1
/
5

こんなにフラットな職場ってあり?!肩書きに関係なく挑戦できるインターンの実態を東海さんに直撃!【インターン生インタビュー vol. 2】

『中小企業を応援する日本一の会社』を目指すCRB。そんな急成長ベンチャーで圧倒的成長を模索する、インターン生の東海さんを直撃!普段の生活、インターンでの業務、将来に至るまで幅広くお話を聞いてきました!「インターンを始めようか迷っている...」「CRBでインターンをしたいけど、どんな会社なんだろう?」と考えている学生の皆さんに必見の内容となておりますので、ぜひ最後までご覧ください!


目次

①将来のために今のうちにスキルアップしたい!そんな東海さんの学生生活とは!

②自信をつけたくて、インターンを始めた?!そんなCRBとの出会い

③東海さんのインターン業務内容に迫る!CRBでのインターンの醍醐味とは?

④東海さんが見つめる未来のビジョンについて


プロフィール

東海 穂菜美

明治大学国際日本学部4年。Amazon出店・運用代行、Amazon出店コンサル事業の営業業務を担当。インターン生でも裁量権を持たせてもらえる環境でスキルアップしたい!と、現在CRBで邁進中。特技は英語で、アメリカ・イリノイ州で交換留学の経験も。

将来のために今のうにスキルアップしたい!そんな東海さんの学生生活とは!

本日はよろしくお願いします!早速ですが、普段の学生生活について教えてください!

東海さん:よろしくお願いします!現在、明治大学の国際日本学部に所属しています。授業の内容としては国際社会と日本の比較のような内容の授業が多いですね。1〜2年生で英語の授業がしっかりとあり、3年生からはゼミでの活動が中心となります。私は経営学のゼミに入りました。3年生の時にはプロジェクトの一貫でゼミ生だけで会社を立ち上げて実際に事業を行います。実際私も「日本の潜在的ないいところを国外に広めていく人材を育成する」というコンセプトの元、商品やサービスを企画してビジョンを決めて1年間やり切りました。

趣味は、音楽を聴いたり映画をみたりすることです。音楽はJPOPからジャズまで幅広く聞きます。映画は、東宝シネマズの会員にもなっています。5回みると1回無料でみれるのでお得で。最近は忙しくてあまり行けてないんですけど(笑)


自信をつけたくて、インターンを始めた?!そんなCRBとの出会い

東海さんがインターンを始めたきっかけを教えてください!

東海さん:はい。実は、私は根本に「自分に自信が無い」という部分があるんです。それで、社会人になる前に早めに社会の中で学びたかったんです。アルバイトはしていましたが、それよりも裁量権があるインターンを通して、責任持って仕事をさせてもらうことによって自信をつけたい、という思いがあって。それでインターンをすることになりました。

たくさんのインターン先の候補がある中、東海さんはどうやってCRBさんを知ったんですか?

東海さん:私がCRBを知ったのは様々なインターン先などが紹介されているあるプラットフォームでした。「法人営業ができる」というワードで検索をかけてたら出てきて。服装が自由というところもポイントでしたね。スーツは苦手で。それよりは自分の気持ちが高まる服装でお仕事できる環境が良いと思って。その後ズームで面談があり、社員の方とお話させていただきました。、社員さんの雰囲気も優しそうで、商材もおもしろそうということもあってCRBを選びました。


東海さんのインターン業務内容に迫る!CRBでのインターンの醍醐味とは?

普段CRBではどのような業務をされているのですか?

東海さん:私は主に電話での法人営業を行っています。商材としては、Amazon出店・運用代行事業と、それに付随したコンサルティング事業の営業をしています。出品代行事業の内容としては、CRBが持っているAmazonのショップに企業さんの商品を出品したり、広告の運用を行ったりします。コンサルティング事業では、すでにAmazonに出品している企業さんに対しては、どうやったら売り上げが上がるのかなどの部分などをサポートさせてもらいます。一方でまだ出品していないい企業さんの場合は、出品のノウハウなどの部分をサポートさせてもらっています。

スケジュールとしては10時出勤で、最初の10分程度で1日のやることの確認し、その後作業を進めていきます。戦略会議がほぼ毎日あり、うまくいかない部分を洗い出して、課題をどういう手順で解決していくのか話し合っています。

インターンだからという線引きはなく、フラットに社員の方と一緒に課題解決の方法を考え、実行するまで幅広く裁量を持たせてもらっているので、とてもやりがいを感じています。

そんなに裁量権があるんですか?

