This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】営業職からインフラエンジニアへキャリアチェンジ

こんにちは。アクロビジョン人事の田中です。

今回は、中途採用で2016年11月に入社したインフラエンジニアのTakumaさんにインタビューをしましたので、その内容をお届けいたします。


Takumaさんは前回インタビューに協力してくれたでご紹介したTatsuhikoさんのご友人です。転職活動をしているTakumaさんをご紹介いただき、入社の運びとなりました。知人紹介で入社したメンバーからみたアクロビジョンはどんな会社なのか。お話を伺ってみました。


Mizuho:改めましてご入社ありがとうございます。社内でもあまり知られていない事実ですがTakumaさんと私は同い年なので(笑)、本日は同い年同士ざっくばらんに楽しくお話ができればと思っています!ということで、まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?


Takuma:はい。よろしくお願いします。私は転職活動をしていて、その時に丁度知人(Tatsuhikoさん)からアクロビジョンを紹介してもらい、今回縁あってインフラエンジニアとして入社をしました。前職は富士通エフサスという会社で営業職を3年半しておりました。趣味は音ゲーですね。アーケードゲームのほか、アプリなどいろいろとプレイしています。今は神奈川の川崎にある実家に住んでいますが、前職のときは岡山に住んでいました。出張もあったので西日本を中心にいろいろと回っていましたね。


Mizuho:なるほど。アクロビジョンにはインフラエンジニアで入社されましたが、新卒で入社した会社で営業をやられていたんですね。「営業職からのキャリアチェンジ転職」というところも私と同じで親近感しかないです!ちなみに今回は知人紹介からの入社になりますが、ご紹介者のTatsuhikoさんとはどのような知り合いだったんですか?


Takuma:大学時代の同級生です。学部、学科、研究室まで一緒ということもあり、卒業してからも良く話したり遊んだりしていました。彼は大学院まで進んでいたので2016年の新卒入社だと思いますが、私は大学を卒業後就職したので社会人歴は彼より長いという感じです。大学時代の研究室では彼がゼミ長、私は副ゼミ長をやっていました。彼は昔も今と変わらずみんなのマスコット的な存在で、誰からも好かれるような人でしたよ(笑)。


Mizuho:Tatsuhikoさんはどこにいてもマスコット的な立ち位置なんですね(笑)。Takumaさんは学生時代どんなことを勉強していましたか?


Takuma:経営工学も少しかじりつつ、情報系の知識を学習するといった感じでした。中心だったのはCやJavaといったプログラミングの勉強ですね。QRコードを使って鍵認証をするといった内容の卒業研究をしていたので、その時にAndroidも少し触っていました。研究室で情報セキュリティの面白さに気づいたのをきっかけに、もっとセキュリティネットワークの専門的な部分に関わりたい、インフラエンジニアになりたいと思うようになりました。


Mizuho:大学時代からインフラエンジニアに興味があったんですね。でも、前職では営業職として3年半勤務されていたんですよね。。


Takuma:はい。営業職だったので、お客様先にヒアリングしにいき、そのうえでネットワーク構築のサービスなどを売り込んでいました。もともと会社自体には一般職で応募して入社し、エンジニア職の希望を出していたのですが、希望が通らず営業職に配属されてしまったんです。学生時代からずっとインフラエンジニアになりたいと思っていたので、営業職になることが決まったときはショックでした。すぐに異動願いを出したいと思いましたが、新卒のそんな意見は上に届かないだろうと思い、とりあえず三年頑張ってからにしようと決めました。そして三年が経ち、上司に相談した結果「エンジニアに移るのは難しい」と言われ、もうこれは転職しかないのかなと……。そんな時にTatsuhikoさんから紹介されたのがアクロビジョンでした。


Mizuho:そうだったんですね。自分のやりたいことに近づけないのはやはり苦しいですもんね。私もそれで転職してきたので気持ち、とってもわかります。アクロビジョンを知っていただいた中で、入社しよう!と決めた理由はなんだったんですか?


Takuma:そうですねー。紹介された時は本当にびっくりしたんですよね(笑)。でも彼から話を聞く限り楽しそうだし、会社説明を聞きに行ってもその印象は変わりませんでした。ここなら楽しく頑張れそうだな、と。ほかの会社も受けていましたが、アクロビジョンから内定をもらったときにすべて選考を辞退しました。


Mizuho:楽しそうだと感じていただけてとてもうれしいです。ご紹介者のTatsuhikoさんは会社の雰囲気を「平和でのびのび」と表現されてました(笑)。ちなみに友人と同じ会社で働くことに抵抗はなかったんですか?


Takuma:普通ならば友人と比較されたら嫌だっていうのはあると思います。でも彼ならいいかなと思って。彼と比較されて負けたとしても「彼なら仕方ないな」ってなる。それに彼は競い合うような性格じゃない。だから、そんな不安はありませんでした。


Mizuho:とても素敵な関係ですね。Takumaさんはこれからインフラエンジニアとして新たな一歩を踏み出すと思いますが、今後やっていきたい事はなんですか?


Takuma:まだ社会経験も4年目、これから変われると思っています。ゴールをしっかりと見つつ、確実に技術力を身に着けていきたいです。最終的には、お客さんから絶対の信頼を得られるようなインフラエンジニアになりたいですね。今、資格の勉強もしているので会社の制度も使いながらスキルを身に付けていきたいと考えています。仕事だから辛いと思うときはあると思いますが、それでも「やっててよかった」と思える仕事をしたいです。


Takumaさんインタビューにご協力ありがとうございました。入社後早速、資格を取得し、現在は現場で大活躍中のTakumaさん。今後の飛躍に期待しています!

株式会社アクロビジョン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings