1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

リベロ・コンサルティングでは、日本のバックオフィスでありがちな俗人化した業務や、アップデートが追い付かずに形骸化した業務フローの見直しを行い、最適な業務プロセスへリノベーションするコンサルティングを提供しています。 業務サイクルとしておなじみの「PDCA」ですが、これは新しい取り組みをする際に使用するものです。業務設計では、既存の業務がすでにあることが前提なので、順番をいれかえた「CAPDo」サイクルを使用します。 一番重要なのは最初の「Check」のプロセスです。現状を正しく認識し、課題を発見し、解決策を立案し、実行する。すべての起点は最初の現状認識です。リベロ・コンサルティングではこのヒアリング・現状分析のプロセスを重要視しています。 業務設計は既存の業務プロセスを否定するためのものではありません。 当初はきちんと構築されていた業務プロセスも、人や制度が変わっていく中でちょっとずつバランスが崩れてうまく動かなくなっていきます。 業務の拡大や組織の体制変更など、ビジネス環境の変化に合わせて本来は見直されるべきものが放置されてきた結果、現場独自の運用ルールが増え、業務フローが勝手に変質していくのです。 全体のバランスを改善することなく、場当たり的な改善を繰り返しても、結局はまた別のところでほころびがでてしまう。 多くの企業ではこれが長い間繰り返され、そしていつしか変えることを諦めるという状態になってしまうのです。 リベロ・コンサルティングの業務設計は、「経理業務を効率化したい」という依頼に対しても、全体の業務の流れをヒアリングし、適切な業務フローになるように全体を再構築できるプランをご提案しています。 そしてこれらの課題解決のために「Brownies Works」というサービスを提供しています。Brownies Worksでは、バックオフィスにおけるフロント業務・経理・経営管理といった全ての領域において、業務設計からSaaSの導入、運用まで行うので、早期に経営の見える化を実現する事ができます。 Brownies Worksを導入し、企業を成長させるための大事なピースとしてのバックオフィスをアップデートすることで、企業の経営管理能力を一気に高めることが可能になります。

Why we do

【Libero(自由)に込められた想い】 作業を終わらせればいい。私の仕事はここまで。 そういう意識で仕事をしていると、本当に近い将来、⾃動化によって仕事がなくなってしまうと私たちは考えています。 システムはバックオフィスの仕事を奪う脅威ではなく、これまで作業に埋もれていた多くの⼈たちを⾃由にする翼であると私たちは思っています。 処理や作業は⽬的ではなく⼿段です。それがシステムによって⾃動化されることで、もっと⾊々なことを考える余裕が ⽣まれ、バックオフィスからでもイノベーションを起こしていくためにサービスの提供をしています。 作業が⾃動化されることで、バックオフィスに求められるのは全体を⾒渡す広い視野と、既存の壁を壊す柔軟な発想です。専⾨知識 や経験値は、今後ますます重要になってきます。システムや業務を正しく設計することで、これまで作業に縛られていたバッ クオフィスの⼈たちを解放したい、そんな思いを持って「Libero(⾃由)」という⾔葉を社名に⼊れました。

How we do

会社全体で9名(アルバイト含む)程度の小規模な会社ですが、従業員の大半が個人事業主として活動もしているスペシャリスト在籍率が高い会社です。 個人個人が高い能力を持っているからこそ、弊社はフルリモート制度を導入しており、個人が裁量を持って業務に取り組んでいます。