東海さん:そうなんです!元々フラットな会社だと知った上でインターンを始めたのですが、想像していた以上にたくさんのことを主体的にやらせてもらっています。まだインターンを始めて2ヶ月なのに商談の練習をさせてもらえたり……。え!こんなことまで経験させてもらえるの?っていうことまで体験できるので、とても勉強になっています。日々、試行錯誤。トライ&エラーが楽しいです。

幅広い経験をできるCRBの魅力って何ですか?

東海さん:役職や年齢関係なく、誰もがフラットであることです。だからこそお互い励ましあえるし、モチベーションアップもしやすい環境です。だからこそ質問もしやすくて。まだ私は入って間もないので、わからないことがあったり、知りたいことがあるとついついたくさん質問してしまうんです。でも誰に聞いても嫌な顔一つせずにすぐに教えてくれるんですよ!

また失敗しても誰も責めない、という部分にも感動しました。実は以前、営業の仕事で成功しそうな案件があったのですが、お客様への説明の仕方を誤って結局契約に至らなかったことがあって。親身に話を聞いてくださるお客様だったので、私の説明の仕方をもう少し工夫していれば...と考えると落ち込んでしまいました。でも、社員の方は責めたりせずフォローしてくださって、ここが原因だったよね?と分析して次回に生かせるようにアドバイスしてもらえたんです。この件を通して、失敗した時に責めるのではなく逆に次からどう生かせるのかという観点でサポートしてもらえる環境があることに感動しました。

アポイントが取れた瞬間のやりがいもあります。自分が声のトーンや話し方を工夫することで、お客様から話を聞いてもらえるようになるので、自分のレベルアップ感がわかるところも面白いです。喜びや自分の得たノウハウを周りの社員さんやインターンの人たちとフラットに共有できるところも学びになっていると思います。

そうなんですね!CRBではどんな人たちと一緒に働いているんですか?

東海さん:メンバーは皆さん揃って面白いんです(笑)。性格も経歴も職歴も面白い個性的な人が集まっています。営業で月100万売り上げていた人、某世界的な有名企業で働いていた人、サッカーで全国大会に出場した人、お昼に卵かけご飯を食べ続ける人、などなど...(笑)。それぞれが魅力的なエピソードを持っています!


東海さんが見つめる未来のビジョンについて

CRBのインターンではたくさんの学びが得られることがわかりました!そんなCRBで東海さんはどのような存在になりたいと思いますか?

東海さん:自分がレベルアップすることで、会社にも貢献できればと思っています。今、自分にはノウハウが足りていないと感じています。しかし、現在はインターンだけでなくバイト・ボランティア・学業と色々しているため時間がなく...。タイムマネジメントが課題です。数字や実績につなげていくためにも、ノウハウやスキルを効率よく身につけ、アウトプットしていきたいです。

東海さん自身のなりたい姿はどういったものですか?

東海さん:人の役に立てる人間になりたい、という想いがあります。そのためにもまだ日常会話レベルですが、「英語が話せる」という能力を生かしていきたいです。その部分を伸ばして、自分の価値提供できる場が増えれば、いずれは日本の人だけではなく海外の人も助けることができ、より多くの人の役に立てるようになるのかなと。

最後にこの記事を読んでいる人にメッセージをお願いします!どんな人と一緒に働きたいですか?

東海さん:CRBの良いところは、誰に対してもポジションや肩書き関係なく関係性を構築できる部分だと思います。なので、誰でもを平等に大切にしよう!という意識がある方だと嬉しいです。雰囲気にも合うし、一緒に働きやすいのかなと思います。

課題解決をする場合も、以前上司の手塚さんにどうしたらいいのか相談をしたところ、「みんなに向上心を高めるように働きかけた方がいいよね。インターン生から社員に働きかけるのも全然あり。誰が上、誰が下とか関係ない。誰が誰に働きかけてもいい。」という言葉をいただきました。社員さんには本当に色んな方がいて、手塚さんの言葉通り、それぞれお互い尊重してモチベートしあって上を目指して行こう!という風土です。そこに共感して一緒に働きたい!と思った方はぜひきてください!

本日はたくさんお話いただきありがとうございました!
株式会社CRB's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings