1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

重要なのは「モノづくりや開発が好きかどうか」。未経験からエンジニア転職を叶え1年でPLを務める元銀行マンに聞いてみた

こんにちは、採用担当の村中です。最近は晴れ時々スコールという不思議な天気が多いですね...。私はちょうど外に出るタイミングで運よくゲリラ豪雨にあいまくって傘を購入しまくっている雨女です(笑)買った傘を置き忘れるのもそろそろどうにかしたいです。

さて今回は、実務未経験での中途入社後、早1年でプロジェクトリーダー業務を担うCDユニットの期待の星☆久保さんにお話を伺いました!業界・職種未経験でありながらエンジニア転職を叶え、すでに即戦力としてなくてはならない存在の久保さんに、エンジニアへのキャリアチェンジを考えた経緯やその後の努力、これからのビジョンについて聞いてみました。エンジニアへのキャリアチェンジを考えている方にも勇気を与えられるような記事となっているかと思いますのでぜひご覧ください。

Q.現在の業務内容は?

A.土木業界向けのタブレットアプリケーション開発でPL(プロジェクトリーダー)を担当させてもらっています。初めてのPLでわからないことだらけで不安でしたが、開発メンバーは皆優しい方ばかりでとてもやりやすく、佐藤さん(CDユニットリーダー)も手厚くサポートしてくださっているのでなんとかやれてます。

Q.チームの雰囲気は?

A.アットホームで和気あいあいとした雰囲気です。前職では殺伐とした雰囲気があったりしたので(笑)今の職場環境はとても働きやすいですね。

Q.佐藤さん(上司)はどんな存在ですか?

A.オンオフの切り替えがとても上手な方だなと思います。やるときは全力でやる、ふざけるときは全力でふざける、みたいな(笑) また職場のアットホームな雰囲気は佐藤さんのおかげですね。いつも笑い声がフロアに響いています(笑)

Q.転職を考えたきっかけは?

A.前職は地方銀行で法人営業を担当していました。スーツを着て担当先を回り、融資の提案などをしていました。転職を考えたきっかけですが、社会人3年目の夏ぐらいに「自分が本当にやりたいことって何だろう︖」とこれからの自分の人生について考え直す機会があって、その時に出た答えが「自分の手で価値のあるモノやサービスを作りたい」、「ITの力で業務や生活をサポートしたい」という結論でした。エンジニアへのキャリアチェンジを決心するまで数か月間、当時は結構悩みましたが、今の業務内容や働き方にはとても満足しています。

Q.未経験からのエンジニア転職は大変じゃなかった?

A.最初は何から手をつけていいのかわからない状態でした。とりあえず無料のプログラミング学習サイトで勉強したり技術書を読み漁ったりしていましたが、やはり独学だけでは限界があると感じ、上京してプログラミングスクールに通うことにしました。プログラミングスクールでの勉強時間は3カ月で500時間となかなかハードでしたが、WEBアプリの設計から開発、公開までの流れを学べましたし、「ひとつのWEBアプリケーションを作り上げた」という達成感やものづくりの楽しさを知ることができたのは大きかったですね。

Q.キャパに決めた理由は?

A.⾯接を受けていて、何にでも挑戦できそうな社⾵や学び続けられる環境があり、ここでならエンジニアとして成長できそうと感じたからです。また、最終⾯接でCADやUnity、VRの開発もやっているというお話を聞いて、開発するならWEB系だけでなくいろいろやりたいと思っていたのでいいなと思いました。

Q.入社して大変だったことは?

A.スクールで学んだRuby/RailsではなくC#を使った開発をしてもらうと入社前に説明を受けたため、書いたことのない言語でついていけるか当初は不安でしたが、2週間の研修を通して、基礎的な内容はもちろんプログラムの書き方やロジックの組み立て方について先輩から教えてもらうことができ、それが今でも活かせてますね。なので大変だと感じたことはあまりないです。未経験でもしっかりフォローしてもらえる環境であることは間違いないですね。

Q.ズバリ、エンジニアへのキャリアチェンジに必要なことは?

一番大切なのは「プログラミングやものづくりに対する好奇心」だと思います。好奇心があれば⾃分でどんどん学習していけますし、スキルアップにもつながりますので。

Q.やりがいを感じた瞬間は?

A.少し複雑な処理の機能を⾃分が作ることになった時、苦戦しながら書いたコードが正常に動作した時は思いっきりガッツポーズしましたね。佐藤さんにも満⾯の笑みで「動きましたぁあ︕」と報告したのを覚えています(笑) その時はめちゃくちゃ嬉しかったですし、達成感がすごかったです。

Q.キャパの魅力と課題は?

