1
/
5

What we do

Wisevineは予算編成業務をアップデートするためのシステム(WiseVine Build&Scrap)を提供しています。現在は内閣官房や地方自治体に向けて開発を進めています。 国内総生産(GDP)の1/3を占め、170兆円にも及ぶ行政予算の可視化の実現を目指します。 ▼なぜ、予算編成システムなのか? WiseVineは創業当初、自治体の各課に焦点を当てたシステムの開発に力をいれていました。 具体的には、 ・自治体同士が情報やノウハウを共有できる「官官連携プラットフォーム」 ・自治体が民間企業に事業相談しやすい環境を創る「官民連携プラットフォーム」 の開発です。 しかし、概念や企画は良いものの、実際に運用するサービスへの落とし込みなど、難しさを痛感する日々でした。 そんな中、ある自治体の財政課から 「財政状況が厳しいのに、その状況を庁内も庁外も理解してくれない。」 「どの事業を優先すべきなのか決めることができない。」 という相談を受け、根本的な問題は「各課」ではなく、各課に予算を配分する「財政課」が自治体全体を把握するのが難しい環境が原因で、最適な予算配分ができていない事だと気付きました。 これを機に、行政予算を配分する「財務省」や「財政課」に焦点を当てて、予算編成システムの開発に注力しています。

Why we do

GDPの1/3にもなる行政。 急速に少子高齢化が進む今、その行政を支える持続的な財源は岐路に立っています。 過去から積み上がり、やめられない継続的な事業に押しつぶされ、未来に投資する事業は借金頼み。 その借金は我々の子供たちの借金です。小手先ではこの問題は変わりません。 誰もが解決したかったけど、対処療法では解決できなかった構造的な問題がそこにはあります。 我々は、行政のガバナンスそのものと言える、基幹業務(予算編成、執行管理)に着目しました。 予算編成にまつわる業務をデータ化し事業評価を容易にすることで、重点事業への増配と旧来事業の削減を同時に実現する基盤を構築します。これにより、未来に借金という形で課題を先送りしてしまうガバナンス構造そのものにアプローチします。 誰かの予算を切ることは、誰かの生死に関わるかもしれないこと。 予算配分を合理化する中でも、おじいちゃんおばあちゃんを悲しませたくない、でもやはり子供たちに少しでも豊かな未来を残したい、経済的困窮があっても生きる尊厳を確保したい。 綺麗ごとではすまない予算の配分でも、手を伸ばしてなるべく多くの人が幸せに合意形成できることをあきらめない。予算編成システムの向こう側にリアルな人の生活があることを決して忘れない、愛のあるシステムを作りたいと思います。

How we do

【社風】 ・海外人材を含め、大手・有名企業から優秀なメンバーが集まる総勢20名ほどの組織となります。国籍、性別、年齢等の垣根はありません。ダイバーシティ推進の動きが進んでいる多様性を重視したカルチャーです。 ・社内には行政や国の施策に詳しい専門家やAI・自然言語処理に強いエンジニアが在籍、社外には行政や国の施策に詳しいアドバイザー・メンターがバックアップしています。また、自社で研究会(新しい自治体財政研究会)を立ち上げ全国自治体の財政課職員と根本的な課題解決に向けて研究に取り組んでいます。 ・専門性へのリスペクト 行政の専門知識や、行政独特の作法について、たとえ一見不合理にみえてもリスペクトをもって接する事。 【WiseVineのエンジニアカルチャー】 (1)プロダクトドリブン 顧客に言われたものをただ作るのではなく、ビジネス、デザイナー、エンジニアが一体となり顧客業務のあるべき姿を考え抜き、プロダクトを最高のものにするために各専門性で貢献をしていく。 (2)信頼に基づく裁量 『フラット』 ・役職や職種は役割でしかない。横断した意見を積極奨励 『信頼に基づくノーマネージ』 ・働き方は自分の裁量次第。約束を守れれば信頼に基づくノーマネージメント (3)ドメインナレッジの探求 WiseVineの専門性の中には、技術でスマートに解決できるものだけではなく、日々の泥臭いことの蓄積によるものがあることをリスペクトする。 『泥臭さ』 人がやりたくないことの蓄積が競合優位の源泉。データマイニング以前にデータインプットの導線こそが大事。