1
/
5

What we do

イチアール株式会社は2020年3月にソフトウェア開発企業として設立しました。 クライアント先の課題解決のためオンサイトサービスを提供しています。 エンジニアのキャリアパスとクライアント先の課題のヒアリングを行い、マッチングすることで双方より高い満足度を得ることができています。 現在は、社会全体のDX推進に貢献するための活動を強化しており、自社サービスの開発も視野に入れています。 システム制作やツールやサービスの導入など、DX課題を抱える企業に対し最適な提案を行い、クライアントの利益最大化を図ります。 また、DX推進のサポートを行うことで自社の競争力を強化し、さらなる成長につなげていきたいと考えています。 当社のエンジニアの多くは未経験からスタートをし、それぞれが一人前として活躍しています。 未経験でも馴染みやすいレベルの依頼を多数持っており、企業の社内システムからゲームアプリの開発まで、人気の高いプロジェクトを多数保有しています。

Why we do

「イチアール」という社名はボクシングで例える1ラウンド目、会社として社会・社員の新たなファーストステップをサポートしたいという想いを込めた社名です。 社会のDX推進を通じ、企業/業界変革の一歩を後押しすることに加え、社員一人ひとりの新たなキャリアのスタートでありたいと考えています。 現在経済産業省も「DX推進指標」とそのガイダンス等を出しており、デジタル技術を活用して企業体制や事業を革新することで、生産性や競争力を上げ収益を増加させることが求められています。 しかしながら、日本においては未だにDXを推進している企業は少ないのが現状です。 その理由のひとつに、IT人材が不足している点が挙げられます。 周知の通り、日本は少子高齢化の影響で労働人口の減少に歯止めがかからない状況です。 それに加え、もともと日本企業はエンジニアなどのIT人材が少ないという特徴があり、DXを推進できる人材を育成することは急務といえます。 このようなことから弊社ではIT人材の育成と社会のDX推進の実現を目指しています。 現状維持で満足することなく、新たなチャレンジを繰り返しながら、夢や希望を持ち、明るい未来に向かって歩み続けるすべての人を応援する世の中を創りたいと考えています。

How we do

代表の想いから当社ではエンジニアのキャリアパスを最優先しています。 当社のエンジニアの多くは未経験からスタートをし、それぞれが一人前として活躍しています。 未経験でも馴染みやすいレベルの依頼を多数持っており、企業の社内システムからゲームアプリの開発まで、エンジニアでもある代表のつながりで人気の高いプロジェクトを多数保有しています。 不安定な情勢にもかかわらず、設立よりスピード感をもって組織拡大しております。 何よりも"人"を大切にしながら人材育成に注力したことで1年余りで社員数60名規模の組織となりました。 設立当初から変わらず、未経験者の採用に積極的な一方で、ハイスキルなエンジニアも続々と仲間入りをしています。 エンジニアひとりひとりが思い描く「なりたい自分」を尊重、ヒアリングを行いスキルを磨けるようなプロジェクトにアサインします。 エンジニアの希望とのミスマッチが起こらないように最大限の配慮をしています。 さらに、ひとりのエンジニアにひとりの先輩メンバーがつく「メンター制度」を導入しています。 「キャリアプラン」「人生設計」について業界知識豊富なメンターが相談に乗り、キャリアづくりに伴走します。 配属プロジェクトを決める際、一方的に現場を決めることはありません。 案件の打診をした後は、必ずエンジニア本人の意向を聞き、承諾してもらってから、配属の手続きを進めています。 絶対に希望通りのプロジェクトに入れるとは限りませんが、最大限の配慮をしています。