A.⾃分のような未経験者でもハードル⾼めの挑戦が出来るのがキャパの魅⼒のひとつだと思います。あと、アットホームな職場であることも魅力ですかね。課題は、中堅層の不⾜ですね。佐藤さんよりも下で⾃分よりも上の先輩社員がいてくれたらな、とは思います。⾃分もまだ⼊社2年⽬で新⼈みたいなものですが、すでにPLとして指示を出す⽴場にあるので。その⽴場であることが⾃分の学びの原動⼒にもなっているんですけど、やはり⾃分も誰かに教えてもらいたいという気持ちもあります。

Q.今後のビジョンは?

A.⾃分の知らない領域についてどんどん貪欲に学んでいけたらなと思います。WEB系もそうですしCAD系もそうですし、開発と名の付くものは何でもやっていきたいです。
また、⽬指すエンジニア像として、「技術⼒」と「発想⼒」の2つを兼ね備えたエンジニアになりたいです。変化し続ける技術に触れ続けて「技術⼒」を⾼めていくことも大事ですが、そうした技術を活用した新しい提案ができるような「発想⼒」を⾝に着けなければ、付加価値は生み出せないと思うので。

Q.未経験からエンジニアを目指す方へメッセージをどうぞ!

A.最近は無料で学べるオンラインサービスも多くありますし、パソコンさえあればいつでもプログラミングを始められる時代です。プログラミングスクールも増えてきましたし、エンジニア転職はよりしやすくなってきているんじゃないかな︖と。ただ厳しい話をすると、自分が通っていたスクールですが、入校当初は23⼈いた同期が、1か⽉後には10数名しか残っていなかったんです。離脱した理由はさまざまですが、「やっぱりプログラミング向いてないや」となって諦めた方が多かったようです。なのでまずは、⾃分は本当にプログラミングが好きかどうか、自分はエンジニアとして働き続けられるかどうか等、自分自身を知ることが大切だと思います。

重複してしまいますが、⼀番重要なのは「技術に対してどれだけ好奇⼼を持てるか」、「ものづくりや開発が好きかどうか」です。その気持ちさえあればどんどん「知りたい︕」という気持ちが増してスキルアップしていけるので、この気持ちがある⼈は正直言って無敵です。

⾃分もまだまだ初学者ではありますが、そういった未知の領域に進んでいけるような、そんな気持ちがある⼈と⼀緒に⾼めえ合っていければなと思います︕

いかがでしたでしょうか?久保さんの考え方やお仕事への姿勢が素晴らしくて、私は感動しながらインタビューをしていました。最近は未経験からエンジニアになりたい!という候補者様とお話しする機会が多いので、久保さんの言葉をおパクリさせていただいて(笑)このメッセージを多くの人に届けていきたいなと思います!そして久保さんのような、プログラミングが好き!!という方を採用していきたいなと思います。インタビューを通して出身地が同じだとわかったので、また田舎について話しましょう~!ご協力ありがとうございました!(インタビュアー:村中)


▽キャパ社員インタビュー記事まとめ

▽中途募集

エンジニア
WEB開発の経験を活かして、希少価値の高いエンジニアを目指しませんか?
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
システムエンジニア
土木業界案件多数!最も若手が活躍する部門で上流工程を担うSEリーダーを募集
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
Systems Engineer
ポテンシャル重視!エンジニアへのキャリアチェンジを目指す方Wanted!!
※新型コロナウイルス感染症への対策について 新型コロナウイルス感染症対策として、当社では全ての従業員が原則出社を自粛し、テレワーク(在宅勤務)を実施しています。 上記に伴い、会社説明会・面談・面接すべてオンラインで対応させていただきます。 ご理解・ご協力をお願い申し上げます。 キャパは、お客様のご要望に合わせソフトウェア(CAD関連/業務システム中心)を開発するBtoBの受託開発をメインビジネスとしています。 最先端技術に挑戦するベンチャー思考と大手企業に負けない福利厚生で社員をサポート! 「ベンチャーと大手のいいとこどり」それがキャパの魅力です。 ▽10秒で分かる、キャパの事業内容と特徴 ・CAD、BIM/CIM、AR/VR、IoTなど新規参入障壁が高い技術を得意としています ・CADが強みのため、クライアント企業様は製造業・建設業の比率が高いです。今後はIT化の遅れている建設業により注力する予定です ・自社でマーケティングを運営し、IT系記事が人気のオウンドメディア(https://www.capa.co.jp/blog)は月間25万PVを達成。毎月多くのお問い合わせを頂いています ・マーケティングが強いから、メイン事業であるCAD・業務システムの受託開発の一次請け比率は5-70%を誇ります。大手企業様と直接取引することで、要件定義からテストまで一貫して開発を行っています ・本社が東京で従業員数100~200名規模の受託開発ソフトウェア業企業415社のうち、CADの受託開発を行なっている企業は9社、BIMの受託開発を行なっている企業は1社しかありません。経営方針でもある「差別化で高収益」を実現し、3年連続増収増益を達成しています ★詳しくは特設リクルートサイト内、採用ピッチ資料にて公開しています。ぜひご覧ください https://recruit.capa.co.jp/information-about-the-company/
株式会社キャパ
株式会社キャパ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more