Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

ここには世界を変えるエンジニア達がたくさんいます。
そんな彼らに、アナタの言葉を伝えてみませんか?
日本企業に対し、バングラデシュ人のITエンジニアを派遣・紹介しています。 さらにIT教育にも取り組み、バングラデシュで大学、短大、専門学校などの教育機関を運営するダフォディルグループと合弁で、現地に会社を設立。ITエンジニア養成スクールを開講しています。有能なITエンジニアを大量養成するプロジェクトとして力を注いでいます。 バングラデシュへIT人材派遣を行う企業は他にもありますが、当社はダフォディルグループが抱える1万人以上の生徒データベースから、企業様毎に最適な人材をマッチングさせているため、人材の質が圧倒的に高いのが特徴です。 要望に応じて、バングラデシュ人エンジニアに日本語を習得させたのち、日本で就業してもらうことにも対応可能。クライアントとなる企業様の要望に沿った人材のアレンジを柔軟に応えています。 http://www.banglait.biz/ その他、バングラデシュで行なうオフショア開発サービスも展開しています。低コスト、高品質で、スピーディーな納品を心がけ、アプリ開発、ウェブサイト開発などの実績を重ねています。

Why we do

バングラデシュ最大の教育機関が完全バックアップ。
生徒たちの夢、アナタが叶えてあげてください。
バングラデシュは、次世代のIT開発中心地と言われています。 インドと同等の理系的能力・英語力を持ち、人口もアジア4位の1億6000万人を持ちながら、これまでの経済発展の遅れから注目を薄めていたバングラデシュ。欧米では既に多くの企業がバングラデシュのITスキルに着目しています。 そんなバングラデシュのITマーケットを日本に伝え、日本のIT産業が世界に出遅れないよう支援すべく、私たちは2011年より企業活動を開始しました。 2013年には、バングラデシュの教育兼就職支援会社として、ダフォディルジャパンITを設立。そこでは、マネジメントチームに元Google Japan代表取締役社長の村上憲郎氏、元IBM Japan理事の木崎重雄氏、そしてその他アドバイザリーチームとして日本のIT産業の様々なプロフェッショナルを迎え入れ、盤石の体制を確立しています。 さらに、現地パートナーとして、バングラデシュのIT教育における最大手機関であるダフォディルグループ とタッグを組み、日本のIT産業を人材面、開発面でフルサポートをする体制を構築。 バングラデシュと日本の架け橋となり、両国にとってwin-winの関係が築けるよう、努力していきます。

How we do

オフィスもとっても綺麗です。
お祝いごとがあれば社内でも花火やっちゃいます。
当社には、営業を行なう「セールスマーケティング」、専門知識をもとにバングラデシュとの連携をはかる「エンジニア」、「日本語講師」が在籍し、それぞれ仕事に取り組んでいます。 いずれの職種においても、Skypeミーティングなどを通じて、現地スタッフや現地エンジニアとの情報共有に努め、日常的に英語を用いて仕事を行なっています。そのため、誰でも自然と英語力が身に付きます。 スタッフにとって、アジア4位の巨大国家バングラデシュが成長する姿を肌で感じながら、名立たる日系ベンチャー企業の経営者と直接会い、提案する機会が得られることが、何よりのモチベーション。日々、やりがいを感じて、仕事に向き合っています。