1
/
5

What we do

暗号屋は主にブロックチェーン技術に関連したさまざまなプロジェクトをやっています。ブロックチェーンは注目されてきた技術ではありますが、実際にそのメリットを最大限活かしたプロダクトをつくるには、新たな概念の理解と技術への理解の両方が必要になります。 具体的にはブロックチェーン技術に関連した自社サービスの研究開発や企業向けのコンサルティング、テクニカルディレクション、サービス開発やそれを支える人材育成の他、一般的なシステム開発の受託も行っています。 【主な事業実績】 ・マネックスグループ ブロックチェーンアドバイザー ・avex technology ブロックチェーンアドバイザー ・startbahn startrail  WhitePaper アドバイザー ・ANDART 技術顧問 ・G’s Academy ブロックチェーン講師 ・三井不動産グループ システム受託開発 ・株式会社2.1 CTO ・BASSDRUM テクニカルディレクター

Why we do

【ブロックチェーンを “次のインターネット” だと思っているから】 我々が注目しているブロックチェーンというものは、ビットコインや仮想通貨が動いている基盤技術という風に理解してもらうのが一般には早いのかなと思います。ですが最近では仮想通貨以外での活用方法が様々な分野で検討され、実証実験や本格的なプロダクトとして世の中に実装されていっています。 しかし、ブロックチェーンはそれ単体で何かが出来るものではありません。言うなればただのデータベースのようなものと同じで、その上にWebサイトやサービス、システムを構築していきます。 これがなぜ “次のインターネット” だと思っているのかというと、ブロックチェーンはインターネットとは違う “つながり” を表現できるようになったからです。 インターネットは不特定多数の人につながり、ブログを書いたり、YouTube配信をすることで価値をリーチさせることが出来るようになるセカイを作りました。ブロックチェーンはというとインターネットだけを介してお金を送れる様になったり、インターネット上に融けたシステムを介して人を信じることのない新たなコミュニケーションが出来る事ができるセカイを作っていきます。これによって中心的な企業や国が居なければ成り立たなかった金融などの業界を中心に、様々なイノベーションが起こせるわけですが、まだまだ世の中の理解が追いついていないというインターネット初期のような時代が来ています。 暗号屋の目標は、この分かりづらいブロックチェーンの新しい価値観を世の中に社会実装し、世界を次のフェーズに進めることです。 我々はブロックチェーンで世の中をよりシンプルに、無駄な時間や労力を減らすことで人々の生活がより豊かで余裕のあるものにしたいと考えています。そうすることで様々なものに新たな価値が生まれるはずです。 我々が今しているのは、そういった世の中を作る仕事です。

How we do

弊社ではまず、各プロジェクトの内容に応じて人が入れ替わり、それぞれの課題に対し最適なメンバーで取り組むことができるフレキシブル経営を目指しています。そのため、人材活用の流動性も高く、メンバー各々が自身の裁量とモチベーションに合った仕事をすることができます。 また、完全リモートワーク制度を導入しており、場所や時間に囚われない新時代の仕事の在り方と価値観を提供しているのも大きなメリットの一つです。 暗号屋は今、「技術組織」として会社をより強くしていくフェーズに差し掛かっています。そのためメンバーには、ブロックチェーンが生み出した経済領域での新規自社サービス開発や他社との共同プロジェクトなどの中で、直にその革新的な新技術に携わることができる機会を提供し、他では学ぶことのできない最先端かつコアな領域で圧倒的な経験値を積んでもらうことが可能です。