1
/
5

What we do

窓本来が持つ楽しさを凝縮させた未来の窓です
世界の風景を楽しみ、世界を知るサービス
窓からの景色を通じて、世界をもっと身近にするAtmoph Windowをつくっています。壁にかけるだけで、世界の風景が動きと音で広がる、そんな夢のような製品です。 2019年に日米のクラウドファンディングで「Atmoph Window 2」を発表、1億円の支援を世界中からいただき、出荷を実現しました。 2020年には、Disney映画の世界の風景シーンをCGで再現する取り組みや、環境に優しい廃材を用いたモデルでMakuakeのTVCMに登場するなど、どんどん新しい取り組みを続けています。 2020年は世界で歴史的な年となってしまいましたが、「新型コロナウィルスの影響で海外旅行できない不満が解消できた」「家にいる時間が長くなったが気分に合わせて風景が変えられて癒された」など、人々の心の支えにもなれる製品、サービス、コミュニケーションを届けていきます。 現在、撮影した風景は3,000本以上、そのうち約1,000本をリリースしており、毎日気分に合わせた風景をいつもの部屋から楽しむことができます。

Why we do

オフィスは京都にありますが、今は基本リモートワークで海外からも
世界中の風景を撮影し、丁寧に編集し、最高の製品とサービスで届ける努力をしています。
「日々を、冒険にする。」 創業のきっかけは15年前に遡ります。CEO姜はアメリカ留学時代、慣れない環境にストレスを抱えていました。窓からはすぐ隣のビルしか見えない、アパートの閉塞感が一層ストレスを大きくしている気がしました。 もし、毎日暮らす家やオフィス、お店で、窓からいろんな風景を眺められたら。 行ったことがない国、その風景が生まれた文化や歴史、そこに住む人に思いを馳せたり、その景色を見ながら話がはずんだり、ひとりの人間の世界をちょっとずつ広げられる。 そうして、一人一人の毎日をまるで冒険のようにワクワクするものにしたい。これがアトモフの願いです。 窓の外にはアラジンの景色--スマート窓「Atmoph Window 2」がディズニーとコラボ https://japan.cnet.com/article/35159789/ 元任天堂の2人が発明した“どこでも窓”「Atmoph Window」--日常をSFの世界に変える https://japan.cnet.com/article/35137145/ 未来の窓でSFを実現——風景のNetflixを目指すアトモフ https://fabcross.jp/interview/20190425_atmoph.html “どこでも窓” から、未来をひらく https://nature-and-science.jp/atmoph/#page-1

How we do

多機能でありながら、自然な窓であるため、細部までこだわっています
風景映像は全てオリジナル。窓の風景として最も美しく見えるように1本ずつ編集しています。
アトモフの働き方はAtmoph Windowのコンセプトを元にしています。 「家で過ごす時間をもっと上質に」 ワークライフバランスを大事にしていて、残業はほぼありません。 「新しい旅が始まる窓」 チームメンバーの実際の旅を後押しするため「アドベンチャー支援制度」を設けました!体験と広い世界につながる感覚をシェアし、仕事に活かす好循環を生んでいます。