1
/
5

What we do

弊社のサービス別ポジショニングマップです。中小事業者に対しては資金調達の支援から行います。大企業からの新規事業構築人材育成研修なども請け負っています。
D2C CREANTION事例:おでこを見え方をデザインするヘアライン美容液LLAMAの商品開発支援を行いました。
"誰もが自然に夢を叶える世界を"をミッションに据え、顧客と伴奏しながら事業を創り出すことを事業ドメインにしています。 ▼新規事業創出支援、D2C創出支援 クライアントと共創しながら新規事業を創出するためのあらゆる領域を担います。 決まったパッケージは存在せず、クライアントの要望に合わせてオーダーメイドで提案を行います。 新規事業創出研修をすることもあれば、新規事業のプランニング、立ち上げ後の人材採用・定着支援研修を行うこともあり、その提案の幅の広さは圧倒的な評価をいただいています。 ▼ソリューション開発 日本(社内/社外)・ベトナムの開発チームを活かしながら、顧客に合わせた提案を行います。 Shopifyを利用したECサイト開発を行うことも多いですが、ただのECサイト開発の要望の場合は弊社では請け負いません。 あくまでソリューション=課題解決という日本語訳の通り、「誰かの何かを解決する」こと、そしてその「誰か」は常に顧客であり、世界中にいる何かしらの"不"を抱えている人を対象として、開発を行います。 その方法がECサイトであればShopifyに限らず様々なシステムの中から最適なカートを選定して提案します。 その方法がiOS/Androidアプリであればアプリ開発を提案して請け負うこともあります。 ▼資金調達支援 中小規模の企業では、事業スケールのための原資となる費用が足りず、打ち手の幅が狭くなってしまうことが多いです。 そういった企業のため、現在は国からの補助金・助成金が採択されるための支援を行うことが多いです。 いずれは補助金だけでなく、融資や投資による調達支援を行っていく計画です。

Why we do

移転前のオフィス:1年前はまだ熱量を持った2人だけでしたが人が一気に増えました。
▼なんのためにやるのか 私たちのミッションは"誰もが自然に夢を叶える世界を" chipperにジョインしているメンバーは、本気でこの世界を作ることができると信じています。 夢を語ると馬鹿にされることが多い日本において、夢を語ることがカッコいいと思われる文化を創っていくことが私たちのミッションです。 創業からは4年ですが、ミッションを明確に掲げ、共感する仲間が集まり始めてからはまだ1年程度の若い組織です。新卒1期生にも4月から入社してもらっていて、主メンバーとして活躍してもらっています。 売上は300〜400%の範囲で成長を続ける、急成長ベンチャーです。 ▼なぜD2C支援・新規事業支援なのか D2Cは「ビジネスの総合格闘技」と言われており、今は各々が夢を叶える下地となるスキルを身につけるためにD2C・新規事業支援を行っています。 D2C支援のために必要なスキルを一部だけ抜粋すると ・デジタルマーケティングにおける顧客の流入のための広告、SNS運用戦略 ・流入した後の顧客体験=UXデザイン、ブランディング設計 ・どういう仕組みで購入ができるのか、裏側のシステム周りの知見 ・差別化しないと売れない、独自戦略をマーケット視点で提案する発想力 などなど、挙げ始めたらキリがないほど、多くの知識が求められます。 (ここに挙げただけでも1/10に満たないぐらいです) これらのスキルはほぼ新規事業企画へ活かせるスキルであり、同一のノウハウで提案ができる領域が多いため、この2軸での事業を展開しています。 ▼将来的には何をしたいのか これらの事業を軸として得たノウハウで、高校生・高専生・大学生などの事業に投資するVC(ベンチャーキャピタル)的な活動やワークショップをしたいと考えています。 これらの活動を行うことで、"夢を公言し、実現することがカッコいい"という文化に一歩近づくと信じています。

How we do

chipperは国内有数のShopify Expertsパートナーに認定されております。
世界中で評価される「醸し人九平次」のブランド戦略全般、ShopifyでのECサイト構築、広告運用全般を担当しています。
弊社では、以下の3軸から複合的な提案をしています。 ▼マーケティング ・マーケット調査からの顧客インサイト分析 ・ペルソナ、カスタマージャーニーマップの策定 ・事業計画、KPI策定 ・広告運用代行 ▼クリエイティブ ・ブランドコンセプト策定 ・UX/UIデザイン ・ビジュアルデザイン作成 ▼ITソリューション ・Shopifyを利用したECサイト開発 ・iOS,Androidアプリ開発 ・フルスクラッチ開発