1
/
5

What we do

購入したあとの人生を楽しんでもらうのも私たちの役割。例えば、ニューモデルの発表会・車という共通の興味を基にしたコミュニティ作り・キャンプイベントの開催・アートやスポーツの鑑賞イベントなど...様々な活動を企画からすべて担っています。
私たちは、ヨーロッパの高級自動車ブランドから厳選した一流の車を扱う会社。お客様にぴったりの一台を届けることはもちろん、そのあとのカーライフを存分に味わってもらう“楽しみ方”も創造しています。 ▍事業 グループ全体で取り扱っているのは、アストンマーティンやレンジローバーなどのラグジュアリーな8ブランド。華やかで趣味性も高いので、憧れとロマンを持ってお客さまが集まってきてくださいます。 そんな富裕層のお客さまに、正規ディーラーとして車の選び方からメンテナンス、アフターサービスまでを一貫してサポートしています。 また、購入したあとの人生を楽しんでもらうのも私たちの役割。例えば、ニューモデルの発表会・車という共通の興味を基にしたコミュニティ作り・キャンプイベントの開催・アートやスポーツの鑑賞イベントなど...様々な活動を企画からすべて担っています。 こういった独自のサービス提供は、お客さまからも大変好評です! ▶️カーライフの提供:https://hakko-lr.com/ さらには、お客さまの「犬と一緒にクルマ選びがしたい」という声から、業界に先駆けて愛犬を連れたお客様の入店を可能にしました。 ▶️PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000071610.html これからも、憧れあるブランドの世界観を感じていただくとともに、ライフスタイルそのものを彩り豊かにするサービスを届けていきます。 ▍新規事業 「ESC GARAGE & CLUB」 ガレージやラウンジ、バー、サウナを備えた唯一無二のメンバーシップ・クラブをスタートしました。 ▶️詳細:https://esc-gc.com/concept/ 「サイレンスリゾート事業」 グループ全体で行なっているものですが、憧れの車でお出かけできる近距離型非日常リゾートというライフスタイルを提案するべく、六甲山サイレンスリゾートの事業も始めております。 ▶️詳細:https://rokkosansilence-resort.com/ ▍今後の展望 これからも車を通じて、お客様に様々な「出会い」をご提供していきたいと思います。 自分たちが心から愛せるブランドを発掘し、ブランドとエリア拡大に注力していきます。 より尖った面白み溢れるブランドを通じて、車を楽しみ、彩溢れる人生を楽しんでいただけるよう、私たち自身も成長していきたいと思います。

Why we do

Color Our Life ~人生に彩を~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ あなたの人生を彩るものは何ですか?スポーツやアートなど、本当にたくさんあると思います。 お客さまはもちろん、一緒に働くメンバーも、関わるすべての人々の人生が彩っていくこと。 壮大なことかもしれませんが、これが私たちの目指す未来です。 お客さまには、ブランドのデザイン性や機能はもちろん、私たちの技術、サービスやライフスタイルの提案を楽しんでいただきたい。 メンバー自身にも、自身が愛せるブランドを通じ、歴史・デザイン・技術、一流の接客やメンテナンスを吸収し、色鮮やかなライフプランが実現できるよう応援します。 人生を彩っていく方法はなんでも良いのです。 私たちの事業を通じて、まだできることはたくさんありますし、新しいことにも挑戦していきたいと思っています。例えば、まだまだアイデアベースではありますが、既にファンとなっていただいているお客さまを軸とした教育事業や、Well-beingに関する事業も構想しています。 新しい未来に向けて、一緒に人生に彩っていこう!

How we do

▍Mission 日本の未来のためになる事業をする ▍大事にしている価値観 ①TRUST & RESPECT 一緒に働くメンバーが互いを大切に思える会社にしていきたいです。 ②仕事を通じて人格形成 / 自己実現 自分たちが向かうべき方向性に確信を持てるよう「なにを実現したいか」「なぜやる必要があるのか」ということに、いつも立ち返るようにしています。 ③成長する方を選ぶ 矢印は自分に向けることを大事にしています。周りにいる人に向けても成長がないからです。 目先の利益よりも成長性や正しいことに思考を向け、失敗上等で取り組んでいきます。 ④英知を結集する 一人ひとりの個という存在を尊重し、様々な価値観が混じり合うことで、面白いシナジーが期待できると思っています。 ▍一緒に働くメンバー 店舗によっても雰囲気は変わるので、多様性があるという印象です。ただ全体として堅苦しさはなく、自由なカルチャーであることは共通していると思います。また、チームワークが重要な仕事ですので、コミュニケーションは活発です。 ▍目指すチーム 一言でいうと「それぞれが自分の役割を持ち、自由に発揮する」チームです。 車を扱う会社ですが車好きの集まりでもないですし、役職などによって行動が制限される組織でもありません。性別や経験値に左右されることなく、ある意味、個が組織の経営から参画していける環境づくりを意識したいです。