Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

コークッキングは、フードロス削減のためのプラットフォーム「TABETE」の運営と、料理を使った法人向け研修・ワークショップの2つの柱で事業をしています。 「人間らしく創造的なくらしができる社会へ」をモットーに、未来永劫おいしいものを食べ続けるために食の未来をつくりつつ、料理とクリエイティビティをかけ合わせた実験的な探求料理の場をデザインしています。 『TABETE』とは 「全ての食べてを食べ手につなぐ」をモットーにした、フードロス削減のためのフードシェアリングサービスです。 閉店間際など、まだおいしく食べられるのに廃棄の危機に面している食事を「食べ手」とつなぎ、最後まで売り切ることを応援する、社会派のプラットフォームです。 2018年4月にサービスをローンチし、現在都内中心に約400店舗の登録、150,000人を越えるユーザーさんが登録されています。

Why we do

【VISION】 『誰もが「人間らしく創造的な暮らし」を実現できる社会を支援します』 私たちは、まだ安全においしく食べられるのに捨てられてしまう食品「フードロス」をなくしていきたいと、本気で考えています。 2100年までに食料生産量は倍にしないといけないのに、世界中では13億トンもの食糧を捨てています。日本国内だけでも、約648万トンもの「まだ食べられるもの」をゴミ箱に入れているのです。日本の食料自給率はカロリーベースで39%であり、食糧の約6割を輸入に頼っています。日本は食糧を輸入しては捨てているというのが実情です。 私たちは、フードロスの発生に特定の悪は存在しないと考えています。むしろ、資本主義社会の成長とともに生まれてしまった副産物であり、社会が一体となって「ムーブメント」として解決していかなければならないと思っています。 ITとビジネスの力を使ってこのムーブメントを引き起こし、「未来永劫おいしいものが食べ続けられる」そんな社会を目指していきたいです。 【運営サービス】 「TABETE」 中食外食向けフードシェアリングサービス 閉店間際など、まだおいしく食べられるのに廃棄の危機に面している食事を「食べ手」とつなぎ、 最後まで売り切ることを応援する、ソーシャルプラットフォームです。 https://www.cocooking.co.jp/food-sharing/

How we do

メンバーは少数精鋭で絵に描いたような創業したてのベンチャー企業ですが、優秀かつ食べることや料理が好きな人たちです。平均年齢は25歳というとても若いチームで、それぞれの強みや個性を最大限活かして動いています。 キッチン付きのオフィスなので、誰かがいきなり料理し始めたり、いつの間にかご飯が出てきたり、ある意味家に近いようなアットホームな環境で働いています。 メンバーは基本的に消費行動変革に基づく「ソーシャルチェンジ」に向けて本気で動いています。