1
/
5

What we do

医師を導く「人体の地図」を作っています
テクノロジーの力を使って、外科医療は大きく変わろうとしています。アナウトは手術室の未来を創り出すことを目指しています。 まずは2年間の基礎研究をもとに、画像認識の技術を活用し外科医の判断を支えるプロダクト「人体の地図」の作成を目指しています。このプロダクトは人間の臓器や構造を地図のように明らかにし、手術の際に外科医をより安全な道へと導きます。

Why we do

イノベーションを通じて外科医と患者の未来に貢献すること、それがアナウトの願いです。
ビッグデータ、AIなど含め医療はいま新しい技術を活用したイノベーションが数多く起きています。しかしいわゆる外科医療(手術)ではまだその動きは大きくはありません。我々は技術を活用し、この分野のリーディングプレイヤーとなり外科医の新しい可能性を切り拓くプロダクトを作っていきたいと考えています。外科医と患者の未来、そして人々の健康に貢献していくこと。それがアナウトの願いです。

How we do

自分の「ワザ」を持ったメンバーが集まっています
チームはまだまだ小さいですが、外科医も、ビジネスの担当者も、自分に自信のある「ワザ」をもっているメンバーの集まりです。基本的に個人の責任で仕事をしており、プロフェッショナルとしてのスキルを持ち寄りながら、この大きなチャレンジを実現するために全員で団結して前に進んでいます。 「ワザ」に自信のあるエンジニアの方、医療や社会にインパクトを与えたいと思う方のご参画をお待ちしております!