1
/
5

TomoyaのBlinkインターン成長記

Blinkの現役インターン生である大学4年生のTomoyaにインタビューしてみたいと思います。

Blinkの長期インターンを通して実際にどのような経験をしたのか、またその経験が自身のキャリア観にどう影響し、成長することができたのかを浮き彫りにしていきましょう!

長期インターンに興味のある方やBlinkのインターンに興味を持っている方は、是非読んでみてくださいね。

大学時代に自分がどうなりたいのかを明確にする

—インターンを始めたきっかけを教えて

もともと同じ時間を過ごすなら自分の成長やスキルが身につくこと経験をしたい、と漠然と考えていましたが、大学2年生まではサークルに所属し、カフェでアルバイトをするごく普通の大学生でした。

大学では仲間にも恵まれ、アルバイトも充実していましたが、同時に心のどこかで物足りなさを感じていました。

自分が社会に出た時に通用する様な経験や、何かやりきったと言えるような経験とは何かを考えた時に、それは会社に所属し社会人と同じ業務を経験できるインターンだと考えインターンを始めました。


飛び込んだのは異国の環境

—Blinkでインターンしようと思った理由を教えて

就職活動を終え、Blinkに初めて足を踏み入れた瞬間に、外国人ばかりで英語しか聞こえてこない環境に衝撃を受けたことを覚えています。

そしてなにより日本企業と異なる外資ベンチャー企業ならではの、自分で考え行動することを推奨する文化に強く惹かれました。

前向きで挑戦的な風土と、決して得意ではない英語を使う環境の中で、その時の自分に何ができるかは分かりませんでしたが、挑戦しようと考えてBlinkに参加しました。

ーBlinkでは具体的にどんな業務をしているの?

最初の仕事は、Blinkを集客サイトに登録するマーケティングの仕事と、日中のオペレーション、夜のイベントスタッフの仕事でした。

そこからだんだんと自分のできることを増やしていき、webマーケティングの仕事に携わり、ブログの運営やスペース予約のなどを任せてもらっています。

その他にもイベント時のオペレーション作成や、イベントの企画、顧客を営業までつなげるパイプラインの作成など、制度化されていったものから、結局形にならなかったものまで含め、沢山の挑戦をさせてもらっています。

会社に必要なものは何か、社員と同じ目線で働く

ーBlinkで感じたやりがいや、成長を教えて

自分で考えて行動する力をビジネスレベルで身につけることができたと思います。

明確な業務内容が定められていないからこそ、社員と同じ目線で会社に必要なものは何か考えて行動し、お金を生みビジネスを回すことができた経験は非常に大きなものでした。

また、ビジネスの最前線を走る起業家や投資家を近くで目の当たりにし、優秀で個性あふれるコミュニティーの中に身を置くことで、自分は将来どんな社会人になりたいのか、そのためには何が必要なのかを常に考えています。

そしてBlinkで働く中で、就職活動中によく聞いた「何をするかより、誰とするか」という言葉の”誰とするか”の大切さを身をもって理解しました。同じ目標に向かう仲間が頑張っているからこそ、僕もこの会社のためにもっと頑張ろうと思いますし、全力で働くことができています。

ーBlinkで働いてみて感じたことは何だった?

Blinkの一番の特徴は社内の風通しの良さです。

自分で考えて仕事を進めていく文化や、上司になんでも進言できるといった組織の風通しの良さはもちろん、仕事終わりに六本木に飲みに行ったり、また香港から社長が来ているときには社長の家族とご飯に行くなど、社員同士の関係もとてもフラットで仲が良いです。



二つ目の特徴はBlink全体に流れる温かい雰囲気ですね。

月に一回Blink入居者さんと全体で行うイベントがあるのですが、イベントのたびにBlinkのアットホームさを感じます。初めてBlinkに来た方が

「良いところには、良い人が集まるんだね」

と言ってくださることがよくあるのですが、本当にその通りだと思います。

出勤・退勤のたびにみんながハグしてくれるのですが、照れてしまって慣れるまでには少し時間がかかりました(笑)。

ー最後に、Blinkで長期インターンを考えている学生へ向けてメッセージをください

自分で考えて働くことができる、という事は自由と裁量権があるのと同時に、仲間の信頼と仕事に対する責任をしっかりと自分に背負うことなので、大変な時間もあるかと思います。

それでもBlinkには、信頼して支えてくれる仲間と毎日刺激的でワクワクするような環境が揃っているので、思い切って様々な事に挑戦して欲しいです。

英語を活かして働きたい、もっと視野を広げたい、という方はぜひ一度Blinkに来てその空気を感じてみてください。きっとBlinkの事が大好きになるはずです!!

おわりに

TomoyaはBlinkのグローバルで自由な風土の中で、自分で考えて働くことの面白みと、経験する事でインターン前とは全く異なるキャリア観を持つことができたようですね。

そしてこのインタビューを通してBlinkでの長期インターンでの働き方と、普段では伝えきる事ができないBlinkの魅力もお伝えする事ができたのではないでしょうか?

Blinkの雰囲気がもっとよくわかる情報をこれからも発信していくので、良かったら、Blink Roppongiをフォローしてくださいね。

Blink Roppongi's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings