Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

NHKや東大・京大などの各業界のトップランナーに技術を提供したり、セミナーを提供したりしています。パートナー企業で開催しているセミナーでは参加者の90%を超える方から高い満足を頂いています。
Web分野において、近年最も売れた書籍を出版するなど高い技術力と高度なノウハウを有しております。本当に価値のある知識・技術を身につけるには最適な環境です。
当社は、この7月に7期目に入るベンチャー企業です。 創業からの6年間を毎年200%以上という非常に早いスピードで成長し続けてきた中で、7期目を目前に、東証一部上場企業はもちろん、NHKや東大・京大などの各業界のトップランナーに技術を提供するなど、様々なノウハウを蓄積し、サービスも形が定まってきた中で、より成長速度を速め、業界のスタンダードを目指す準備が整った段階に到達しました。 そこで、7期目からを第2の創業期ととらえ、業界No.1を目指し様々な投資を行っています。 その1つとして、一緒にサービスをより洗練し、業界を変えていく志の高いWebセールスコンサルタントを募集します。 大企業では味わえないしがらみのない環境で新サービスを創っていく経験を、6期にわたる蓄積があるからこそ実現できる安定した環境で経験したい人、自分と会社の成長にコミットしながら腰を据えて様々なものに挑戦したい人、良い人は時期、人数の制限なく採用していきますので、どんどんご連絡下さい! ■圧倒的な商品力が自慢です 当社の1番の自慢は、商品力です。 Webサイトへの集客(SEO)の分野で最も売れた書籍や同業社の教科書として利用される書籍を出版している当社は、多くの同業社にコンサルティングしたり技術提供を行ったりするなど、業界内でも突出したノウハウと技術力を有しています。 また、NHKが制作するゼロから作成するものでは日本最大級のサイトにおいて集客やシステムを監修したり、東大や京大に技術提供をしたりするなど、その技術力はベンチャー企業の域を超え非常に高い評価を受けています。 この高い技術力とノウハウを活かし、これまで安くて良いサービスが少なく、また、専門知識がないとサービスの良し悪しがわからないため、お客様のためにならないビジネスモデルが主流になってしまっているものの、日本の法人の99.7%を占め、日本の基盤となるのはもちろん、マーケットとしても非常に大きい中小企業へ、「高品質」で「誰でも利用できる価格」のサービスを提供し、市場のデファクトスタンダードを作る挑戦をしています。 直近の7期だけでも、これまでに蓄積した圧倒的なビッグデータを利用した業界初のAIの開発や、最適なUIを追及した大規模改修などを予定しており、このように留まることなくサービスを進化・改善し続けていくことで、商品の優位性はこれからもより大きなものになり現在も進めている様々な企業とのアライアンスや技術提供も加速していくでしょう。 その商品の進化の中で、お客様をゼロから開拓したりアライアンス先と協力したりするなど、様々な形でより多くのお客様に喜ばれ利用される関係を追及していくのが、今回募集するセールスコンサルタントに期待することです。 ■数値や方法論に裏打ちされた教育体制と高い報酬体系 また、当社はベンチャー企業には珍しくしっかりとした教育体制により、Webに関係のない分野からの人々も活躍できる仕組みを持っています。 特にWebセールスコンサルタントのメンバーにはWeb業界はおろかIT業界の経験者は1人もおらず、全く異業種から転職して来ていることからもわかるように、当社には業界の知見を身につけ活躍できる体制が整っているのです。 例えば、Webセールスコンサルタント部門を統括する山田は複数のベンチャー企業の営業部隊を組織し率いてきた豊富な経験を有し、あなたに科学的手法によって安定して高い成果を出せる方法を教えてくれるでしょう。 挑戦はあなたを成長させ、あなたのビジネスマンとしての価値を大きく高めますが、当社は、挑戦することが決して楽なことではないことも知っています。 ですから、挑戦を行うメンバーを支援するために、当社は成果に応じた報酬形態を採用し平均して前給の1.5倍の給料が得られるようにしています。もちろん、入社すれば全員が1.5倍になるわけではありませんが、挑戦を続け弛まぬ努力を続けられる人の多くは1.5倍の給料が実現されるでしょう。 また、高い成果報酬を採用している会社には珍しく十分な額の固定給も用意し、メンバーが安定した生活を実現できるようにもしています。 その結果、2018年の1月に漁業関係の企業から当社に転職してきたメンバーは、転職半年を待たずに活躍できるようになり、1年を待たず前給を大きく超え、3年ほどで前給の2.5倍ほどの給料を実現できる成果を上げ続けています。 また、美容師からの転職で営業の経験すらなかったメンバーも、1年ほどでしっかり活躍できるようになり、安定して成績を出せるようになってきています。 しっかりとした教育体制があり、高い報酬を実現できる環境で、腰を据えてチャレンジしてみませんか?

