1
/
5

What we do

ad:tech tokyo2019に出展
フラットなフリーアドレスを実現。MacかWindowsを自分で選択、オフィスでは大型モニターも使って快適な環境で業務に取り組めます。
弊社はデジタルマーケティング領域で顧客をリードするコンサルタント企業です。 主な業務としては、統合型広告戦略の立案やAmazon広告や楽天広告の運用などデジタル広告に関連する事業が中心となっています。しかし、一般にあるインターネット広告会社がネット広告の運用や効率化がその役割であるのに対して、当社はクライアント企業の業績拡大にコミットをしている点が大きく異なります。 当社ではまずクライアント企業とマーケティング目標を共有し、その目標達成に対してどのような施策が必要なのかを提案します。さらに、その施策をKPIを追いながら実施し、共に目標を達成する為に時には伴走し、時には過去に実施してきた施策の中止を進言し、さらにはこれから起きるだろう課題を先回してその対応施策をリードしながら目標を追い続けます。

Why we do

未経験からデジタル領域に挑戦している5の主力メンバー達。前職での経験をマーケティング領域に活用しながら幅広いスキルとネットワークで早い成長を遂げています。
顧客企業の社員から寄せられたメッセージカード
5 co.のビジョンは「LEAD THE SCALE」(顧客の業績をリードする) さらに、我々は常にブランドに関わる【叡智のハブ】でありたいと考えています。 叡智とは、単なる知識や知っておくと便利なTipsではありません。人が長い時間をかけて蓄積した知恵やスキルを体系化し、幅広く社会に対して還元しながらそこで働く人が幸せに豊かになる為の源泉となるものです。 私たちはそのような叡智を培い流通させることによって、ブランドのマーケティング活動に関与するすべての人が「より豊かに」「熱度高く」「尊敬しあう」場所を 創り続けていきます。 それこそが【叡智のハブ】だと考えています。

How we do

5 co. のFlywheel
5co.ではOODAループの考え方は事業戦略のみならず組織戦略や組織構築にも応用されています。
様々なコンサルティングを通じて感じることは、クライアント企業の市場拡大をになうマーケティング施策が本来の目的からずれてしまっている事が良くあると云うこと。 例えば、インターネット広告において「効率を重視した運用施策」が既存顧客のみの獲得になっており、結果的に新規顧客に繋がっておらずクライアント企業の事業拡大やシェア拡大に繋がっていないケースは多く見かけます。 ・当社では事業拡大・シェアの拡大と言ったマーケティング目標の実現を図っていくためにクライアントの抱える課題を同じ目線で見つけ、解決に向けてた叡智を培いながら顧客とのパートナーシップを強固に結びます。 ・事務的なPDCAではなく、刻一刻と変化するマーケット環境に合わせたOODAループ(”Observe/観察”、”Orient/状況判断”、”Decide/意思決定”、”Act/行動”)に基づき新しい取り組みにチャレンジし続けます。 ・常に、次の目標に向けた反省と戦略と打ち手を提案していきます。 ・いま世にあるサービスでは解決できない課題がある時は、5が他社より1歩前進するチャンスと捉え、クリティカルな視点でサービスを開発します。 その一連のサイクルを「ファイブのFlywheel」と呼び、成果物であるロールモデルや新サービスの存在価値を業界に問い続けていきます。