1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【学生必見!】インタビューで深掘り。長期インターンとその先にある”成長”とは?


(⇧※今回の主人公は、株式会社マーキュリー、長期インターン1期生でチームの大黒柱!秋山亮!)


後藤「お疲れ様!今からインタビューを始めます!」

秋山「え、なんで?(笑)」

後藤「”秋山亮”という人間をもっと知りたくて」

秋山「(笑)まあ、質問されたらなんでも答えるけど•••」

後藤「ありがとう!!じゃあ、”学生の間に頑張ったこと”って何があげられそう?」

秋山「ほんとに始まったよ•••(笑)そうだな、大きく分けると3つあって、勉強、長期インターン、プログラミングかな!」

後藤「勉強!?」

秋山「勉強!大学では、経営学を専攻していたんだけど、その中のマネジメント領域って所に興味を抱いたんよね。主に ”組織開発” と ”人材開発”に大きな熱量を注いでた!」

後藤「すごい(笑) 興味を持った理由とかって聞いてもいい??」

秋山「実は、最初からこのワードを知っていて興味を持っていたわけではないんよね。元をたどると”中学時代の経験”になるなあ(笑)」

後藤「詳しく知りたい!!!!」

秋山「中学サッカー部で ”チームの力” に興味を持ち始めたんよね。サッカーやってる人ならわかると思うんだけど、一人一人の個の力だけ見ると絶対に勝てるチームが公式戦ですぐ姿を消すことがあったり、チーム内の紅白戦でなぜかいつもAチームよりBチームの方が強かったり•••(笑)」

後藤「めちゃくちゃわかるなあ(笑)」

秋山「そんな中、”個人の総和”と”チームの総和”が必ずしも一致しないことに気づいたのが、最初のきっかけだったのかな!もちろんこの瞬間『よし!勉強にしよう!』とは思わなかったけどね(笑)」

後藤「中学生の頃から、秋山亮の視点の『鋭さ』は健在だったってわけか•••」

秋山「ニヤリッ(笑)」

秋山「高校では心機一転、テニス部に入って、ダブルスのペアスポーツをやることになったんよ。11人で試合をするサッカーとは違って、勝敗の原因が『自分 or ペア選手』だとわかるのがすごく新鮮だった。『人』や『組織』を、前とは違った観点で見ることができたのは、自分的にかなり興味深かったね(笑)んで、そんなこんなで大学に入り、否が応でも『勉強』のことを考えるようになった訳で、せっかくなら自分の興味ある分野 & 将来どこ行っても使える知識を習得したいと思い立った結果、『この分野で学びを深めて行こう!』と思い立った感じかな。」

後藤「本当、すごいの一言に尽きるな•••(笑)引き続き、長期インターンとプログラミングの話も聞かせて欲しい!」

秋山「長期インターンは、リンクアンドモチベーションという会社でやってたんよね。ビジネスの基礎を沢山教えてもらって本当に為になったし、クライアントの課題解決に携わる機会も貰えたからすごく有意義な学びが得られたなあ。プログラミングはもうシンプルで、海外の大学の授業に申し込んで1ヶ月間徹底的にやり込んだ(笑)日本のプログラミング教室はあまりよろしくないっていうのを聞いていたし、当時はかなりやる気に満ち溢れてたから、楽しかった思い出だな(笑)」

後藤「•••」

秋山「なんや(笑)」

後藤「完敗です。」

秋山「なんでやねん(笑)」

後藤「刺激うけるわ、コノヤローって話!(笑)そんな生活を送ってきた秋山くんがさ、『マーキュリーで長期インターンを始めてみよう!』と一歩を踏み出した時、自分の中での『秘めたる想い』みたいなものってあったりした?」

秋山「そうだね~。思い返すと”想い”は2つで、

1.人材開発とか組織開発に興味がある延長戦上で、採用に携わりたい

2.主体的に何かに取り組みたい

だったかな。採用をしてみたかったのと、ベンチャー企業の働き方を自分の身で感じたかったのが、すごく大きかったかな。」

後藤「そうだったんだね!実際に働いてみて今、この環境をどう感じてる??」

秋山「満足度は、かなり高いかな!『主体的に何かに取り組みたい』という想いに関しては、マーキュリーのご協力あって思っていた3倍以上できてるし(ホントに)苦しみながら自分たちの力で新しい何かを創る過程には、多くの学びがあったよな!」

後藤「強く共感! でも、裁量権ゆえの”難しさ”を痛感して日々、ヘトヘトなんだけどね(笑)」

秋山「まさに(笑)何がOKで、何がダメか、までもを手探りでやっていくインターン内容だから難易度は高いし、俗に言う『裁量権』『主体性』っていうのはやりがいが大きい反面、難しさが跳ね上がることに気付けたっていうのは大きな収穫だったよな。」

後藤「マーキュリーの長期インターンは、ここに醍醐味があるよな。あとは、早く成果を出さないと•••」

秋山「頑張ろう!何とかして、軌道に乗せていこう(笑)」


後藤「私からの最後の質問! 超優秀な秋山くんから ”長期インターンを頑張ってみたい大学生に向けて、熱いメッセージ” があれば聞かせてほしい!」

秋山「ほんとに個人的意見だから、参考程度にしてね(笑)

メインメッセージとしては『”成長”というワードで選ばない方がいい』かな。個人的には

1.業界(自分の場合は人材・組織)

2.働き方(ベンチャー系「裁量」 or 大手「ビジネススキル」)

の2軸で会社を選べば、満足のいく長期インターンと出会うことが出来ると確信してる。」

後藤「え、それって、”成長”って言葉が入ってる会社は、選んじゃダメだってこと??」

秋山「いや、そういうわけじゃないのよ•••(笑) ”成長”って個人的には ”新しいことに気付くこと” だと思っていて『その環境によって出来るか出来ないか』じゃなくて『自分次第で出来るか出来ないか』が決まるものだと思うのよ。だからこそ、インターン募集サイトの要項に ”成長” という文言があるから選ぶ! 無いから選ばない!というのは、勿体無く感じてしまうわけ•••。つまり、何が言いたいかというと、

”成長”するかどうかは『やる気』と『目的意識』次第

ってことかな(笑)」

後藤「本当、良いこと喋ってくれるな秋山くんは•••(笑)この記事を見た人は絶対に幸せ者で、目から鱗の情報が手に入ったんじゃないかな•••(笑)インタビューして良かった!」

秋山「そんなことないと思うけどね (笑)」

後藤「そんなことある!(笑)じゃあ、今日のインタビューはこの辺りで終わりにします!快く答えてくれてありがとね!」

秋山「おかげさまで、今日やらなきゃいけないことが終わってないよ••• 手伝ってくれるよな?(笑)」

後藤「(笑)😀👋」

秋山「おい(笑)」


株式会社マーキュリー⇒https://mercury-group.co.jp/

マーキュリー新卒採用サイト⇒https://recruit.mercury-group.co.jp/

マーキュリー中途採用サイト⇒https://career.mercury-group.co.jp/

マーキュリーInstagram⇒https://www.instagram.com/mercury_recruitment/?hl=ja

学生人事のInstagram⇒https://www.instagram.com/mercury_intern

株式会社マーキュリーでは一緒に働く仲間を募集しています

  • Webディレクター
  • 販売・営業
  • 採用担当
株式会社マーキュリー's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more