Why we do

サービスを活用するクライアントさんとはWin-Winの関係で、クライアントさんたちの事業成長に大きく寄与しています。高い満足度から他者にオススメいただく機会が多く、紹介が活発です。
当社代表がAERAの連続インタビューに応えた際の記事。当社は、情報格差をなくしWeb業界が本当に役立つ業界になるよう、様々な面で定期的な情報発信を続けています。
■粗悪サービスの横行により、多数の企業の活動が阻害されている 現在は、9割を超える企業がコーポレートサイトを開設し、仕事上で周囲とコミュニケーションをとる主な手段としては、98%を超える企業がメールと回答しているように、中小企業や個人事業主にとっても、コーポレートサイトやメールは、名刺やパンフレットと同じぐらい浸透し、企業活動に必要不可欠なものとなっています。 特に、日本の法人の99.7%とほぼ全てを占める中小企業にとって、顧客の獲得は大きな課題となりますが、その手段は資金面の制約から限られています。資金力がないので、テレビや新聞、交通広告などの大きな費用がかかる既存の広告手段は利用することができず、成功するためには、Webを上手に利用することが重要になります。 しかし、Webサイトの制作サービスは様々なサービスがあり、非常にわかりにくく、中にはリース契約によって長期間契約を縛り、高額な運営費用を請求され続け、契約を解除しようとすると非常に高額な違約金を請求されたり、安価な初期費用で始めると何かする毎に追加費用が必要になり、高額な運営費用を払い続け運営自体が困難になってしまったりと困っている企業も多く、結果、日本を支える中小企業や、日本に競争力をもたらす新しいスタートアップの企業が、なかなか発展していけない状態になってしまっています。 ■日本を基盤から支える大きな意義 創業から一定期間、当社は独自の方法論と技術力を活かし、日本有数の企業にコンサルティングや技術提供をしたり、セミナーを提供したりすることを事業の柱としていました。それは、ノウハウや技術の提供先を限定した方が効率よく利益を上げられるのはもちろん、Webサービスではサービス提供者と利用者の情報格差が大きく、Web専門の人員がいない中小企業では「良いもの」であってもなかなか浸透させるのが難しいことを理解していたからです。 しかし、セミナーを開く度に寄せられるコメントや、当社への様々な問い合わせに接する中で、日本を支える中小企業が直面する状況を改めて実感し、私たちは、0.3%の大企業ではなく99.7%の中小企業を助けるビジネスをすることに決めたのです。 その決断は、茨の道を歩むことを意味していました。 良いサービスを提供するためには技術開発が必要で、それには大きなコストがかかります。しかし、情報格差が大きいため、お客様となる中小企業のほとんどの方には「良さ」が伝わらず、開発や維持コストによって生じる販売価格の上昇の方が問題になってしまうのです。 そのような時期を地道に乗り越えてくることで、現在、当社の「のれん」も高まり、また、サービス自体も非常に向上したことで「良さ」が伝わるようになってきているとともに、販売数が多くなってきたことで、開発コストを多数のお客様に配賦することで販売価格も業界最低水準にでき、同種のサービスとしては非常に高い販売数を実現できるようになってきています。 ■Webサービスのデファクトスタンダードとなる Webサイトで当社が追求しているのは、集客だけではありません。 安心した利用に必須のセキュリティに関しても、東京大学の原子力系研究室が利用していることからもわかるように高い水準を実現しており、その根底には、日本のIT企業のメインプレイヤーの1つであるGMOグループが提供するマイナンバー認証サービスのクラウド型接続システムを開発提供もしている当社の技術力があります。 各種機能やツールは、現在もNHKをはじめ日本有数の企業に技術提供をする中で、使いやすく高機能な機能やツールを追加し続けており、多くのお客様の多彩なニーズを満たせるようにしています。 また、ハードの部分に限定されず、それを支えるサポート部門や制作部門などを強化していくことで、低価格帯サービスでは実現できないきめ細かなサービスの実現にも挑戦を始めています。 日本の企業の99.7%は中小企業であり、そこにまだ良いサービスがないということは、裏を返せば、非常に大きなチャンスがあるということです。 情報格差が大きく、良いものでもなかなか伝えるのが難しい。そんな市場だからこそ、そこでデファクトスタンダードとなることから得られる安定的な利益は計り知れません。当社はこの6年間の挑戦で、デファクトスタンダードをとるまでもう少し、そんな所まで迫ってこられました。ここを越える挑戦はとても大きなものになりますが、それを越えられたとき、そこには大きな意義と、それによって得られる大きな成果が待っているのです。 だからこそ、ここを一緒に乗り越える経験は、あなたに他の企業では味わえない大きな経験と成長、そして高い報酬をもたらすのです。

