1
/
5

What we do

親会社のリミックスポイントでは、幅広いジャンルで計5事業を展開中。すべての事業においてブロックチェーン技術を活用した独自のサービスを提供しています。
スマホアプリ「BITPOINT」とWEBアプリ「BITPOINT PRO」は、より直感的に操作できるようUI/UXを大幅に刷新(2020年7月31日現在。写真はスマホアプリのイメージ画像)。
エネルギー関連、SDGs×BCPソリューション事業(新事業)、旅行関連など幅広く事業展開をしている親会社・株式会社リミックスポイント(東証2部上場)のもとで、金融事業を展開する暗号資産交換業者です。 国内でもいち早い2016年3月に暗号資産交換所としてのスタートを切りました。「仮想通貨元年」と言われる2017年9月には、第一弾で交換業者登録(関東財務局)を受けています。 現在は簡単に暗号資産が取引できる仮想通貨販売所を提供中。 現物、レバ取引が可能となっています。 今後も次世代金融の枠組みの中で提供するサービスを拡充していきます。

Why we do

これからは、さまざまな市場で「これまでの当たり前」が「当たり前」ではなくなってきます。 金融も従来の証券、銀行、保険の枠組みではなく、生活者が主体となるサービスが増えてくることが予想され、なかでもビットコインをはじめとする暗号資産やその根幹技術となるブロックチェーンは、金融民主化の一つのきっかけとなるでしょう。 そうなった時に生活者=個人が自由に金融・経済を回していけるように、選択肢を増やすこと。 これこそが私たちのミッションであり、提供すべきサービスだと考えています。 例えば、海外旅行の時に感じる為替の不満、決済に関する利便性の向上、投資商品の分かりにくさ...。こうした課題を解決していくことにこそ、私たちの価値が発揮されます。 既存の暗号資産交換所についても、よりお客さま目線で、お客さまのためになるサービスを成長させ続けていくのは勿論のこと、これまでなかったサービスもリリースしていきます。   一緒に、日本から世界に誇れる次世代金融サービスを創出しましょう!

How we do

風通しのいい環境で、部署をまたいだ意見交換も活発。
がむしゃらにコーディングして、サービスを育てています!
変化の激しい業界で、スタートアップらしくスピード感を大事にして取り組んでいます。 開発しているサービスは、内製を中心にゼロから作り上げていきます。組織は大きくシステム部門とビジネス部門に分かれますが、システム部門がビジネス部門に要件をヒアリングしながら形にしていきます。プロジェクトのきっかけは経営層の声や、顧客の声、各部署のこれをやりたいという声など、いろいろなところから生まれます。 その上で、スピード感を維持すべく多くのパートナーとアライアンスを組んで事業を推進しています。そのため、外部から刺激も受けながら成長していける環境が整っています。   また、提供しているサービスへの意見は直接受け取ることができ、そういった声が売上や収益につながっていきます。お客様と我々の間にはコンサルタントやSIerもいません。そういう意味では技術とビジネスの距離感が非常に近いです。直接、お客様と向き合える環境がここにはあります。