1
/
5

What we do

パブリックスペースの特徴やコンセプト、どんな人が集い、どう使われるのか、そこに集う人々がどのように過ごすのか。個々のパブリックスペースに合わせた、製品選定やデザイン、配置計画等をご提案しております。
新しいトレンドをいち早くキャッチし、製品開発に挑戦しています。ユニバーサルデザインをベースに環境設計がされている『インクルーシブ』な遊具。
わたしたち『パーク』は 、創業以来100 年以上パブリックスペースと向き合い続けてきた『コトブキ』の経験とノウハウ、技術力に未来を見据えたアイデアや開発力を掛け合わせて生まれました。 パイオニア精神を持ち、パブリックスペースの総合メーカーでもある「コトブキ」からスタートしたパークグループですが、現在は6つの会社で構成されています。 公園遊具やベンチの修繕や点検、公園のソフトウェアの開発・野外映画やイベントなどのサービス事業など、メーカーにとどまらず、「パブリックスペースを賑やかにすることで人々を幸せにする」をミッションに掲げ、幅広い事業に取り組んでいます。 現在のパブリックスペースでの賑わいを、さらに超える挑戦をしていくために、グループ各社のプロフェショナリティを高めあい、組み合わせ、『パークグループ』として、パブリックスペースを屋内に負けない屋外にしていきます。 【株式会社パーク】https://park.inc/ グループの企業理念を実現すべく事業全体を管理 【株式会社コトブキ】https://townscape.kotobuki.co.jp/ パブリックスペースの総合メーカーとして、公園遊具、ストリートファニチャー、サインなど空間に対して製品を複合的に提案。規格品の製品点数は200点以上になり加えて、カスタマイズやオーダーメイドでの製品開発・SDGsに取り組む素材の開発などメーカーとして全国に製品を展開。 【株式会社コトブキタウンスケープサービス】https://kts.kotobuki.co.jp/ 公園の遊具やベンチの点検から修繕を一貫して実施。 【株式会社パークフル】https://parkful.net/2020/04/parkful-app/ 公園を身近に、より楽しく感じていただく為のサービス開発。公園情報No.1のアプリと公園Webメディアを通じ、公園文化の健全な発展を目指す。 【株式会社コトラボ】https://koto-labo.com/  パブリックスペース向けのソフトウェア開発を担う。 【コトブキランドスケープ台湾株式会社】http://www.kotobuki-lsp.com.tw/index.php コトブキ製品を台湾でも販売。

Why we do

これまでの「休む」「たたずむ」ためのベンチから街に賑わいとコミュニケーションが生まれるしくみづくりへ。公園や街路の使い方は年々変わってきています。
野外映画祭「ParK CINEMA 1000」を企画・開催。地元の住民と共に様々な形で、それぞれの地域にあった“賑わい”創りにも取り組んでいます。
私たちは、時代によって変動する「賑わい」のニーズに対し、地域とつながるパブリックスペースの賑わいとは何か?ということを常に考えています。 時代や地域の文化、 その都市や街の未来のあり方など、ニーズや定義が多様化している現代。 2020年初頭の新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により、屋外、特に公園のあり方が大きく変化しました。 分け隔てなく使える『パブリックスペース』は、子育て環境、高齢社会、地域コミュニティの形成など、多くの役割を担っています。 私たちは、街によって様々ある個性を把握し、その空間にあるべきカスタマイズや提案を行うことで、その土地ならではのコミュニティを生み出し続けていきたいと考えています。 パークグループはコミュニティを生み出す『賑わいづくりのパートナー』として、グループの領域にとらわれず垣根を超えて、社会にイノベーションを起こせようなソリューションを考え、パブリックスペースの課題解決に取り組んでいます。

How we do

「インクルーシブ・プレイグラウンド」それは、あらゆる子どもの遊びたい!を叶える遊び場。遊びの楽しさには性別、年齢、言語や能力、どんな違いもらくらくと飛び越える力があると考え新たな公園の提案をしています。
『ソトウェルパーク』に協力。屋外で快適に過ごせるスペースづくりとこれからのニューノーマルな働き⽅を提案しました。このように空間をどう使うか日々考え実験提案を繰り返しています。
《パブリックスペースをもっと面白く、もっと彩り豊かに!》 パブリックスペースの特徴やコンセプト、どんな人が集い、どう使われるのか、 そこに集う人々がどのように過ごすのか...... 個々のパブリックスペースに合わせたサービスを提供できるよう、常に新しい実験や提案を行っています。 ◎インクルーシブプレイグラウンド 「遊びは違いを飛び越える」 誰もが自分らしくいられる公園(=インクルーシブ公園)づくりに取り組んでいます。 当グループでは“インクルーシブ"な遊び場作りに向け、様々な視点でインクルーシブパークの見識を持つ専門家たちとの意見交換会や、公園にインクルーシブ遊具を設置し、体験会を実施しました。 多くの方に体験いただき、寄せられた貴重なご意見を製品開発に生かしています。 (https://townscape.kotobuki.co.jp/inclusive/) ◎抗菌抗ウイルス素材 k:skin コロナ禍の昨今、管理者不在の公園などではこまめなメンテナンスが難しいという課題に対し、 独自技術で抗菌・抗ウイルスの再生木材を開発しました。 (https://townscape.kotobuki.co.jp/news/2021/20210510_001791.html) 自社内での循環型リサイクルシステムを確立した再生木材など、SDGsに向けたサステナブルな素材開発を進めています。 ▶︎他にもこだわりの詰まった製品やサービスをパークグループで展開中です! 屋外で快適に働く、という新しい価値を検証する「ソトウェルパーク」 屋外映画で集客をしながら新しい地域の経済圏を生み出した「ParK CINEMA 1000」 固定されない遊具、という新しい遊具の価値を提供する「MOPPS」 全国の自治体と情報連携し、知ってもらうことで公園と住民をつなぐWEBメディア「PARKFUL」 普段何もない場所に可動式の遊び場や空間を展開することでフレキシブルな賑わいを提供する「Deckie」