How we do

世界最大のハブ駅である新宿にあるパークタワー(画像左端のビル)は、新宿の中でも特に高層階のある超高層ビルの1つです。
同居するホテル、パークハイアットの高品質なサービスを利用できるのはもちろん、パークビルが提供する無料の共有スペースなども充実しているので、気分に合わせて様々な働き方ができます。
■毎年200%以上の成長を続けてきたからこそ実現できる環境 頑張るメンバーが皆、目標を達成できるように、当社は投資を惜しみません。 その一例として、当社は7期目に入る7月から、乗降客数が世界最多としてギネス記録にも認定され、毎日横浜市の人口に匹敵する人々が乗降する世界最大のハブ駅である新宿にあり、世界の一流ビジネスマンが来日した際に利用する日本のトップクラスのホテル、パークハイアットが入る新宿パークタワーの30階に拠点を移すことにしました。 近隣に取引企業が多くあるだけでなく、交通の便の良さから、商談などのために要する移動コストを下げ仕事の効率を最大化できるのはもちろん、世界の一流ビジネスマンが利用するパークハイアットと同じパークタワーに拠点を置くということは、世界の企業とも競争していける環境が実現されるということでもあります。 また、都内では、渋谷マークシティや赤坂アークヒルズなどを含む40拠点弱、国内では横浜ランドマークタワーやあべのハルカス、JPタワー名古屋などの各地の環境の良い施設や、羽田空港や関西国際空港などを含む120拠点強、世界に120カ国3,000拠点もある提携企業のオフィスのビジネスラウンジも自由に利用できるので、これから事業を拡大していく中で、各メンバーが日本だけでなく世界でも活躍していける、非常に強力な環境インフラが実現します。 ベンチャー企業だからこそできる劇的なチャレンジを、毎年200%以上の成長を続けてきた7期目の当社だからこそ用意できる上場企業にも負けない最高の環境で実行したい方、ぜひ1度ご連絡ください! ■本質を追求できる非常に珍しい自由な環境 当社は、急成長しているベンチャーには珍しく、金融機関からの借り入れもVCなどからの出資も全く受けずにここまで成長を実現してきました。 成功しているベンチャー企業と言えば、○○億円の出資を受けたなどのニュースで見かける企業を思い浮かべませんか。 しかし、大規模金融緩和が行われゼロ金利が続きお金が余っている現在では、銀行やVCは出資先を探しており、少しでも可能性がありそうな企業にはどんどん出資の話が舞い込みます。そのため、出資を受けるよりも、受けたことで失う自由の方が、非常に大きな問題だと、私たちは思っています。と言うのも、出資をした企業は、より早くより大きく利益を上げるために、目先の利益を追求させ、より早い上場や事業売却を推し進めようとするからです。 このような方針は、利益だけを追求し、社会的意義より効率的な運営を求める企業にとっては大して問題になりませんが、当社のように、既存の業界の価値観を壊し、お客様にとって最善の業界を実現することを目指す企業にとっては大きな足枷になります。 例えば、当社は2018年の2月に、当時、SEO(Webサイトへの集客方法の1つ)の分野で最も売れていた書籍を、大きな費用をかけて全てWebページ化し無料公開しました。 https://andvalue.co.jp/release/service/seowriting.html この決断は、まだまだ売れ続けている書籍の印税を失うだけでなく、情報格差をなくし業界を変えることを目指す私たちは、いつでもアクセスでき高い検索性を実現する方法にこだわりWebページとして公開する決断をしたので、300ページを超える書籍をWebページ化する非常に大きなコストを伴うものとなりました。 そのため、もし目先の利益や効率化を求める外部の債権者や出資者がいたら実行は難しかったでしょう。 しかし、当社は借り入れや出資などを受けていないから、会社の理念に基づき、混沌とし、多くの方を幸せにしていないWeb業界を改革する目標のために、正しい知識の普及を目指し無料公開を決断し、それを実行できたのです。 当社は、安易な借り入れや出資の提案を受け入れないことが、自由に本質を追求し続けるために非常に大切だと知っているからこそ、覚悟して現在の選択を取り続けてきたのです。 本当にやりたいこと、やるべきことを追求しそれを誰にも邪魔されず実行できる、そんな環境が当社にはあります。 これはステークホルダーが多い大企業はもちろん、さまざまな資金調達を行い急成長をとげている多くのベンチャー企業ではなかなか難しい、非常に恵まれた環境であり、その中でこそ仕事へのやりがいと大きな成長が実現します。 目先の利益や効率化だけに振り回されないで済むからこそ、業界を変革する大きな仕事ができるのだと私たちは考えています。その長い道のりも、やっとゴールが見えるところまで来つつあります。そのゴールを達成する、最もチャレンジングで最も楽しい経験を一緒にしたい方、ぜひ、ご連絡下さい!