1
/
5

What we do

活発なディスカッション
社内エンジニアとの開発案件の打ち合わせ
私たちはミッションに「WakuWaku The World」を掲げています。 私たちが大事にしている“ワクワクの醸成”は、 もっと世界を変えられる、夢あふれる世界を創れる、 そう信じています。 ここで言う“ワクワク”は、“楽しい”だけのワクワクではありません。 夢を魅せたら最後、その実現に責任を持ち、挑戦し、結果を残していく。 挑戦の可能性は無限に広がり、結果を残すことによって、世界に物事を創造していく。 そして世界を“ワクワク”させていきます。 WakuWaku The Worldを体現する手段として、ボーンレックスでは現在、 新規事業立上げ支援を大企業・行政・スタートアップ・個人向けに展開しています。 企画立案から実現まで、事業を自ら立ち上げて売却する代理出産モデルや伴走型モデル等で、力強く支援していきます。 私たちのフィールドは日本国内にとどまりません。 私たちは、現在、東南アジアに支社の立ち上げをしている最中であり、 夢を持つ人達の挑戦を応援する仕事を通じて、グローバルに“ワクワク”を提供していきます。 まずは、私たちのメンバーストーリーから見る事業内容を感じてください。↓ http://www.bornrex.com/careers-interview/

Why we do

ミッションに常に立ち戻ります
ボーンレックス代表が大学時代から約7年間続けた人生について考える会。 総勢1,000人以上と話をした。 本当にやりたいことをやっている人はたったの3人。 1,000人中3人。つまり、0.3% これが現実。色々と理由をつける人たちを見て悲しくなった。 「それなら、今君が並べたその理由を僕が解消してあげるからやってみなよ」 ここから始まった。 私たちは想いを形にし、人々が挑戦できる環境をつくることで、 世界をWakuWakuさせていきます。

How we do

よく笑いよく働く!
立ちMTGで効率UP。スピード感&リズム感ある推進がモットー
「360°全力チーム」を掲げ、以下を意識しています。 ゴールに向かって皆同じ方向を向き、個の能力を最大限に発揮できる環境で、 個人では到底達成しえない成果を上げ続け、未だ見ぬ新たなステージへと進んでいきます。 1. リスペクトしあう、フラットな環境 お互いがお互いをリスペクトし合いながら、フラットに意見を言い合います。 全体を把握しながらも自分の意見を示し、チームで議論します。 時には意見の衝突もありますが、それがまたあたらしい価値を生み出します。 2. 有機的な繋がりのアメーバ的な組織 完全な縦割り組織でもなく、個々人が好き勝手している組織でもなく、 有機的に繋がった組織でありたいと思っています。 個人同士の力が足し算ではなく掛け算となり、個人では成しえないものを達成する組織を作っていきます。 3. プロ意識 スキル的なプロフェッショナルという意味だけではありません。 チームで達成すべきゴールに向けて個人個人が責任感を持って仕事にあたる、 そんな組織のプロを作りたいと思っています。 仕事中はピリッとした雰囲気となる一方で、 私たちはアットホームでリラックスできる雰囲気も大切にしており、 その二つの空気感の融合がより強固なチームを作り、新たな挑戦への一歩を後押しします。