Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

パパとママが選ぶ安心タクシー!日本交通グループのキッズタクシー

子育て世代のパパやママに注目されているのが、日本交通グループが提供するキッズタクシーです。担当の乗務員が子供の塾などへの送迎を請け負ってくれるサービスですが、ただタクシーで送迎するだけではなく、乗務員がその都度降りてきちんと目的地や約束の相手に引き渡してくれます。2014年に創業し、関西のお客様にも日本交通グループのサービス展開を図る東京・日本交通とはどのような企業なのでしょうか?詳しくご紹介します。


日本交通グループとは?

日本交通グループは9年連続売上高全国No.1の企業です。現在のタクシーのイメージや常識を新しく作り替えていきたいという考えのもと、他にはない様々なサービスで人気のタクシー会社となっています。東京・日本交通は、業界最大手である日本交通を親会社とし、確かな実績と高品質なサービスを提供しています。現状に甘んじることなく、常に可能性へのチャレンジを追求し続けている企業です。

東京・日本交通は「タクシーをひろう」時代から「タクシーをえらぶ」時代への移行をテーマに、より良いサービスを提供してお客様に選ばれるタクシー会社を目指しています。どこのタクシーでも一緒という時代は終わり、サービスや品質でタクシーを選ぶ時代が来ていると東京・日本交通は考えています。他のタクシー会社との差別化を図るため、タクシー業務の品質の向上とそれにプラスされる様々な付加価値サービスを提供しています。自社でアプリを開発し、タクシーの予約や手配、さらにはタクシー料金の支払いまでを簡単にしました。このタクシー配車アプリ「JapanTaxi」は利便性が高いことから人気を博し、800万DLを突破した国内最大級のタクシーアプリです。このアプリを活用することでタクシーを手配する煩わしさを解消でき、指先でタップするだけでタクシーを呼ぶことができます。

東京・日本交通はタクシーをよく利用するお客様にも、めったに利用しないお客様にも等しく「また乗りたい」と思ってもらえるような快適で便利なサービスを提供しています。現在、着実にそのサービスレベルの高さと品質によりお客様からの認知度も上がってきています。そのため、リピート乗車率が高く、一度利用したお客様の満足度が高いことがわかっています。安心・安全・快適はもちろんのこと、すべてのタクシー乗務員が質の良い接客サービスを提供しています。乗務員のスキルも高く、通常の送迎以外にも観光や介護、子育てのサポートにもタクシーを活用してもらえるような様々なサービスを展開しています。

東京・日本交通は高いホスピタリティを追い求めるために、人材の育成にも力を入れています。タクシー乗務員に必要なのは運転技術だけではありません。地理の知識や接客スキルが今後ますます必要になってくると東京・日本交通グループは考えています。そのため、タクシー乗務員育成のためのプログラムを実施し、業界トップクラスの乗務員を育てることに尽力しているのです。社内研修施設「OTEC」で基礎教育のために自社のノウハウで作り上げたマニュアルに基づいて研修を行っています。この研修によって、東京・日本交通のタクシーはどこの地区でもどの乗務員であってもムラのない均一化されたサービスをお客様に提供することを実現しています。

基礎的な研修が終わった後も定期的に研修を開催し、さらに必要な知識やノウハウを習得していくのが東京・日本交通の人材育成の大きな特徴です。救急救命(AED)講習やユニバーサルドライバー(UD)研修、認知症サポーター養成講座、(陣痛タクシーのための)講習などを乗務員は受講しています。これらの知識を身につけておくことで、より細やかなサービスや心配り、配慮が可能になります。


なぜキッズタクシーが誕生したのか?

高いホスピタリティを追求する日本交通グループだからこそ、キッズタクシーのサービスが誕生しました。共働きの家庭が増える中、子育て中のお父さん・お母さんのためにタクシーだからできることがあると考えたのです。タクシーといえば大人の乗り物で、子供が一人で乗るなんてことは一昔前では見られない光景でした。しかし、日本交通グループはそういった常識にも挑戦していきました。生活スタイルが大きく変化したことで、タクシーの利用方法も同じく変化するべきだという考えのもと、お子様へのサービスを開始したのです。

キッズタクシーは事前に連絡をもらった場所に子供を迎えに行きます。この時、利用する子供が不安にならないように、いつも同じキッズ担当の乗務員を派遣します。担当の乗務員がタクシーに子供を乗せ、目的地の家族や事前に打ち合わせしていた担当者(塾のや学校の先生など)にお子様を引き渡します。ドアtoドアの送迎ですから、タクシーに乗るはずの場所に子供が来なかったり、タクシーを降りた後にどこに行ったかわからなくなったなどのトラブルの心配がありません。安全に確実に子供の送迎を任せることができるサービスです。



関西にもキッズタクシーのサービスを定着させたい

キッズタクシーはお子様の行動範囲を狭めることなく、様々なことにチャレンジするサポートをしてくれます。キッズタクシーの主な活用方法は学校や塾など習い事の送迎、親戚の家から自宅までの送迎などです。学校への送迎は、お子様が足などのケガで通学が困難な時にも便利です。登校や下校時に同じ方向の友達がいないため、長い距離を1人で歩く必要がある場合にもキッズタクシーがオススメです。特に不安が大きい低学年の時期だけ利用する方もいます。

仕事や体調により、家族で子供の塾や習い事の送迎ができない時もキッズタクシーを利用すると子供を休ませずに済みます。塾や習い事は継続が重要ですから、子供のやる気をストップさせることなく思い切り通わせてあげることが可能です。普段送迎をしていたお母さんが妊娠中や赤ちゃんのお世話などで送迎できない時などにも、キッズタクシーがあれば子供に我慢をさせずに済むでしょう。塾や習い事の間にお母さんは体を休めたり、赤ちゃんのお世話に集中することができます。家族が送迎できれば一番良いかもしれませんが、無理な場合にはキッズタクシーを活用することで家族や子供自身の負担を減らすことに繋がります。

