巻き込んで、新たな時代における"ブランディング"を創造したいと考えました。


また、当時はスタートアップとして名を挙げていた、CasperやAll birds、Warby Parkerなどのリブランディングを手掛けるブランディングエージェンシーに、RISDの卒業生達がリファラルで採用され、急速に規模を拡大していたこともあり、この市場へのニーズやバリューが高まりつつあることも理解しました。

さらには、半年〜1年をかけて数千万円〜数億円のコストのかかるブランディングエージェンシーへの委託などは、ほんの一握りの企業しか依頼することができておらず、新たに台頭してきているスタートアップ向けのブランディングエージェンシーに関しても、基本的にはシリーズB以降のみを対象として数百万円〜数千万円と数ヶ月を費やしていることを理解しました!

それよりも前のステージのスタートアップはもちろん、世界中のあらゆるエリアの企業や個人に向けたブランディングを提供していくことは、世界をより美しく、より良く変えていくことに繋がるのではないかとのインサイトも得ることができました!


現時点において想像しうる事象の全ては現実になるという前提で考えてしまう性分なので、
0から1を創造する人間にしかできないパートと、1から10へ成長させるAIやテクノロジーでオートメーション化できることを意識的に使い分けるハイブリッドリテラシーを、知らずのうちにあらゆる方々へ提供していくことでも、AIと共存していくことのできる社会に貢献できると考え、ZeBrandを世の中へ提供していきたいと考えるに至りました!


ということで、共にあらゆる方々にブランディングを届けるべく、ZeBrandメンバーを絶賛大募集しております!!!まずはZoomなどでもラフにお話しできましたら嬉しく思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!!!

UI/UXデザイナー様 大募集!!!

UI/UXデザイナー
Forbes掲載企業|裁量権を持って働きたいUI/UXデザイナー大募集!
私たちは、ブランディングをオートメーション化するWebサービス「ZeBrand」の運営・開発を行っています。 ■ ZeBrand https://zebranding.com/ ブランドのコアとなるミッションやビジョンなどの想いの部分を言語化する体験をサポートをしながら、ユーザの業界やパーソナリティの情報をベースに、最適なフォントや色や写真などをビジュアライズして提案するサービス。 このサービスでは、特にスタートアップなどのビジネス初期のブランディングをサポートします。創業時のデザイナーがいないチームや、身近にデザインリソースが無い状況の方など、誰にでもブランディングの第一歩を始められる機会を提供。 海外向けのサービスのため、現在はUSをメインに、イギリス・フランス・オーストラリアに向けたマーケティングを実施しています! ※海外向けのサービスのため現在は英語版のみの提供となります。日本をはじめその他の言語での要望も高まっており、並行してリサーチやテスト導入なども行っています。 ▼トピック▼ ・Amex x WeWorkピッチコンテストでのグランプリ獲得 ・2019年12月25日発売のForbes Japanに4ページの特集記事掲載頂きました Webページ:https://forbesjapan.com/articles/detail/31217 ・TechCrunch Pitchers & Pitches Competition優勝 ・SXSW PITCH! 2020 にてFinal Alternates of Enterprise & Smart Dataにて選出
株式会社ZeBrand

フルコミットでのジョイン大歓迎です!!!スポットでの業務委託なども並行して募集しております〜!!!SaaS経験など最高です!!!


グローバルなWebマーケター様も大募集です!!!

Webマーケター
Forbes掲載企業|世界中へブランディングを届けるWebマーケター募集
私たちは、ブランディングをオートメーション化するWebサービス「ZeBrand」の運営・開発を行っています。 ■ ZeBrand https://zebranding.com/ ブランドのコアとなるミッションやビジョンなどの想いの部分を言語化する体験をサポートをしながら、ユーザの業界やパーソナリティの情報をベースに、最適なフォントや色や写真などをビジュアライズして提案するサービス。 このサービスでは、特にスタートアップなどのビジネス初期のブランディングをサポートします。創業時のデザイナーがいないチームや、身近にデザインリソースが無い状況の方など、誰にでもブランディングの第一歩を始められる機会を提供。 海外向けのサービスのため、現在はUSをメインに、イギリス・フランス・オーストラリアに向けたマーケティングを実施しています! ※海外向けのサービスのため現在は英語版のみの提供となります。日本をはじめその他の言語での要望も高まっており、並行してリサーチやテスト導入なども行っています。 ▼トピック▼ ・Amex x WeWorkピッチコンテストでのグランプリ獲得 ・2019年12月25日発売のForbes Japanに4ページの特集記事掲載頂きました Webページ:https://forbesjapan.com/articles/detail/31217 ・TechCrunch Pitchers & Pitches Competition優勝 ・SXSW PITCH! 2020 にてFinal Alternates of Enterprise & Smart Dataにて選出
株式会社ZeBrand


Tokyoメンバーに加えて、NYのエージェンシー出身のデザイナーさんやGoogleさんでも活躍中のブランドデザイナーさんをはじめ、かなりあついグローバルな布陣でお待ちしておりますので、ご連絡お待ちいたしております!!!

今年もSXSWや新機能実装などさらなるあつい展開が待っておりますので、ストーリーも語りつつ近況なども報告していければと思います!


株式会社ZeBrand's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more