1
/
5

What we do

様々なSaaSと連携したデータベースを自由に作成し、業務を自動化します。
データベース型iPaaS『Yoom』
Yoomでは「Global Business Automation」というビジョンを掲げ、 世界的なビジネスオートメーションを創ることを目指しています。 現在、あらゆる業務の自動化、効率化を実現するビジネスオートメーションSaaS「Yoom」を展開し、 テクノロジーを用いてホワイトカラーの仕事を自動化することを目指しています。 今後はミッションの実現をより加速するべく、「Yoom」に積極的な投資を行い、 多くの企業様と、そこで働く人々の業務を「自動化・効率化」することで、あらゆる企業や業界において多くの時間を創出していきます。 ▼『Yoom』とは Yoomはデータベース型のiPaaSです。 自社の業務に合わせたデータベースを自由に作成し、様々なSaaSツールやAPIとノーコードで連携することで、業務の自動化・効率化を実現します。 一例として、以下のような社内業務の自動化を実現しています。 □セールス ・申込書や見積書などの「書類作成・送付業務」 ・資料送付やリマインドメールを含む「顧客対応」 □バックオフィス ・「入社対応」などをはじめとした人事労務業務 ・「請求書発行」「支払い管理」などの経理業務 その他にも、フロントオフィスからバックオフィスまで社内の様々な部門で多くの利用が加速しています! Yoomサービスページ https://yoom.fun

Why we do

未経験から入社するメンバーも多く、平均年齢は27歳程です。
自律駆動することを前提に、リモートワーク・副業・業務委託など、柔軟な働き方の整備に力を入れています。
「We Make Time」 テクノロジーの力で人々に時間を取り戻す。 これが私たちのミッションです。 人生の中でもとりわけ多くの時間を消費する『仕事』を自動化し、もっと世界が加速することを目指しています。 最近では1つの企業内で多くのSaaSが導入されるようになっており、 個々の業務自体は以前に比べ格段に効率化されていますが、 まだこれらのシステムの運用は人が行っているケースがほとんどです。 システム自体が個々の業務を自動化し、 さらにこれらのシステム同士が結合することで、ビジネス全体が自動化され、 新たなビジネスオペレーションが実現できると考えています。 ビジネスオートメーションにより、人々の時間がより豊かになり、 世界がもっともっと加速することを私たちは信じています。

How we do

ホーム拠点のWeWork KANDA SQUARE
仕事終わりにはビールで1日の疲れを癒すことも
【プロダクトドリブン】 機能面はもちろん、UIUXまで含めてプロダクト開発には強いこだわりを持っています。 ユーザーの方に驚いたり感動していただけるようなプロダクトを創ることが、最も重要であると考えています。 【自律駆動】 Yoomには「自律駆動」というバリューがあり、社歴や年齢は一切関係なく、一人一人が大きな裁量を持ち、自身で判断しながら事業やプロジェクトを推進することを大事にしています。 【スモールチームで大きくレバレッジをかける】 Yoomは社員数は20名程度のまだまだ小さなチームですが、 既に国内の大手広告代理店複数社とパートナーシップを締結させていただくなど、少人数ながら大きくレバレッジをかけた事業展開を行なっています。 【柔軟な働き方】 正社員という働き方だけでなく、リモートワークや業務委託など柔軟な働き方を行なっているメンバーもおり、「時間・場所」を問わずフレキシブルに働き方を選択する事ができます。 Yoomでは、個々の生活環境に合わせた働き方をサポートしていく制度を各種用意しております。 □子育て支援制度 産休・育休などはもちろん、 1日6時間までの時短勤務など子育てに合わせた勤務体系が可能な制度。 □ノマド制度 自宅などオフィス外でも勤務可能な制度。 □エアビー制度 遠方に在住の社員が本社への滞在費用を支援する制度。 □おな釜制度 三人一組で食事をする場合に、飲食費を補助する制度。 【WeWork拠点】 YoomではWeWork KANDA SQUAREをベース拠点としつつ、自宅でのリモート勤務も選択自由となっています。 午前中は自宅で、午後から出社するといった柔軟な働き方も可能です。 【豊富な学習支援制度】 Yoomには、成長意欲の高いメンバーが集まっております。 成長意欲の高い方を最大限サポートできるような制度を各種用意しております。 □Book-off制度 技術本など書籍購入を会社が購入する制度。 □小野妹子制度 セミナー・勉強会などの参加費を補助する制度。 □Wワーク制度 副業可能な制度。(※一部制限があります)