1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【映画研究日記 】心にぐっとくる、大切なものに触れる物語

この【映画研究日記】の連載では、毎回週の真ん中あたりに心に残った作品や、気になる作品などを紹介しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

命よりも大切なものって存在するんでしょうか。

私は、存在しないと思っていました。
死んでしまうくらいなら、多少何かを犠牲にしてでも生きているべきなんじゃないかなと思っていたんです。

生きてさえいればどうにでもなる。私自身そんな風に思っていましたし、同じように感じる人ももしかしたらいるんですかね、どうなんでしょう。

「世界から猫が消えたなら」は川村元気さんが書かれた話を映画化したものです。
川村元気さんは他にも「億男」が代表的な作品として挙げられます。
脚本以外にも、プロデューサーとして「天気の子」の制作に関わったり、監督をしたりと様々な分野で活躍されている方です。

映画やドラマ、本にも共通するのですが、私は作品が終わった時に深く考えさせられるようなものに惹かれることが多いです。
大々的に、「これについて考えて欲しい」「これと向き合って欲しい」とうたっているわけでは無いのですが、つい頭をよぎっては素通り出来ない。そんな作品に出会えた時は、思う存分浸るんです。
「私だったら、この状況でどうするんだろう?」「この人は作品の中で何に気がついたんだろう」
そうやって自問自答を繰り返している時間は、作品をきっかけに自分自身と向き合えている時間なのではないですかね。1人の人から生まれた考え、思想や感情が誰かに届いて自分本意になる。そんな瞬間がとても好きです。だから、私は映画を観るし本を読むんだと思います。

「世界から猫が消えたなら」の脚本家である川村元気さんは”物事の本質を見つめるような作品”が多いと感じています。

例えば、「億男」ではお金
小説の「四月になれば彼女は」では恋愛
そしてこの「世界から猫が消えたなら」は命と向き合う作品です。

自分の命と、猫

あなたなら、どちらを優先しますか?

「世界から猫が消えたなら」では、どうして猫が消えてしまうといけなかったのか。どうして猫だったのか

私なりに考えてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《世界から猫が消えたなら》

・存在を消すということ
・命より大切なものは存在するのか

・存在を消すということ

この話のあらすじは、
ある日、余命いくばくもないごく平凡な30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に、自分と同じ容姿を持つ悪魔(佐藤健)が出現する。その悪魔は、彼の身の回りの大切なものと引き換えに一日の命をくれるというのだ。次々と電話や映画や時計などが消えていく中、彼は初恋の女性(宮崎あおい)と再会し、共に過ごした日々を振り返る。

というものです。(シネマトゥデイより引用)

何かの存在を消すということ、それはその何かが「なかったことになる」ということです。
例えば、この世に珈琲がなかったとしたら、喫茶店でバイトをした過去のある私にとってそれは「なかったこと」になります。その過去がなくなるということは、PLAYで働いている今も「なかったこと」になります。(PLAYに入ったきっかけが喫茶店での繋がりの為)そうやって、たった1つの何かでも様々なことと繋がって人の今が作られています。
何かがこの世からなくなるとは、そういうことです。

・命より大切なものは存在するのか

身近で大切な人がいなくなったとします。
ものすごく辛くて、きっと他のことが全く手につかなくなるんでしょうね。
周りの人からしたら、見ていられないと思わるような状態になっているかもしれません。
大切な人がいなくなった事実は変わらないし、受け入れられるわけでもない。
でも、忘れたくはないんですよ。一緒に過ごしたことや楽しかったことも全部、なかったことに出来ないから辛いんです。

だって、どんなにその瞬間が辛くても一緒に過ごしたことも綺麗さっぱり忘れてしまったら、その人がいたことさえなかったことになってしまいますよね。

だから、きっと命より大切なものがあるとしたらそれは「何か」が確かにあったという記憶なのではないかなと思うんです。

「世界から猫が消えたなら」はそんなことを考えさせられるような作品になっています。

どうして世界から消えるのが猫だったのか、どうして猫が消えたらいけなかったのか、是非皆さんもこの作品で感じて頂けたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、次回からのこの連載ではPLAYの映画好きエンジニアが勧める映画を紹介していきます!

来週以降も是非ご覧ください。

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more