1
/
5

What we do

20年、30年後の未来を一緒に創りませんか?
メディア事業
<ミッション> アクトインディは先達から良きものを継承し、感謝の気持ちを持って、次世代にその恩返しをしていきたいと想っています。 今、自分たちが在ること、得られている物に感謝し、足りない部分は自分たちが補っていく。そして、次の時代を担う子ども達に少しでも素敵な環境を渡す。そのための手段の一つとして、アクトインディはサービスを提供しています。 <運営サービス> 【メディア事業】 ✦いこーよ 日本最大級の親子のお出かけポータルサイトです。 2008年サービス開始後、12年間親子の子育てや、お出かけに向き合ってきました。おかげさまで現在では多くの施設様やイベンター様から賛同いただけています。 年間のべ利用者数 7,070万UU(2019年4月〜2020年3月 Google Analytics調べ) ✦いこレポ パパママ向けのおでかけニュースサイトです。 子どもとお出かけしたくなる!遊びまとめニュースを発信しています。お出かけの達人「おでかけコンシェルジュ」が、おすすめプランを提案します。 ✦未来へいこーよ 子どもの未来を考える子育てサイトです。 2020年4月にスタートした「生きるチカラ(非認知能力)」をテーマにした子育てサイトです。「未来へいこーよ」では、子どもたちの「生きるチカラ」の土台となる好奇心や、頑張る気持ち、もっと知りたいという探究心、自分のアタマで考える力を育む様々な情報や体験を提供しています。 ✦いこーよとりっぷ 地域の個性を親子に届ける体験情報サービスです。 親子が10年先も思い出せる体験づくりをお手伝いできるようなサービスを目指しています。 【イベント事業】 ✦6歳になったら机を作ろう! https://youtu.be/cOIMXh3IrUY きれいな川や田畑、海の幸があるのは山と森が生きているからです。でも山を手入れする人が減り、植林した常緑樹の杉や檜などが生い茂り、落葉が減って下草も生えなくなり、山が本来持っているはずの保水力や浄水力が、失われつつあります。 山を守るためには間伐が必要です。私達アクトインディは子ども達山に入り間伐し、その木材を使って机づくりを行っています。小学入学前の子ども達が自分の学習机を作ります。 川や海を支えている山。その山の木を活用した学習机を作る体験は、自然の恵みに感謝する心を育みます。私達は、このイベントを体験した子どもたちが、よりよい未来を創る担い手となることを願っています。 ✦子ども達の「仲居さん&番頭さんのお仕事体験」 https://youtu.be/AOORtFb5FOg 子ども達が、旅館での仕事体験を通して「感謝」「楽しさ」「喜び」を体いっぱい感じる事ができる人気のイベント。お店や施設がお客様を迎え入れるためにどんな準備をしているのかを体験することで、「おもてなし」の心を学びます。 初めて会う他の子どもたちと一緒に協力してお仕事をすることに、最初は緊張気味の子どもたち。でも、お父さんお母さんが帰ってくる頃には、立派な仲居さん・番頭さんになってお出迎え。親にとっては、子どもの成長が垣間見られます。

Why we do

あなたは誰のために仕事をしていますか?
アクトインディ社名の由来とは
未来を担うのは子ども達です。 その子ども達が、どんな経験、体験をして大きくなっていくのか?それをデザインするのが私たちのミッションです。 各メンバーが「誇り」を持って多くの人達を笑顔にし未来を明るくして行こうと思っています。これは物創りです。自分たちの物創りが、20年後、50年後、100年後の次世代にとって価値あるものでありたいと願っています。 小さなお子様のいるパパママの80%以上が使ってくれている「いこーよ」をより良いメディアにし、未来を明るくしていきたいと思っています。 【アクトインディの社名の由来】 「act」 言うだけ、考えるだけ、でなく行動をおこす 「independence」 しがらみなく、独立した立場で自由に自社の理念を追求していく 「individuality」 個性を尊重し、従業員が自己実現できる場所であり続ける という想いを込め、社員ひとり一人が自分の成し遂げたいことを実現できる場でありたいと思っています。

How we do

人と戦うのではなく、意見を戦わせます
柔軟でセルフコントロール可能な働き方
【仕事とは】 「仕事=価値創造」と定義します。 仕事とは「会社にいる時間の長さ」で評価されるものではなく「どれだけ価値創造したか」。 私たちの仕事が「本当に社会や未来に価値を提供できているか?」を真剣に問い、自らが考え行動する組織を目指しています。 【働き方】 仕事は人生の一部。 フレックス勤務や時短勤務、リモートワークなど柔軟でセルフコントロール可能な働き方を取り入れています。 【行動指針】 ・実行する、行動を起こす ・しがらみに捕らわれる事無く自分の判断基準で行動する ・短期的、短絡的なメリットに惑わされず、本質を見る ・社歴や地位よりも、明確な意義と目的のある意見を尊重する ・自ら求め自ら行動する ・他責を問わず自責を問う ・一方ではなく多方面から物事を見、判断する ・失敗を責めず仕組みを創る ・保守に走るのではなく変化を自ら生み出す ・人と戦うのではなく、意見を戦わせる ・楽しむ ・謙虚さ、素直さを持ち続ける ・感謝