1
/
5

”出会った受講生は見捨てない”。クリエイター出身の『ウェブフリ』講師にインタビュー

いつもハッチWantedlyをご覧いただきありがとうございます。広報の仮屋です!本日は『ウェブフリ』講師の渡辺さんインタビュー♬ 最前線で活躍する男性メンバーの1人。クリエイター出身だからこその活躍と今後のビジョンに注目です。

ー まず、渡辺さんの大学時代について教えてください!

管理栄養士の資格をとるために4年制大学に入学しました。在学中には美術やデザイン、映像を学ぶ先輩に刺激を受けて漫画研究会を自ら立ち上げ、好きなことに没頭する日々。”好きなことを仕事にしていきたい”と漠然と考え始めたのがこの時期でしたね。

ー 何がキッカケで管理栄養士になる大学を選択されましたか?

両親から “安定するためには資格を取りなさい” と言われたからです。高校時代、進路選択の際に正解が分からず悩んでいると、両親が “迷うなら資格をとって安定できる仕事に就いたら?” と、僕を心配して資格が取得出来る大学進学を勧めてくれて入学を決意。当時は管理栄養士の学習をしながら、興味がある映像や映画について学べる授業にも勝手に出席していました(笑)

ー いつから”好きなことを仕事にしていきたい”と考えるようになったのですか?

大学に入学してからです。元々両親が喫茶店を経営し、毎週発売される漫画を店に置いていたので、漫画が大好きでした。この頃から ”漫画家になりたい” と漠然と考えていたんです・・・しかし、ずっと夢に対して特に行動することもなく、なんとなく大学に入学。行動できない自分を変えたくて、大学では漫画研究会を立ち上げ、初めて自分の意思で行動する経験ができました!ちょうど自分が立ち上げた漫画研究会に数多くの大学生が入会してくれて無事大成功。その際に ”俺でもできる” と自分に自信が持て、 ”好きな事で仕事をしていくこと” を決意しました。

ー 大学卒業後はどのようなキャリアに進まれましたか?

新卒で映像制作会社に入社後、某有名なアニメの映像制作にも携わる貴重な体験をさせていただきました。新卒で映像制作会社に入社、主に実写とアニメ制作を主に担当。1年足らずで退職、そのまま立ち上げたばかりのベンチャー企業に約5年間勤め、フリーランスに転換。9月からウェブフリの動画クリエイターコースのコーチとしてジョインすることになりました。



ー 好きなことを仕事にした新卒での会社はどうでしたか?

大学時代、”好きなことを仕事に”という軸で就職活動を行い、某有名な映像制作会社に無事内定、念願の”好きなことを仕事に”することができました。しかし、ちょうど興味があった某有名アニメがシリーズが終わってしまい、アニメに関わる仕事の機会が激変。本気で”やりたいこと”に自分の力や時間を捧げたいと思ったので、その日に退職届を提出しました。

ー 安定した職から離れる不安はなかったのですか?

全くありませんでした。自分ならなんとかなるっしょ!と正直社会を甘く見ていました・・・退職後すぐに ”自分の無力さ” を痛感し、社会的信頼のない自分に仕事を与えてくれる人もおらず、しばらくの間フリーターに転落。職を失って、「さて、この先どうやって生きていこう」と考えている時に幸運にも “よかったら一緒に仕事しませんか?” と知り合いのベンチャー企業の代表からお声がかかり、創業メンバーとしてジョインしました。

ー セカンドキャリアでは具体的にどんなことをされていましたか?

創業まもないベンチャー企業に立ち上げメンバーとして入社後、業務はメインで映像制作を担当し、1ヶ月に10本の映像を制作・・・かなりのハードワークでオフィスに泊まり込んで仕事をする日々でしたが、真摯に正面から指導をしてくれた代表のおかげもあり、成果を出し仕事に対する充実感が初めて持てました!改めて前職には感謝の気持ちでいっぱいです。

ー 素敵な会社ですね!そこから退職に至った経緯を教えてください!

子供が生まれたタイミングで、家族と仕事のバランスを取るために退職しました。拘束時間が長く、育児や家事に時間を作ることが出来ない状況でした・・・そこで代表に相談して、フリーランスに転換することを決意。独立直後は代表から案件をいただき生計を立てつつ自分で案件を探していた時に出会ったのがハッチです!



ー ハッチに出会った経緯を教えてください!

副業案件サイトでたまたま見つけ、最初は “返信来るといいな” くらいの軽い気持ちで・・・講師募集の具体的な業務内容を見て、自分が動画ソフトを教える業務経験があったのでここであれば自分の知識を活かせると思ってエントリーしました。それから数日後にご連絡をいただき数回の面接を重ねて、9月に正式にジョインを決意。

ー 講師のポジションで働くことを決断した決め手は何だったのですか?

面接で ”渡辺さんは生徒に対して本気で向き合えますか'' と面接で聞かれ、自分が仕事に本気になるキッカケをくれたからです。初回面談から自分に向き合ってくれたハッチの面接官との出会いが、昔高い熱量で働いていた自分を思い出させてくれたのがすごく嬉しくて ”この人たちとなら一緒に面白いことができそう” と直感で感じました!

ー 現在は、具体的にどんな業務を担当されているのですか?

マンツーマン体制で受講生に対して教える動画コース・コンサル業務がメインです!受講生の方々にチャットでコミュニケーションを取り、オンライン面談を通じて受講生に対して動画編集・映像制作のノウハウを伝えたり、フィードバックしたりと多岐に渡ります。

ー 実際に働いてみて、大変だなと感じることはありますか?

受講生さんのスキルが伸び悩んだりしている時に、少しでも受講生の悩みを解決できるよう日々インプットを繰り返し学び続けないといけないことですかね・・・私は誰よりも ”自分の実力の無さで悲しむ生徒を一人でも出したくない” という思いが強いと思います。実は過去に受講生が最後までプログラムをやり切れずに卒業してしまった経験がありました。 ”貴重な時間をもらったのに申し訳ない” と感じ、今まで以上に自分の教えられる情報やスキルには誰よりも自己研鑽を怠らないよう意識しています。

ー 今後、ハッチを通じてどのようなことを実現したいですか?

”誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる” ことです!具体的にハッチでは受講生の貴重な時間を最大化させていきたいです。我々は受講生の貴重な時間を使っているので、スキルだけでなく、目の前の人に対して個人の命と同等である時間の価値を最大限まで高めて、せっかくなら受講料以上の価値を感じていただきたいと考えています。出会った人がハッチを通じて、 ”なりたい自分になれる” ようなきっかけを提供し続けられる人でありたいです。

ー 最後にハッチの魅力をどうぞ!

ジョインして約1ヶ月後にはコースリーダーになる経験を任せられる裁量権がハッチにはあります。成果を出しさえすれば、個人のメンバーであれ早く裁量を渡すカルチャーがあります。例えば、新しい受講生向けの講座をその日に作成、次の日には勉強会を開催するなんてことも多々あります。受講生の成長のためにも僕らが貪欲に成長して価値提供できる質も速さももっと最大化していきたいなと思っています。受講生の幸せのために自分も成長していきたい!と考えている方には最高の環境です。是非、そんな方と働きたいです!

いかがでしたか?渡辺さんの受講生への愛が伝わって来たインタビューでした!これからの活躍も期待してます♪現在ハッチでは仲間を募集しています!是非お気軽にカジュアル面談からスタートしましょう!

               \ CULTURE DOC もご覧ください /

株式会社HATCH's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社HATCH
If this story triggered your interest, have a chat with the team?