1
/
5

誰もがITツールを使いこなせる世界をめざして

自己紹介

はじめまして!

テックタッチ株式会社 セールスの舟田と申します。

数ある入社エントリーの中からアクセスいただきありがとうございます。
テックタッチには2021年5月から業務委託、6月から正社員として入社いたしました。

入社エントリーを書くのは初めてなのですが、少しでも興味を持っていただけるきっかけになればと思います。

こんなことをしてきました

新卒からこれまで2社で営業職を経験してきました。

1社目は大手日系SIerで、中小企業向けに直販営業をしていました。

OAネットワークや音声などITインフラ・ハードウェアを中心に取り扱っていて、職場環境も結構ハードでしたが(笑)、担当していたお客様とは厳しくも楽しい仕事をさせてもらっていました。

当時は「働き方改革」のワードが浸透し、企業における業務効率化や生産性向上がいっそう注目されてきた頃というのもあり、お客様から求められるものもハードからソフトに転換していた印象でした。

自分自身もITインフラを構築したその先の提案ができるようになりたいと興味もつようになっていきました。

そんな中、ご縁あってビジネスチャットのSaaS企業に転職いたしました。

2社目は代理店営業で、代理店の新規開拓、現地メンバーへの営業研修、販売促進の施策立案をメインに活動していましたが、私自身は現地メンバーへのOJTとして現地での商談同行にも重点を置いて、全国各地を駆け回っていました。

3年目からはハイタッチ営業部門に移動して商談に特化して活動できるようになり、結果的にSMB、MM、Enterpriseの企業規模や業種も問わず、幅広い企業の商談に携わることができたのが自分の中では大きな経験です。

テックタッチを選んだ理由

実は、転職活動は特に行っておりません。自身のこれからのキャリアを考え転職活動を始めようとした頃にテックタッチと出会い、その「プロダクト」と「人」の魅力から「この会社で一緒に頑張りたい!」と思い転職を決めました。

①テックタッチというプロダクトの魅力

もともと、テックタッチは前職時代の友人の紹介で知りました。プロダクトがとても魅力的で、画面デモを見たときに「これだ!」と大きな衝撃を受けたことを覚えています。

というのも、前職ではITに明るくないお客様と相対することが多く(アレルギーな人たちも多かった)、ITツール全般において操作に困らないことの重要性は強く実感していました。

窓口の担当にどれだけわかりやすく説明しても、マニュアルなど資料を作成して提供しても、ヘルプサイトを案内しても、一番必要としている現場のユーザーまでなかなか届けられない。

利用者が増大するほどにリーチも難しくなると課題に感じていたところです。(このために1日に膨大な量の問合せに対応していたこともありました)

テックタッチはこれらの課題を解決できる、現場の「使い方わからん!」をなくして、自然に使いこなせるよう後押しできる、素晴らしいツールだと感じました。

➁テックタッチの人の魅力

テックタッチの選考の過程で「採用meet up」という懇親会イベントがあり、社員と交流ができる機会があるのですが、参加していたメンバーの和やかで明るい雰囲気が魅力的でした。

メンバー同士がお互いを他己紹介できるほどに相互理解が深いことに、なにより驚いた印象があります。

行動指針の中にも「あなたに興味があります」や「Be inspired, Be inspiring」といったものがあり、お互いを理解し尊重しあう文化がメンバーに根付いていて、安心感をもって働けそうだなと感じました。

ちなみに入社した後には性格診断テストを受け、結果をメンバー一覧表に公開していきます。コミュニケーションを円滑にするため、メンバーそれぞれの特性(外向・内向など)をつかめるようにしているのはいいなと思いました。

テックタッチの魅力

メンバー1人ひとりがより良い組織とプロダクトを目指し日々前向きに取り組んでいます。

それだけでなく、困っている仲間に手を差し伸べる「One big family, Techtouch」という行動指針でチームが支えられていることに大きな魅力です。

テックタッチはDXP(Digital Transformation Platform)という新しいカテゴリーのサービスで、まだまだ国内では認知が浅く、市場にはこれから成長する大きな伸びしろがあります。

そのためお客様との接点が増えるごとに新しい知見が得られていく段階で、既存の業務プロセスもそれに合わせ、日々見直しと改良を積み重ねています。


変化のスピードがとても目まぐるしく追いつけないことも多々ありましたが、困ったときにはメンバーが必ずフォローしてくれます。そんな暖かいメンバーへの感謝の思いが、次の挑戦への活力につながっていくのを強く感じています。

セールスとして、テックタッチの価値をより多くの企業へ発信していくこととともに、会社やメンバーに実績の形で貢献していけるよう、真剣に楽しく仕事に邁進していきたいと思います。

テックタッチ株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings