1
/
5

What we do

■金融3Dバーチャル空間 インターネット上で3Dバーチャル空間を提供します。 この空間では、金融商品取引業者がマネーリテラシー向上のためのイベント開催やコンテンツの提供、 商品の広告等が行えます。ユーザーは、この空間を活用して各業者が運営するWebサイトに直接アクセスすることができ、現実社会における様々な金融サービスを体験することができます。 ■ブロックチェーン技術を活用したデジタル譲渡システム「極楽譲渡」 極楽譲渡は、金融商品の投資持ち分などが売買できる、ブロックチェーン技術を活用したの最先端のシステムです。デジタル化された取引のルールに則り、売り手と買い手の当事者間で相対取引を行うことが可能です。従来の仕組みに対して、最先端のテクノロジーを用いることで誰でも簡単に、安全な取引を実施できるようになりました。現行の日本法の枠組みの下で、定義化されたプログラム(スマートコントラクト)により、譲渡に対する各契約に付随する一 連の合意・承諾手続きを行うことができます。これにより、ペーパーレス化、人的工数の削減、データ品質の向上など、資産の譲渡に関する手続きの高速化から各種契約・資産に関する情報管理の最適化が可能となります。 ■キャッシュレス決済 モバイル決済や電子マネーでの決済の増加とともに、自社チェーンの経済圏だけで使える電子マネーを開発する企業も増えてきています。そのようなニーズの高まりを受け、機能やデバイスを自由に組み合わせて、誰でも簡単にオリジナル電子マネーをつくれるプラットフォームを提供しています。 作成した電子マネーは、自社の経済圏の通貨としてご使用いただくことができ、自社の経済圏を活性化、顧客へのプロモーションが可能となります。 ▼代表インタビュー記事 https://venturetimes.jp/interview/dialog/55113.html

Why we do

今、世界中で情報革命によるライフスタイル、産業、そして社会の変革が起こっています。 すべての情報がかつてないほどに瞬時に処理され、ネットワークを通じて瞬時に共有できることなど、かつて考えられたでしょうか? 機械化社会、情報化社会の後に来るものは最適化社会であるといわれています。現在の情報革命が進んだ先に見える世界はもうすぐ見えてくるのかもしれません! その兆しはすでに社会にあふれており、身近なものではシェアリングのビジネスモデルや暗号資産などがあげられます。 我々は、ブロックチェーンやAI、eKYC、電子決済などを加えた金融システムを開発し、順次リリースしていき、そしてこれらの事業は外部の提携企業とのシナジー効果により「1 + 1 = 3」になるような新しいビジネスを作り出すものと確信しております。 金融×テクノロジーの可能性を最大限に活用し、誰もが簡単に利用できる社会インフラの構築を通じて社会に貢献していきたいと考えています。

How we do

■設備が充実したオフィス 2021年 8月1日よりクロスオフィス日比谷内移転しました! 駅直結なので雨の日もストレスフリーで通勤が出来ます。 クロスオフィス日比谷には、コワーキングスペース/リフレッシュスペース/仮眠スペースなどの設備を整えており、オン・オフの切り替えを大事にしながら働ける職場です。 ひとりひとりの成長を支える多様なサポートがあり、さまざまなワークスタイルに適したスペースを利用できるので、自分らしい働き方を実現できます。 ■フラットな環境 スタートアップなので役職関係なくフラットに意見交換をしています。 快適な職場づくりを社員全員で目指します! 最後に・・・・・・・ ■対象となり得る資産は”数十兆”。壮大な市場に挑みます! デジタル時代の社会的基盤を担う技術と称されるブロックチェーンですが、仮想通貨をはじめ、活用の幅が大きく広がりつつあります。 Virtual Wallのシステムを利用して譲渡されるのはファンドや金融商品だけでなく、不動産、未上場株などあらゆる範囲に対応できるようになると見込んでいます。 金融商品取引法への適用は大きな課題になると思いますが、ユーザーや出店する金融取引業者のニーズをきめ細かくくみ取り、3D空間に色々なジャンルを拡充していく予定です。 当社メンバーの一員として、お金にまつわる全てのことをワンストップで提供できる場を一緒に作っていける方を熱望します!