1
/
5

What we do

2021年1月に、国内最高位のHubSpotダイヤモンドパートナーに認定。2019年4月には、HubSpot Solutions Partner Programに登録した企業の中で、2HubSpotの販売・導入実績において、アジア太平洋地区トップの成績を収め「Rookie of the Year」に選出。
代表の田村は、世界で約80,000人のメンバーがいるHubSpot Communityで、日本初、世界で49人目のHubSpot Community Championに認定。
私たち、株式会社100(ハンドレッド)は、2012年からHubSpotパートナーとして、100社以上のHubSpotの導入支援を手掛けきた代表田村を中心に、少数精鋭のHubSpotエキスパート集団です。 HubSpot社の国内最高峰のダイヤモンドパートナーとして、同社が提供するソフトウェア「HubSpot」をコアとした様々な活用支援のサービスを提供しています。具体的には、HubSpot導入支援、HubSpot CRMを利用したマーケティング、営業、サポート組織の構築とDX推進、インバウンドマーケティングの戦略立案・運用サービス、HubSpot CMS Hubを利用したWebサイト構築、コンテンツ作成など、質・量ともに圧倒的なソリューションの経験と知見をもっています。 当社は、上記のHubSpotを軸としたソリューション事業ともう一つ、コミュニティカフェ『世田谷百貨店』という店舗での飲食事業も展開しています。 いずれの事業も共通するのは、目の前にいるお客様を「ハッピー」にすること。その仕事にこだわるエキスパートであり、職人であることです。私たち100(ハンドレッド)に興味ありましたら、気軽にお話ししましょう・

Why we do

HubSpotは、全社で導入できるツールだからこそ、一人ひとりにHubSpotをフル活用していただきたい。 全員で共通のゴールを目指し、共に成長するための組織づくりからマーケティング・営業戦略まで全力でサポートします。
私たちがHubSpotの導入をご支援するには理由があります。お客さまに対する哲学と機能が一貫しているHubSpotは、企業の成長の核となりえるツールだと確信しています。HubSpotの1ユーザーとして体験してきた感動を、多くの企業に広めたいと考えています。 私たちが考える「HubSpotの活用方法」は、インバウンドマーケティングとアカウントベースドマーケティングを軸としたマーケティングの考え方の使い分けに始まり、Salesforce社のTHE MODELの考え方を取り入れた組織構築をベースにしています。 さらに、HubSpotが新たに提唱している顧客に一貫したよりよい購買体験を提供しようとする「FLYWHEEL(フライホイール)」の考え方を取り入れた戦略、施策、体制を築き、お客様とともに企業の成長を担う一助になればと考えております。

How we do

HubSpotをコアとしたDX推進支援を展開するソリューション事業部。本社(東京都世田谷区上町)と札幌オフィスを拠点に、対面とリモートのハイブリッドで働いています。
「世田谷百貨店」というコミュニティカフェ事業も展開しています
株式会社100(ハンドレッド)には、大きく2つの事業チームがあります。 一つは、HubSpotを活用した企業のDX推進をサポートする「ソリューション事業」。もう一つは、世田谷上町のコミュニティカフェ「世田谷百貨店」の飲食事業です。 カフェ:世田谷百貨店 https://www.100inc.jp/ いずれのチームともに、サービスのフィールドは違えど、"目の前のお客様"をハッピーにするエキスパートという意味で共通する仲間です。 一人ひとりが専門性の高い領域のプロフェッショナルとしてお客様に向き合い、チームとしてお互いを支え合う仲間を大切にしながら、主体的に行動するメンバーが集まっています。