1
/
5

エンジニアとしての成長環境があるこの会社で働きたい!入社の決め手になった夏インターン

僕は、ハイパードライブが2021年に対面で開催していた「システム開発職インターン」に、大阪から東京へ挑みにきていました!

参加しようと思ったきっかけは、リクナビで見つけたキーワード

「IT✖️WEDDING」

WEDDINGには正直興味はありませんでしたが、ITとWEDDINGを掛け合わせる会社を、これまで見たことがありませんでした。これはどういうサービスだろうと引っかかったのがきっかけです。

ページを読み込むと「面白いことをしましょう」という言葉が目に入りました。学校でプログラミングを学んでいる僕は、課題で制作物を作る時は、ワクワクすることが大事だと思っています。「面白いこと」という言葉が僕の胸をワクワクさせました!

「システム開発職インターン」には選考がありました。

スキルシートを提出し、通過者はエンジニアグループのマネージャーと人事とWebでの個人面談。面接よりも柔らかい雰囲気でしたが緊張しました。面接に臨む前にはハイパードライブについて調べたり、今まで作ってきた作品のアピールできる部分や改善点を話せるように事前準備をしました。

その準備の甲斐あってか、(2021年は)なんとたった2名しか参加できない狭き門を突破し

2週間の「システム開発職インターン」プログラムへ!

実際に参加してみると、まずは会社とサービス全体についての説明がありました。自社開発のITサービスを知るという点や、プログラミングを勉強している僕にとって事業会社の上流工程を知るということは、大きな学びとなりました。

また、直接行くことで感じられる会社の雰囲気もあります。社員さん同士の仲の良さ、学生の僕たちに対しての接し方など、あたたかい職場だという風に感じました。

実務のインターン期間がはじまって最初に感じたこと。それは直接社員さん同士で会話することが非常に多いと感じました。他社のインターンでは、エンジニアさん同士はSlackなどのコミュニケーションツールとかで会話することが多いというのを聞いていましたが、違いました。

「直接会話をすることを大切にしている」と先輩が仰っていて、そこがハイパードライブらしい社風に繋がっているということも教えてもらいました。直接話すことで熱量や聞こえ方も変わってくると思ってるので、僕もその方がいいと思いました。

参加前は、プログラミングのインターンは黙ってコードをひたすら書いたり、指示を出されて「やっといて」っていうイメージがありましたが全く想定外の開発環境でした。

また、インターン期間中に他の部署の方々とも交流できたのが驚きでした!

インターン中の課題で、セールスグループの方がECサイトの売れ行きについてのミーティングで使用するツールの一部を作らせていただいたのですが、エンジニアの先輩に納品するだけでなく、実際にセールスの先輩からフィードバックをいただく機会がありました。

利用者目線の生の意見なので、どんなに厳しい意見でも、聞きながら大きなやりがいを感じました!期待されている部分がわかると、その期待以上のものを作りたいと思うのだと実感しました。

「実際に使うものだから妥協はできない」

「このデザインだと先輩たちは見にくいかな」

先輩たちが作り上げてきたサービスの一部に関わらせていただいているという点で、責任感がものすごく芽生えました。

学校の課題で制作物を作るという経験はありましたが、どこまでいっても課題なので、実際の世の中では使われることはありません。コードを書くということが好きだとは思っていましたが、ユーザーが期待を込めて待っていて、さらには自分の作ったサービスを使ってくれることこそが「人のために役立つ仕事」=「エンジニアの仕事」なのだと理解することができ、職業としてエンジニアを選択したいと初めて思った経験でもありました。

また、ハイパードライブの先輩たちは、優しいけど甘やかしてくれません!笑

いい意味でズバズバと言われるので、自分の作ったものが褒められた時はとても嬉しくて自信に繋がるだけでなくもっと頑張ろう!と思うことができました。

最終日には、すごいキャリアのCTOとも個人面談をしていただき、この時間を無駄にはしまいと様々な話をさせていただきました!

たったの2週間の経験が、どんなエンジニアになりたいのかを明確にしてくれました!本当に来てよかったです。

インターンシップを終えて本選考にも進み、内定を得ました。

2023年の春からは新入社員としてハイパードライブで働きます!

ハイパードライブは今後、いろいろな挑戦をしていくと思います。自社サービスのアプリ化を含め、さまざまな展望を描いていますが、そういったプロジェクトに、エンジニアとして参加する時に、「二宮」がいるから大丈夫だと信頼される存在になることが目標です。

そして技術力だけでなく相手にわかりやすく伝える力であったり、相手が嫌な気分にならないように伝える力など、時には人としての力が技術力よりも必要になってくることがあると思います。そんな力もしっかり身につけながら成長したいと思います。

入社を決めた理由はいくつかありますが、やはり先輩方とこの環境が魅力だと思います。インターン中に課題について悩むと、考え方のきっかけをくれて答えに導いてくれたり、フィードバックをいただく際は、「ニノ本当はここまでやれたよな?」「やっぱりバレてますよね笑」って会話になるくらい、自分以上に自分を知っていてくれる先輩の期待に対して、どんどん自分を追い込みたくなる厳しさが本当に心地よかったです。

そういう時の言葉遣いや立ち振る舞いが、いい意味でエンジニアっぽくなく、この人に聞きたい、意見を貰いたいと思える方ばかりでした。

自分もそんなエンジニアになりたいと思ったことが入社を決めた理由です。

大阪から東京に挑戦しに来て、本当によかったと思っています。がんばります!

株式会社ハイパードライブ's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more