1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

業務プロセスにイノベーションを起こす新しいタスク管理ツール Bizer team
総務・労務・経理などの幅広い業務を まとめて管理できるバックオフィスのプラットフォーム Bizer
Bizer株式会社は、起業後まもないスタートアップ、仕事に追われる管理部門、その他いろいろな忙しいチームの生産性向上をお手伝いするサービス「Bizer」「Bizer team」を提供する会社です。 現在は、主に「Bizer team」に力を入れています。 バックオフィス部門を中心に様々なチームで導入していただいており、顧客の中には誰でも名前を知っているエンタープライズ企業での利用も増加しています。

Why we do

お客様である企業の成長を肌で感じることができるのも、BtoBビジネスの魅力。
「日本のバックオフィスを分かりやすく、かんたんに」 バックオフィスの大きな問題のひとつが、小さなことから大きなことまで、多種多様な仕事に日々追われていること。作業が属人化していて、担当者は進捗を誰かに報告する時間もなく、ひとつの作業が終わったらまた次の作業……そんな日々をくり返しています。そんな現状を変えられないか。そこからBizerの挑戦がはじまりました。 Bizer teamの誕生ストーリーもご覧ください。 https://www.pr-table.com/bizer/stories/761

How we do

「Webアプリケーションの開発?遅くまで働いていそう…」 そんなイメージはありませんか?Bizerは違います。 ■保育園のお迎えのために16:30退社!短時間で集中して働く Bizerは現在、殆どのメンバーが親という珍しいチームです。(ジョイン後、いきなり産休に入ったメンバーもいます) ある女性マネージャーは娘の保育園のお迎えのため、毎日16:30で退社する時短勤務を選びました。 ■週2日は朝3時間だけ働く!勤労学生エンジニア 社会人向けの大学に通う時短勤務のエンジニアもいます。平日夜に講義があるため、 18:30になると必ず退社します。さらに週2日は午前中3時間だけ自宅で稼働し、午後は学校の勉強のために時間を充てています。 子供がいるメンバー、大学に通うメンバー、気分転換のためにカフェに行って働くメンバー。弊社の社員たちはとてもフレキシブルな働き方を実践しています。 だからこそ短時間で密度の濃い仕事をしています。無駄な業務やだらだら仕事をなくし、メリハリをつけ、効率を重視するのがBizerの働き方です。 ■Dev Values 開発チームは4つ指針を掲げ、Dev Valuesと呼んでいます。 【言語化】 ソフトウェア開発は選択の連続です。 設計から実装、ライブラリ選定に至るまで、明確な答えのない選択の積み重ねでプロダクトは作られます。 選択の理由を言語化し、自分とチームメンバーを納得させられるかどうかを考えることで、よりよい選択ができるようになると考えています。 【心理的安全性の保証】 良い仕事と良い文化には、チームメンバーが安心して開発に取り組める土壌が必要です。 心理的な安全を保証しないまま、活発な議論や新たなアイデアの創出は望めません。 そのためには、全てのメンバーに相手を受容しようする姿勢が求められます。 馬鹿馬鹿しいアイデアを歓迎する、ミスの責任はチームで負う、分からないことは丁寧に教える、このような些事の積み重ねで、ようやく心理的な安全は作られます。 【環境のリファクタリング】 どのような環境であっても、みな多かれ少なかれ不満を抱きます。 環境を憂う前に、自分の手で改善できないか試みるべきだと考えます。 人手が足りないなら開発チームをPRする、開発フローが煩雑なら新たな方法論を生み出す、改善する手段は常にあると仮定します。 私たちが奉じるエンジニアリングとは、様々な問題を改善する営みであるはずです。 【コードを楽しむ】 ソフトウェア業界は変化の激しい世界です。 新しいものに対する好奇心がなくなれば、今日は熟練しているエンジニアでも、明日は凡庸なエンジニアになりえます。 土日に一銭にもならないコードを喜んで書く人達が当たり前にいる世界です。 常に好奇心を持ち続け、技術に感動できる感性を持ち続けることが、エンジニアに必須のマインドだと考えています。