1
/
5

What we do

リアルの風景映像。カナダのバンフ国立公園にあるペイト湖 。その他、1,200本以上の風景映像から選択できます。映し出された映像を見て「実際にこの場所を訪れてみたい」と思ってもらえたらいいな、という願いもあり、撮影した場所の地図も表示しています。
オリジナルCG、2060年の京都をイメージした「新京都」。代表の姜が『ブレードランナー』『AKIRA』などのSF映画や、『サイバーパンク2077』などのSFゲームのファンであり、これらの作品から強い影響を受けて実現した近未来の世界。1年かけて制作、2022年6月リリース。
世界とつながる窓、Atmoph Window 2の製造、開発を行っています。 世界各国の風景を窓を通して眺めることで、まるで部屋から旅行をしている気分になることができます。 【事業内容】 Atmoph Window 2の製造(ハードウェア)、製品内部のシステム開発(ソフトウェア)、そして販売までを一括して行っています。製品内で見ることができる風景も全て自社で撮影・編集をしており、撮影した風景は3,000本以上、そのうち約1,200本を本日までにリリースしています。 【Atmoph Window 2 の歩み】 2019年に日米のクラウドファンディングで「Atmoph Window 2」を発表、1億円の支援を世界中から達成しました。2020年には、ウォルト ・ディズニー・ジャパン株式会社とライセンス契約し、Atmoph Window 2 | Disney、次いでAtmoph Window 2 | Star Warsの製造・販売を開始しました。2021年には、新しく株式会社コジマプロダクションの監修のもと、Atmoph Window 2 | DEATH STRANDINGの製造・販売も開始しています。 世界各国の風景だけではなく、CGにも一層力を入れています。リアルでは見ることができない宇宙や恐竜時代や未来都市、そしてメタバースや新しいエンターテインメントなど、様々な「世界」につながる窓として急成長中です。 【Atmophのメンバー】2022.09 時点 役員 3名 正社員 13名 パート・アルバイト・インターン 8名 業務委託 7名

Why we do

世界中のカメラマンと契約し撮影を依頼。窓から見える風景を忠実に再現するため「定点撮影」が強いこだわりです。簡単そうに見えるかもしれませんが、大きな音や目の前を遮るモノが入るとやり直し。結構大変なんです。
そんなカメラマンさんのおかげで、海、山、都市、夕暮れ、春、動物など、Atmoph Windowから現在1,200本以上の風景を選ぶことが出来ます。または社内のモーションデザイナーが作り出すCGの世界も。Disney、Star Wars、DEATH STRANDINGなど、リアルもバーチャルも気分に合わせてお楽しみいただけます。
「日々を、冒険にする。」 創業のきっかけは、15年前。CEOの姜(かん)はアメリカ留学時代、慣れない環境にストレスを抱えていました。窓からはすぐ隣のビルしか見えない、アパートの閉塞感が一層ストレスを大きくしている気がしました。パソコンのデスクトップを南国のビーチの写真にしたり、TVに風景DVDを流してみたりしたけれど、どれも何か違う。 「もし、窓からの風景を変えることができたら。」 行ったことがない国、その風景が生まれた文化や歴史、そこに住む人に思いを馳せたり、その景色を見ながら話がはずんだり、ひとりの人間の世界をちょっとずつ広げられる。 そうして、一人一人の毎日をまるで冒険のようにワクワクするものにしたい。これがアトモフの願いです。 ユーザーからは、「新型コロナウィルスの影響で海外旅行できない不満が解消できた」「家にいる時間が長くなったが気分に合わせて風景が変えられて癒された」などの声も届いており、人々の心の支えにもなれる製品、サービス、コミュニケーションを届けていきます。 【Atmoph Window 2に込められた想い】 ▼「いらない、もうある、まだそこ」--アトモフ姜氏が「スマート窓」で覆した3つの言葉 https://japan.cnet.com/article/35167498/ ▼未来の窓でSFを実現——風景のNetflixを目指すアトモフ https://fabcross.jp/interview/20190425_atmoph.html ▼元任天堂の2人が発明したどこでも窓「Atmoph Window」--日常をSFの世界に変える https://japan.cnet.com/article/35137145/ ▼“どこでも窓” から、未来をひらく https://nature-and-science.jp/atmoph/#page-1

How we do

リモートワークの社員が多い為、毎週(月)は全体Mtgで進捗共有や最新トピックなどを話し合ったりしています。いつも内容てんこ盛り、1時間たっぷりやります。
2022年5月末、京都でAtmoph Partyを開催。正社員、アルバイト、学生インターン、業務委託パートナー、全ての方に声をかけて全国各地から大集合!
アトモフの働き方は、一緒に働くメンバーが楽しくまた全力で仕事にチャレンジできるような体制を整えています。 【リモート体制】 現在、多くの社員はリモートワークをしています。茨城、東京、横浜、愛知、石川、京都、大阪、福岡など日本各地のメンバーが一緒に仕事をしています。リモートワーク手当もあります。 【京都のオフィス】 オフィスは京都市内にあり、オフィスでの業務が必要なポジションの人は出社しています。例えば、ハードウェア開発、映像編集、製品の海外出荷、など。それ以外の人も、状況や気分に合わせて自由に出社しています。 【家で過ごす時間をもっと上質に】 「仕事以外の時間も大切にして、好きなことを楽しんで欲しい」という想いから、残業はほぼありません。年間平均でなんと月2時間!繁忙期でも月10時間程度です。 【メンバーの旅を応援】 メンバーの実際の旅を後押しするため「アドベンチャー支援制度」を設けています。旅行の際には、年次有給休暇とは別に有給休暇と支援金が支給されます。体験と広い世界につながる感覚をシェアし、仕事に活かす好循環を生んでいます。