1
/
5

【社員インタビュー】「成長フェーズで0→1を創りたい」IPO準備のコアメンバーが語る法務の面白さ

こんにちは!広報・採用担当の藤本優香です😊💓

今回は、Webマーケティング業界未経験で入社し、現在法務として活躍する砂押さんのインタビューをお届けします。

法務畑でずっとキャリアを積まれてきた砂押さん。

なぜADrimを選んだのか、赤裸々に話していただきました!


【プロフィール】

名前:砂押 邦幸

所属:法務部


レールを1から敷いていくのが、アドリムにおける法務の面白さ

ーこれまでのご経歴を教えてください!

ADrimに入る前は人材業界、ゲーム業界、美容業界、広告業界と様々な業界を渡り歩いていました。

最初の人材業界では、主に法務として働いていました。

法務はトラブルを解決する役割を持っていて、例えば、派遣社員が問題を起こした際の対応や労災周り、契約先との揉め事の対応など対応業務は多岐に渡ります。揉め事は解決できたら乗り越えられた達成感が得られるので、嫌いではなかったですよ!(笑)

次にゲーム業界に移りました。ここは上場企業のグループ会社でした。

ここでは法務全般を4年ほど経験させてもらいました。訴訟等の対応も行いましたが、結果として中国のゲーム会社に買収されてしまったため、美容業界に移ることとなります。

ここではトラブルが頻発していたので、店舗のクレーム対応はもちろんのこと、法務的な店舗教育、ルールを敷いたり、契約書の整備なども務めていました。

その後は、広告業界に転職し再度法務を担当しました。

広告業界では日々様々な企業様と契約案件が発生するため、その度に契約書の確認作業が求められます。

そこからさらにゲーム業界へ戻ることとなり法務を3年半務めましたが、制約が多く、とにかく社長の確認がモノをいう環境でした…。今振り返ってみると、直近2つの業界は予めレールが敷かれていた分、業務範囲が限られていましたね。


ー様々な業界を経験されたんですね...! ADrimに出会ったきっかけは何でしたか?

制約が多い日々の仕事の中で、もっと働きやすい環境を求めて転職を考えていたんです。

一応探す基準としては、過去の経験を活かしたかったので類似する業界に絞っていました。

そういった中でADrimの存在を知り、事業拡大していることや成長ステージにいること、社員一人一人に対する裁量権が大きく戦略的な案件を動かせることに強く関心を惹かれましたね!

あとはIPOは過去の業界でもあったことはあったのですが、整備段階で頓挫してしまったため、きちんと経験しておきたいと思ったのも理由の一つです。


ー現在はどのようなお仕事をされていますか?

現在も法務を担当しています!具体的には、契約書の確認や取引先のコンプライアンスチェック、ホームページの利用規約などの整備、広告審査などです。

また、並行して株主総会や取締役会にも参加しています!


「0→1で創造する楽しさ」

ー入社後にギャップはありましたか?

そうですね、良い意味で何もなかったことかなと思いますね。

本当にまっさらな状態だったので、一からレールを組み立てていく楽しさを味わうことができました。

あとは、もう一つ良い意味のギャップで言うと、ADrimでは様々な業界の方と関わる機会があるので幅広く学べると感じました。

やっぱり一つの業界しか知らないと対応できる範囲も限られてしまいますし、業界ごとに関連する法律もあるので、こだわりの業界を決めないことも成長の一つの手だと思います🏃‍♂️


ー0からのスタートだった分、初めはやはり苦労されたのでしょうか?

一番苦労したのは、“どうやって構築していくか”という部分でした。

ただ、予めルールが敷かれていたらそこに乗っかるだけなので、

“何も無い”=“どう改善するか”、“どこにリスクがあるのか”という根本的なところから

携わることができて良い経験になりましたね✨


ー砂押さんが働く上で一番大切にされていることはなんですか?

何においても”確認”を徹底することです!

法務は確認が一番重要な業務なので、常に「法律と適合しているか」「リスクはないか」というところに重点を置いています。


ー今後の展望を教えてください!

法務としての事務作業は今後も継続していきますが、せっかくADrimにいるので、
未経験の業務にもチャレンジしてみたいですね🔥

また、上場後の話にはなってしまいますが、様々な企業への投資やM&Aにも法務的に携わってみたいです。

M&Aに関してはそれぞれ特化している分野があると思うので、適合するかどうか見極めが必要なところではありますが、事業拡大をより狙えるのではないかと考えています。


ーどんな部下に入社してほしいですか?

自ら調べることを大事にしている方と働きたいです!

自分も2社目にして初めて法務を担当した際に感じたのですが、自分なりの答えを出した上でそれをベースにして質問すると相手も相談に乗りやすいですし、振り返りという意味で自分の成長にも繋がると思います。


ー最後に、就職活動をしている方へメッセージをお願いします。

転職についてお話しすると、未経験の業界に足を踏み入れるのはきっとハードルが高いと思います。

でも、事前に知識を学んでおくのはマストではないですし、学んだところでその知識をすぐにアウトプットするのも難しいですよね。例えば現在の広告業界にしても、日々進歩が激しいので従来の知識だけでは対応できない部分もたくさんあるんです。

なので、転職で会社を選ぶ際のポイントとしては過去の経験の有無よりも「成長している会社か」「働きやすい環境か」を軸にして探していくと良いのではないかと思います!

株式会社ADrim's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more