1
/
5

What we do

長さや直径などを含んだ3Dモデルの作成
代表の山口によるサービスのデモ
スマホやタブレット等のデバイスで手軽に森林や土地、空間を3次元計測できるサービス「mapry」を提供しています。これまでコストがかかっていたり、専門の方しか扱えなかった測量を誰でも手軽に行う事ができるようにしています。 森林と聞くと私たちの生活から遠いように感じますが、実際は深く関わっています。適切に山林が手入れされる事で土砂災害や水害を防ぐ事ができたり、川の水質の浄化、獣害の防止、身の回りの木材製品にも繋がります。より広い所では地球温暖化への貢献もあります。 マプリィは森林や土地の現状を簡単に取得し、私たちの生活を支える自然資源の最大化や、持続的な地域づくりへの貢献を目指しています。

Why we do

オープン予定のカフェ(手前)と新社屋(奥)
会議室。研修や忘年会など大きなイベントに。
SDGsやESGが叫ばれる昨今、土砂災害やウッドショック、二酸化炭素排出抑制に伴う吸収量の可視化など自然資源にまつわる問題も可視化されてきています。 ただ、現場ではまだまだIT化が進んでいなかったり、複雑なツールをいくつも使いこなす事を強いられているのが現状です。私たちは兵庫県の丹波市から地域の方々に寄り添って力になれるプロダクトを開発してきました。 誰でも触れた事のあるツールで、事業者の方の仕事の工数を減らし、より効率的な現地調査や合意形成ができるようにサポートしていきます。 まだまだ少人数の組織につき、顧客の課題を解決するためにも日々新しい事を学びながら仕事をしています。メンバーは代表やCTOと密にコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めています。

How we do

ひまわりとコスモスの種を、緑肥の為にまきます
USENの音楽と鳥の声が聞こえる、落ち着いた休憩室
2023年8月に新社屋が完成しました。2024年6月にハードウェア専門の家を保有します。 これから1.5haの農地を耕し、農作物の育成、販売、アプリの実験場、スタッフ憩いの場を作ります。 現在は農作物を育てる様に準備として、ひまわりとコスモスの種を緑肥の為に植えています。 また旧社屋をリフォームし、カフェ兼社員食堂をオープン予定です!