キッズタクシーは学習塾やアフタースクールなど法人の活用も可能です。中学生や高校生になると入塾率が高くなりますが、塾の帰りが遅くなることが多いため、送迎に頭を悩ませる両親は多いようです。送迎サービスを導入すれば両親の気がかりな点も解消できますし、塾で疲れた子供も家まで送ってもらえるのでとても楽ちんです。

現在も一部のお客様からご予約をいただくなど関西でも認知度が高まってきています。地域社会への貢献度も高く、ご利用いただくお客様からも高い満足度を誇るキッズタクシーのサービスを関西でも定着させたいと考えています。



東京・日本交通のタクシーはサービスがすごい!

東京・日本交通のタクシーにはキッズタクシーの様なお子さまの送迎サービス以外にもたくさんのサービスがあります。観光タクシーでは豊富な知識を持った乗務員が楽しい旅をサポートしてくれます。様々な見所などを紹介したり、オススメの食や観光スポットなどを紹介してくれます。タクシーで移動するため、体力に不安がある方やご高齢の方にも人気のサービスです。また、小さなお子様や赤ちゃんを連れていても気兼ねなく観光ができるため、ファミリーにも好評です。他の交通手段だと子供が騒いだり、赤ちゃんが泣いたりすると観光を楽しむ余裕がなくなってしまうことがありますが、タクシーの中なら家族だけのプライベートな空間になるため、観光をゆっくりと楽しめます。新婚旅行などに活用するのもオススメです。




ケアタクシーはご高齢の方や体が不自由でサポートが必要な方のためのサービスです。日本交通グループのケアタクシーは、乗務員がただ車椅子の介助などを行うわけではありません。介助の資格を持った知識と経験がある精鋭の乗務員がサポートにあたるので安心です。病院への通院や買い物など、出かけたい場所へ出かけたい時にケアタクシーを利用することで、移動が難しくても行動範囲を広げることができます。ケアタクシーでは階段や坂などでもお客様の手を取ってスムーズに移動できるようにサポートします。お客様がまた出かけたくなるような高いホスピタリティがケアタクシーの人気の理由の一つです。もう一つの人気の理由は、利用料金がリーズナブルなことです。介助料金などを別途請求することはなく、運賃のみの料金で利用することができます。費用の負担が少ないのでケアタクシーのリピーターも多いです。


東京・日本交通のタクシー乗務員の声を聞いてみた!

東京・日本交通のタクシー乗務員は日々の業務の中でどのような体験をして、どのようなことを感じているのでしょうか。タクシー乗務員の声を紹介します。具合の悪い小さな子供連れのお母さんを乗せたMさんは、小児科までの道のりの道路の起伏や一時停止でお客さまに余計なG(重力)を感じさせてはいけないと思ったそうです。集中して慎重な運転を心がけ目的の小児科に着いた時、お母さんから「快適でした」という言葉をもらって大変嬉しく思ったそうです。Kさんはいつも通りの接客で対応したところ、お客様から「ハキハキしていて気持ちがいい」とお褒めの言葉をいただいたそうです。Iさんは隔日勤務という勤務体系について、家族の時間を大切にしていると答えています。特に娘の送り迎えができるようになり、高校受験のサポートができたことが大きかったようです。このように東京・日本交通のタクシー乗務員の運転技術の高さや接客の質の良さによって、多くのお客様に喜ばれています。




日本交通グループは利用者目線のサービスを展開

タクシーは単なる目的地までの移動手段と思われがちですが、日本交通グループは目的地に至るまでの時間がいかに快適で安全であるかということにこだわっています。そのために乗務員の人材育成に力を入れ、高品質な接客を提供しています。さらにはキッズタクシーや観光タクシー、ケアタクシー、配車アプリの普及など、お客様のニーズに答える新しいサービスを導入しています。


キッズタクシードライバー
日本のおもてなしを世界へ!新規事業キッズタクシーの立ち上げメンバーを募集!
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また自社開発の配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通


エキスパートキッズドライバー☆
究極のサービス業をあなたが創る。ママ・パパを応援するキッズタクシー
「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また10年前に自社開発した配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より)
東京・日本交通


観光タクシードライバー
観光が好き!趣味と仕事を両立できる新しい形のタクシードライバーを募集!
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また自社開発の配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通


インターナショナルドライバー
ゼロから始める、観光のプロお客様だけの思い出を、あなたがつくる。
私たちの目標は「常にお客様に選ばれる存在であること」。 規制緩和以降、長引く需要減少と相まって、タクシー事業は、都市部にて供給過多が進み、道路混雑等の交通問題、運転者の労働条件の悪化など課題を抱えていました。 しかし、昨今は、乗務員の高齢化とIT技術の活用が急速に進み、この流れについていく会社とそうでない会社とのラインが明確になってきました。 当社日本交通は、創業90余年の老舗でありつつ、約15年前から新卒採用に着手、また10年前に自社開発した配車アプリ「JapanTaxi」は、現在800万DLを突破。 常に業界を牽引するリーディングカンパニーでありました。 そして、我々、東京・日本交通株式会社は、その都内最大手の日本交通が首都圏以外に初めて設立したタクシー会社です。(日経MJサービス業務調査・ハイヤータクシー部門より) 「業界最大手の日本交通が関西エリアに進出」 5年前に業界を賑わせた当社は、この5年で、車両700台以上、乗務員1,000人以上までに急成長。 その中でも「常にお客様に選ばれる存在であること」という目標は、一瞬たりとも忘れたことはありません。
東京・日本交通
東京・日本交通's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more