1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

◆連載25:睡眠の質の向上を科学する。筋肉の99%は第四の水?私達は受精卵の時はほぼ100%が水だった?波動周波数エネルギーが体内の血流、リンパ、デドックスシステムを動かしている。

 身体内の水の真相を解き明かしたポラック博士の理論が面白い。「アンネの法則」を実践していると、奇跡の真理と出会う。創造主と宇宙意識と人間存在との交流対話から閃く神秘の扉。安音は、SDGs3の目標、すべての人の健康と福祉を、2030年までに現実化するために、睡眠の質の向上を科学してみる。生物統計学の知見を活用!睡眠の謎を解明する研究開発メンバーに加えていただくためでもある。安音は、本気で、地球人の睡眠に革命を起こしたいのだ。この睡眠の謎を解明する研究開発チームが、直接、創造主とつながることができたならば、国際社会に神秘のアイデアを提供できる。このような史上最強の覚醒チームは、地球に革命を起こす展開をもたらすことができる光の顕現になれるのだ。これが、「アンネの法則」の極意。

 ポラック博士によると、身体構造の内、最も多い臓器と言われている筋肉細胞の、なんと99%は水で、電気エネルギーを秘めて存在する第四の水の形態があるというのだ。この第四の水には、記憶作用があるという。水は、疎水性の水、親水性の水などの異なる形態を持つことは知られていたが、電気エネルギーで、その分子構造をつなぎあっている第4の水が、私たちの身体内のデドックスを支えている正体だとの概念に安音はたどり着いた。人間存在の内なる宇宙も水の惑星である地球の組成と同じシステムが秘められていることを予測させるような神秘だ。プラスとマイナスを帯びた形態でつながる水は、体内でイオン化して、化学反応を起こしているようだ。これらの水形態からは、フリーエネルギーを引き出すことができるというわけだ。身体内のデドックスは、この宇宙の展開反応のようなフリーエネルギーの存在によって支えられている。この電気エネルギーの反応と展開の枯渇が、人間の可能性の扉を著しく閉ざしているようだ。覚醒は、この電気的宇宙のような、電気的生命論の脳内、体内の展開によって、もたらされてくるのだ。高周波のエネルギー場を脳にもたらす睡眠の謎に迫ってみよう。

 脳では、リンパ組織の代わりに、脳脊髄液(CSF)という液があり、このCSFが、脳内からの老廃物を吸収し、血液中に排出して,デドックス、新陳代謝を行っている。脳脊髄液は、いのちを持つ電気エネルギーを持つ水として存在しているのだろう。しかし、そこに波動エネルギーが加わらないと、この脳のデドックスはうまくいかない。だから、音楽が脳のデドックスを促進するのだ。ここに、アミロイドβの蓄積があると認知症になりやすく、睡眠負債が溜まっている状態になる。松果体は第三の目とも言われているほど、直観や宇宙意識とつながる器官なので、ここにアルミなどの重金属が固着すると、神秘を見る目が閉ざされてしまう。だから、覚醒にとって、重要な7つのチャクラのデドックスは、必須課題なのだ。七つのチャクラのデドックスは、瞑想によって、無意識を宇宙からのエネルギーとつなぐことで、光のエネルギー体になることで行うそうだ。私たちの内なる宇宙である潜在意識が宇宙からエネルギーを引き出すことができるのだ。

 水からの伝言、水の結晶で知られる江本勝氏が解き明かした真理。愛と感謝の言葉のエネルギーを注ぐと、水の結晶が綺麗な形になる。逆に、暴力的な言葉は、水の結晶がいびつに壊れてしまう。つまり、「意識や言葉」にはエネルギーがあるのだ。人間の体の水のあり様、どのようなエネルギー状態の水が保持できているかが、睡眠の質を決定的にしている要因であることは間違いない。

 受精卵の時、私たちはほぼ100%が水だったのだそうだ。それも生命エネルギーとDNAを持つ水なのだ。その水分量は、赤ちゃんになると65〜75%。幼児から中学生までは70%。成人では60%になり、高齢者だと50〜55%まで減少する。筋肉はカラダの中で重さは25kg。その99%が水分子の電気的結合で組成されている。人間の身体の血液は平均4.8kg。その内水分量は約4リットル。6kgの脂肪がカラダにあるとすると 含まれる水分量はたったの0.6ℓ。私たちの身体構造は、水の神秘を持つ光の星なのだ。睡眠の謎には、この身体内の水の質とそのエネルギー場の状態によって、決定的な何かを解く鍵があるのではないだろうか?

