Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

MonsterZ MATE
銀河アリス
3DCGを活用したVR・ARなどのxRコンテンツの企画から制作・運営までを一貫して自社単独で提供しています。オリジナルのアニメ・ゲーム・VTuberやバーチャルアーティスト等の企画立案およびプロデュースや、xRライブの企画・モーションキャプチャー・ライブ製作まで幅広い知見でクライアントのニーズに対応することに強みを持っています。 xRライブ事業 AR、VR問わずにリアルタイムにバーチャルキャラクターが参加可能なライブ・イベント制作を行っております。 イベント企画、キャスティング、xRイベントに必要な技術の提供、演出映像の収録及び作成、 ライブ・イベント中のリアルタイムモーションキャプチャ、リアルタイム伝送、イベント運営、ユーザーが演出に参加可能なシステムの提供を行っております。 2019年1月からは池袋HUMAXシネマズにて気軽にARライブが楽しめる「SPWN」の提供を開始しました。 コンテンツプロデュース事業 MonsterZ MATEや銀河アリスをはじめとするバーチャルキャラクターの企画・楽曲作成・必要技術の提供及び開発・収録・ 動画やイベント運営をワンストップで提供しております。 MV、番組等の制作事業 VICON+Shogunでの激しい動きも含め全身なめらかに撮影可能な収録環境に加えて、複数人での同時撮影、 モーションアクター・ダンサーのアレンジ、実写合成、番組構成に あったディレクターや編集スタッフの起用など制作物に対する様々なニーズに合わせてMV、番組制作が可能です。 運用システム提供事業 バーチャルキャラクターの運営に関わるUnityシステムの提供及びサポートを行っております。 運用システムは弊社のスタジオに限らず、自宅で携帯とパソコンのみで配信できるシステムや、Youtube生配信に独自の演出を追加するシステムなどを保有しております。

Why we do

ARライブの撮影から配信までを一気通貫に行ないます
20代のスタッフも活躍中
「テクノロジーで世界中の人々が一緒に楽しめる社会を作る」 xRや5Gなど新しい技術によって、エンタテインメントのあり方が変わろうとしています。アニメ・ゲーム・マンガといったこれまでの枠組みに入らない、新しいコンテンツの形があるのではないか? バルスはそう考えています。 Entertainment × Technology 企画と技術の双方から新しい体験を作る コンテンツを作り出すクリエイターとユーザーが共創して、新たなエンタテインメント体験を作る。そして世界中どこにいても身近なデバイスだけで世界中の人と体験を共有できる。 そんな未来が実現できたら、ワクワクしませんか?

How we do

様々なバックグランドを持つ経営陣
VICONを導入している自社のモーションキャプチャースタジオ
我々はスタートアップでありながら、秋葉原の近くにあるオフィスには自社のモーションキャプチャースタジオを完備。ハリウッド映画やゲーム開発のCG現場で使われている「VICON」のカメラを15台導入し、ハイクオリティな映像制作を実現しています。 また、国内トップクラスの実績を誇るCGプロダクションで技術責任者を担ってきたCTO、多数のアニメ化を手がけてきた大手出版社の元編集長、アニメOP・ED・ボカロなどを担当した元大手レコード会社プロデューサー等など実力も経験も充分な様々な分野のメンバーが個性をぶつけ合いながら活躍しています。