1
/
5

【社員インタビュー】パーソナルトレーナーからコンサルタントへの転職。「社会的にインパクトのある仕事を!」

こんにちは。

アニスピホールディングス採用担当の奥田です。

トップ写真に思わず目を奪われた方もいらっしゃるのではないでしょうか…。今回はこの肉体美を持つ、パートナーサクセス部の課長である29歳の社員にインタビュー!(※トップ写真同じ人です!)

前職はなんと、CMでも度々見かけるRIZ●P勤務という異色のキャリアの持ち主です。サッカー少年だったスポーツマンの彼が、なぜアニスピに入社したのか、どのような想いを持って働いているのかなどを、たっぷりと聞いてみました!!

前職はあの…

約7年間、RIZAPで働いていました。小中高はずっとサッカーをやっていて、プロを目指した時期もあったくらい打ち込んでいましたね。そこから、運動を通じて誰かの為に何かサポートできる仕事はないかと考えるようになり、「マンツーマンで寄り添って、体、人生を変えていく」という求人をみてこれだ!と。パーソナルトレーナーから始まり店長、SV、店長・SV教育担当まで経験しました。

なぜ転職を?

今まで転職経験がなかったので、いざ会社から出た時に自分がどれだけ社会で通用するのか分からない状態でした。そこから、他社を経験してみたくなったんです。より社会的にインパクトのある仕事をしたくなった、という思いもありました。

入社の決め手は…

ちょうど転職を考えたタイミングでヘッドハンターから紹介してもらったのがアニスピでした。自分の転職の軸と一致していたことはもちろん、社会問題を解決できる事業ということや、裁量権が与えられる、事業の責任者にチャレンジできるという点にも魅力を感じ、入社を決意しました。スピード感を持って成長できる環境なのではないかという印象も強く感じました。

現在はどのようなお仕事を?

ワーカウト事業においてSV(スーパーバイザー)、企業様の成功に向けてのコンサルを行っています。課長としては、他のSVメンバーのマネジメント・教育も担っています。その他にも、様々な新規プロジェクトにも関わらせてもらっています。

ワーカウト事業とは

簡単に説明すると、生活介護プラス運動ができる障がい者の方のデイサービス事業です。通常のデイサービスは中度~重度の利用者さんの身のまわりの介助(生活介護)ですが、そこにプラスで運動療法を取り入れています。中度~重度の方の場合、運動は難しいとも言われており、障がい者の方が運動する場所がなかなかないという課題があったので、そこを解決すべく立ち上げた事業です。

やりがいを感じる瞬間

オーナー様が事業所を開設されて喜ばれている瞬間や、通われている利用者の方たちの笑顔、親御さんや事業所からの嬉しいエピソード共有などを受けるたびに、心から良かったと感じていますし、それが大きなやりがいです。事業所を訪問した時にも、利用者さんの笑顔、コミュニケーション、運動による動きの変化など、内面的にも外見的にも大きな変化を感じることが多々あります。それってすごいことだなって。そういう変化を生み出す環境をつくることに携われるって、他ではなかなかできないし、とても大きなやりがいを感じられる瞬間だと感じています。

一緒に働く仲間に求めること

主体的に動ける人。例えば、人の喜んでいる姿を自分ごとのように喜べる人だったり、本当の意味で相手のことを考えて動ける人。社内のメンバーも、相手のことをよく考えられる人や、相手をおもいやることが自然とできる人たちが、やっぱり活躍しているなと。自分で考えて行動に移せるってすごく大事なことですよね。

チャレンジしていきたい

まずは、今の事業をもっと拡大していくことです。全国に広げていき、障がい者の方たちの選択肢を増やしていきたいと考えています。また、新規プロジェクトや企画や提案をする機会にも恵まれている会社なので、いいものがあればどんどんチャレンジしてやっていきたいと思っています!


インタビュー中は終始朗らかな笑顔を見せつつ、仕事の話になると途端にシュッとした目つきになり、熱い想いを聞かせてくれました。若くして課長を任されているだけあり、仕事に対しても、周りの人に対しても責任感を持ち、日々取り組んでいる様子がとっても印象的でした!

そんな熱いハートを持つ仲間を、アニスピでは募集しています。

ご興味がある方はぜひ一度オフィスに遊びにきてくださいね!


福祉事業コーディネーター
ペット共生型グループホームのコーディネーター!人間も動物もハッピーに!!
株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決にホールディングス一丸となって取り組んでいます。 2018年8月よりスタートした日本初(※)のペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。これまでのオープン累計は、256法人・511拠点となりました。(2021年4月1日付)※自社調べ 2021年3月には、日本マーケティングリサーチ機構の調査において「障がい者グループホーム開設拠点数」、「障がい者グループホーム毎月の新規開設数」の二部門でNo.1を取得しました。 事業内容: [本社事業] ・ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」事業 ・運動療法メインの障がい者生活介護「ワーカウト」事業 ・100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業 ・ペットホテル&愛犬のための介護・看護施設「Doggy’s Home」事業 ・障がい事業者向け通販「ふくすけ」事業 ・障害福祉事業者専用 厚生労働省発表Q&A サイト運営事業 ・サービス管理責任者職能団体として質の向上を支援する「一般社団法人サービス管理責任者協会」事務局 [子会社事業] ・障がい領域の運営管理・請求システム「しょ~あっぷ」の開発・販売(株式会社キュワンシステム) ・空き家物件を始めとする物件提供・土地活用を事業(株式会社空き家活用研究所) ・マイノリティのためのお役立ち情報&コミュニティを提供(株式会社アイデアル) ・障がい・保育・看護・介護に特化した人材サービス(スターメッド株式会社)
株式会社アニスピホールディングス


福祉事業関連
メンバーは全員動物好き!日々成長を続ける会社で一緒に働く仲間を募集します!
株式会社アニスピホールディングスは 2016年に設立、「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、社会問題を事業で解決する「ISSUE DRIVEN COMPANY(イシュードリブンカンパニー)」として、「障がい者グループホームの不足」、「空き家問題」、「ペット殺処分問題」の解決にホールディングス一丸となって取り組んでいます。 2018年8月よりスタートした日本初(※)のペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者グループホームと異なり、保護犬や保護猫の引き取りを推奨し、動物との共生環境を整えています。これまでのオープン累計は、256法人・511拠点となりました。(2021年4月1日付)※自社調べ 2021年3月には、日本マーケティングリサーチ機構の調査において「障がい者グループホーム開設拠点数」、「障がい者グループホーム毎月の新規開設数」の二部門でNo.1を取得しました。 事業内容: [本社事業] ・ペット共生型障がい者グループホーム「わおん」「にゃおん」事業 ・運動療法メインの障がい者生活介護「ワーカウト」事業 ・100%動物看護師によるペットシッターサービス「ケアペッツ」事業 ・ペットホテル&愛犬のための介護・看護施設「Doggy’s Home」事業 ・障がい事業者向け通販「ふくすけ」事業 ・障害福祉事業者専用 厚生労働省発表Q&A サイト運営事業 ・サービス管理責任者職能団体として質の向上を支援する「一般社団法人サービス管理責任者協会」事務局 [子会社事業] ・障がい領域の運営管理・請求システム「しょ~あっぷ」の開発・販売(株式会社キュワンシステム) ・空き家物件を始めとする物件提供・土地活用を事業(株式会社空き家活用研究所) ・マイノリティのためのお役立ち情報&コミュニティを提供(株式会社アイデアル) ・障がい・保育・看護・介護に特化した人材サービス(スターメッド株式会社)
株式会社アニスピホールディングス
株式会社アニスピホールディングス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more