1
/
5

【CLASS101 社員interview #3】マーケティングリーダーTake - 新しい業界にチャレンジする楽しさ

こんにちは。オンラインレッスンを提供しているCLASS101(クラスワンオーワン)の採用担当です。

CLASS101は「すべての人が好きなことをしながら生きていける世の中を創る」というビジョンのもとに、習いたいクラスをいつ、どこでも、納得がいくまで受講ができるオンラインレッスンプラットフォームです。

手芸、刺繍、編み物などのクラフトをはじめ、デジタルイラストやカリグラフィー、料理、ダンス、自己啓発クラスなど沢山のカテゴリーでクラスを制作、提供し、大変ご好評頂いております。



前回の事業開発リーダーKain(内容はこちらをクリック)に引き続き、マーケティング部門リーダーのTake(タケ)を迎えて、CLASS101で働く魅力についてお話し頂きました。


ーTake、こんにちは。まずは簡単に自己紹介をお願いします。

こんにちは、CLASS101 JAPANでマーケティング部門の責任者をしているTakeです。

私は新卒で外資系戦略コンサルティングファームに入り、その後4つのTech企業を渡り歩いてきました。 ゲーム、マンガ、旅行、フードデリバリーと様々な業界にオンラインの観点から携わってきており、スタートアップから高い世界シェアを誇るグローバル企業まで、様々なステージの会社を経験してきてます。

経営企画、サービス企画・運営、マーケティング等いろいろな職種を経験してきましたが、直近5年ほどはマーケティング部門で責任者を務めてきました。




ー日本では急成長中のフードデリバリーサービス業界から、転身した理由はなんですか?

業界は異なりますが、フードデリバリーサービス業界とオンラインレッスン業界はとても似た環境に置かれていると思います。昨今新型コロナウィルスの影響で外食業界が苦戦している中、それを補うようにフードデリバリーサービス業界が盛り上がっていきましたよね。

一方で、日本の習い事市場はとても大きいはずなのに、オンラインとなるとまだまだ手付かずの領域で、認知度もそこまで高くないですが、これからどんどん伸びる市場であると以前から思っていました。コロナ禍も相まってオフラインでの教室は苦しくなっており、CLASS101を通してクリエイターの方々をお手伝いできると思いました。

入社前、Kate(CLASS101 JAPANの代表)と話す機会があり、日本でCLASS101のサービスを本気で広めていきたいと熱く語ってくれたことが印象的で、強く心を動かされましたね。CLASS101が日本事業に大きく投資をして、ローカルに根付いたサービス展開をしていきたいとう意気込みを感じました。

個人的には、新しい市場を立ち上げることに大変興味を持っているので、できるだけ新しい事ができる環境にいたいなと思い転職を決意しました。


ーでは、入社後に感じた、CLASS101の魅力はありますか?

今のタイミングは、私たちには「挑戦」しかありません。

オンラインレッスンの市場を立ち上げる、新しいサービスを作っていくという段階なので、いち早く業界のフロントランナーになることが何より重要です。それにはとにかくスピード感を持って動く必要があります。思ったことが直ぐに実行できる環境があることが大変魅力的ですね。

完成された業界でのフレームワークではなく、CLASS101では常識の枠に囚われない新しいマーケティング施策を積極的に試すことができます。もちろんアイデアや施策はチーム内で共有しミーティングを行いますが、形式だけの稟議や複雑な決裁の段階がないのでとってもスピーディです。

また、良い意味で、CLASS101は私がこれまで経験してきた企業とは違うカルチャーを持っています。「すべての人が好きな事をしながら生きていける世の中を創る」という企業のビジョンが社員に深く浸透していて、それぞれがそのビジョンに向けて日々邁進している組織だと思います。

メンバーそれぞれが純粋で前向きなモチベーションを持って、サービスを創り上げていくんです。その結果、大きなシナジーが生まれると信じています。



ーチームでのTakeの役割について教えてください!

現在、マーケティングチームには私を含め6名在籍しており、入社予定者を含め、8名体制になる予定です。

パフォーマンスマーケター、PR・ソーシャルマーケター、マーケティングのクリエイティブアセットを企画・制作するコンテンツマーケター、キャンペーン・CRMなどをカバーするグロースマーケターなどです。

チームとしても、まだ立ち上がったばかりなので、それぞれの担当以外の部分もお互いに支え合いながら、個々の強みを生かしてチームを運営しています。

そして、チームメンバーは自主的に考え動いてくれるのですが、全体を見渡して誰も言いたくないようなことを口うるさく言うのが私の仕事ですね(笑)。

私たちがやるべき事、ロードマップを常に共有しながら、同じゴールに向かって進めるように舵を取っています。


ーマーケティングチームのミッションや計画についてもお伺いしたいです。

まずはCLASS101の新規クラスメイト(ユーザー)を増やすことが、マーケティング部門の一番大きなミッションです。そのためには、まずはCLASS101の認知度を上げる必要があります。

より多くの人にCLASS101を楽しく、親しみを持って使ってもらえるよう、プラットフォームとしての魅力をより多くの人に伝えられるマーケティング施策をチーム全体で考えています。

マーケティングではユーザーの視点でサービスを捉えることがとても重要で、特にオンライン領域においては、様々なデータからユーザーの心理を読み解き、そのインサイトをもとにスピード感を持って実行に移していくことが求められます。

どういった魅力があればサービスをより多くの人に届けられるか、どうすれば継続してCLASS101を利用してもらえるか、常々考えています。

また、新しいことを始めるにも基盤がないとできませんので、足元をしっかりと固めることも意識しています。


ーどんな方にジョインしてもらいたいですか?

人それぞれ、価値観や感じ方が違うと思います。安定志向な人もいれば、新しい道を開拓したいというチャレンジ精神旺盛な人もいます。

私たちCLASS101は、新しい市場を作っていく、マーケットを動かしていくという、チャレンジングでワクワクが詰まった道を進んでいます。

オンラインレッスン市場をこれから盛り上げよう! というフェーズですので、まだ見ぬ世界をみたい方や、変化の速い環境を楽しめる方とご一緒したいですね。



前回までのインタビュー内容はこちら



CLASS101's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more