1
/
5

IPA動画レビュー:(妻からのメッセージ/情報セキュリティ)

■IPA:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
企業で働く上で必須と言ってもいい事柄が、
情報セキュリティの遵守です。
情報は企業運営に直結する資源であり、
そのセキュリティを守ることは、企業の財産・信用・経営を守ることです。

では、情報セキュリティを守る上で、
具体的にどういったリスクが存在するのか?

それをわかりやすく教えてくれるのが、
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が発信しているこちらの動画シリーズです。

■レビュー元紹介:IPA_No.3
妻からのメッセージ 〜 テレワークのセキュリティ 〜 - YouTube

【あらすじ】
初めてのテレワークを行う主人公。妻はすでに出勤している。
用意してもらった朝食の隣には、妻が残した伝言メモ。
そこにはPC操作が不得手な夫のため、
テレワークするにあたって注意すべきセキュリティ対策が記されていた。
メモを頼りにおっかなびっくりセキュリティ対策を学び始める主人公。
家のあちこちには、彼の行動を読んだように対策メモが貼られていて――。

【感想】

コロナ禍によって急速に広まった
テレワークで注意したいセキュリティ対策を特集した、 今が旬の動画だ。

旬とは言っても、その内容はあらゆるPC周りのセキュリティ対策として、
恒久的に重要なポイントを押さえている。

OSやウイルス対策ソフト、ルータのファームウェアを最新の状態に更新しておくこと、
パスワードを強化すること、共有設定を見直すこと、
画面を人に覗かれないようにすることなどは、
テレワーク以外の場面でも気をつけていきたいセキュリティ対策である。

コロナ禍以降のテレワークでは、自宅以外で仕事をするシーンも増えるだろう。
そんな時に気をつけていきたいのが、「公衆Wi-Fiを使わないこと」かもしれない。

最近は駅構内や喫茶店にもWi-Fiが飛んでいて、非常に便利だが、
パスワードなしで誰でも使えるWi-Fiのセキュリティは今ひとつ。
仕事で情報を扱うなら、便利だからといって公衆Wi-Fiにタダ乗りしてはならない。
動画内でも言われているように、モバイルWi-Fiルータか、
スマホのテザリング機能を使うといいだろう。

動画ではWeb会議開催時の注意事項にも言及されており、
書類の画面共有は避けた方が良いとするなど、
日常やってしまいがちなうっかりも戒められている。

開催前にチェックマークか指差し確認で一つ一つ
クリアしているか確かめていくのもいいかもしれない。
面倒くさく感じても、毎回気を引き締め直す。
それこそが、セキュリティリスク回避のための、最善行動ということだろう。

株式会社FIC's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more