1
/
5

What we do

習慣化アプリ「みんチャレ」
Google Playベストアプリ過去3回受賞、アプリレビュー★4.7
★A10 Lab, Inc.とは エーテンラボは「テクノロジー」でみんなを幸せにするというミッションの元、三日坊主防止アプリ「みんチャレ」の開発運営を行っています。「みんチャレ」はソニー株式会社の新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から生まれたサービスで、2017年2月にソニーからエーテンラボ株式会社として独立しました。 会社公式HP: https://a10lab.com ★三日坊主防止アプリ「みんチャレ」 ダイエット・運動・生活習慣の改善など、一人ではなかなか続けられない習慣を匿名のユーザー同士5人1組のチームを組むことで続けられるようになるアプリです。 みんチャレ公式HP: https://minchalle.com 【「みんチャレ」実績】 ・アプリストアレビュー:平均☆4.7/5 ・Google Play ベストアプリ過去3回受賞(2016年、2017年、2019年) ・AppStoreでのフィーチャー多数掲載 【受賞歴】 ・2017年11月 MSD Diabetes Innovation Challenge最優秀賞 ・2018年08月 日本糖尿病情報学会で登壇 ・2019年12月 Google Play ベストアプリ 通算3回目の受賞 ・2020年01月 経済産業省ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2020 優秀賞受賞 【補助金獲得実績】 ・経済産業省 令和元年度健康寿命延伸産業創出推進事業採択 ・経済産業省 令和2年度ヘルスケアサービス社会実装事業採択 【提携実績】 ・2020年度 神奈川ME-BYOリビングラボ実証事業に2年連続採択 ・企業提携実績:アクサ生命、リクルート、NTTドコモ、帝人ファーマ、楽天など ・自治体事業での採用実績:神奈川県、山梨県、仙台市、府中市他 【メディア掲載】 NHKおはよう日本、BS朝日、日経新聞、産経新聞、日経ヘルスケア、日経バイオテク、ITmedia、CNET JAPAN 、朝日新聞デジタル、日刊SPA!、週刊アスキー、@DIMEなど、多数。

Why we do

「自分から積極的に行動を起こした方」を増やすことで、テクノロジーでみんなを幸せにすることを目指します
5人1組のピアサポート(仲間同士の支え合い)の力で人々に行動変容を促します
★ミッション:「テクノロジーでみんなを幸せにする」 CEOの長坂は、学生時代1日に12時間も熱中するほど大のゲーム好きで、ソニー時代にもプレイステーションの新規事業の立ち上げに従事していました。『ゲームをしている間人は幸せを感じるが、ゲームが終わった瞬間に虚無感がある。もっと人の実生活の幸せに貢献できるサービスを作れないか』と考え、ソフトバンクの孫社長の後継者を育成するプロジェクトであるソフトバンクアカデミア第一期生同期の木下らと「みんチャレ」を考案し、事業化に至りました。  最近のビッグデータ解析の結果から、人は『自ら行動を起こすと幸せになれる』ということが分かっています。しかし、行動を起こすこと、更にその行動を続けることは容易ではありません。習慣化アプリ「みんチャレ」はゲームに夢中になる要素(ゲーミフィケーション)をアプリに取り入れ、また、5人組の仲間同士の支え合い(ピアサポート)の力で人々の行動変容を促します。 私たちは、テクノロジーの力でみんなを幸せにするために「みんチャレ」を開発しています。

How we do

開発チーム・ビジネスチーム・デザインチームの分け隔てなくアプリの成長のために自由闊達に議論しあっています。
リリース当初より、1スプリント1週間のアジャイル開発を継続し過去に1000回以上アプリをアップデートし磨き込みを続けています。
【1週間スプリントのアジャイルスクラム開発】 OKRという目標管理フレームワークを採用しており、各チーム3ヶ月単位で目標と目標を成し遂げたかを判断する定性的な指標を設定しています。開発はアジャイルスクラム方式を採用し、1スプリント1週間の単位で進めています。 毎週月曜にWeekly Scrumと呼ばれる全社ミーティングで経営状況の共有、KPI確認、OKRの進捗確認、今週リリースのアプリ機能テスト、今スプリントの見積もりを行います。 みんチャレに関わる全員が様々な想いや立場から議論に参加し、合意した機能を実装していきます。 【Habit】 エーテンラボは健康経営に取り組んでおり、社員の健康のため、全員が毎日取り組むHabit(習慣)を定めています。 ・出社したらハイタッチで挨拶(現在はエアハイタッチ) ・1日1ストローク ・15時のストレッチ ・17時の筋トレ ・良かったことを日報に書く 【リモートワークについて】 まだまだ事業開発フェーズのため、対面でスピーディに議論することを優先しています。 リモートDayは週に1度設定し、それ以外は出社しています。 ※緊急事態宣言中は完全リモートワークを行なっています。