 睡眠負債は、血液検査で、アミロイドβの蓄積があるかどうかで検査できる。すでに、ノーベル化学賞受賞者の田中耕一氏が、血液一滴で病気を早期発見する技術として、検査キットを開発している。睡眠負債は、代謝循環の滞りの負債でもあるのだから、デドックスができているかどうかの指標で測定可能なのだ。

 睡眠時無呼吸症候群の人は、舌の脂肪代謝ができていないのだそうだ。口内炎などの、口の中のマイクロバイオータのバランスを崩している人も、脳の認知症レベルがひどい状態だ。夜中にイビキがひどいと思ったら、急に呼吸が止まるために、睡眠―覚醒のサイクルが狂い、十分な睡眠の質が確保できない人たち。これらの多くが、電解代謝異常にあると安音は睨んだ。睡眠の質が悪いとデドックスが十分に行き届かず、心臓血管疾患・脳卒中などのリスクが高まる。電解代謝、その中でも電解水代謝というサイクルに着眼して、水毒の排泄と便の排泄、たんぱく質のごみの最終処分、オートファジーの機能に着眼することが、睡眠の質の向上につながる道ではないかと感じている。

 安音が実践から習得して、松果体のデドックスにとって、もっとも効果的だと感じるているのは、朝日サンゲイジング。海洋深層水のマグネシウム、海の産品、玄米などのマグネシウム食材の摂取、和ハーブブレンド茶、スギナのケイ素、カリウムの十薬(ドクダミ)など、多様な和ハーブには、ケラセチン配糖体があり、細胞の反応を促進する。マグネシウムは、認知症予防の切り札だ。朝日サンゲイジングから14時間後には、メラトニンが分泌し始める。また、檜ベットの下に炭を敷き詰めておいて裸で布団に入るという波動入眠の神秘を科学的に解き明かしたい。

 睡眠にとって、もっとも大きな脅威が、5Gの電磁波環境だ。身体は、電気的な無線配線だらけなのだ。そこに電磁力は、有益にも有害にも働くという周波数の神秘に目を開く必要があるのだ。寝る前には、必ず、電磁場環境には気を遣い、電気関連は、offにすること。WIfIや5G環境では、細胞のリモデリングが著しく狂ってしまう。5Gの160GHzは、血液のヘモグロビンを分離するともいわれている。60GHzは、細胞のチャンネルと一致しているので、電磁波は、体内の電気的な、電解代謝異常による睡眠負債をもたらすのだ。これに人類が気が付けば、必ず、近いうちに、地球上の5Gのコンセントは抜かれて、スイッチはオフにされるだろう。それまでの間に、どれほど大きな障害と殺人をもたらすかを考えると、気が遠くなる。人間の身体内の水の神秘を知った安音は、悲劇を最小限に抑えるためにも、アンネの法則で、覚醒した人々をはやく呼び起こしたいと願っている。この覚醒をもたらすムーブメントに、ご協力いただける方は、ご連絡ください。


◆睡眠の質を上げるアイデア

 ●重力1で横たわることによって、一晩で1兆個もの細胞のリモデリング(新陳代謝)を果たしている睡眠時間。

①朝日サンゲイジングから14時間後に松果体からメラトニンが分泌し始める。この日課。

②松果体のデドックス。スギナなどのケイ素を含む和ハーブブレンド茶の愛用。これで、同時に、腎臓の機能が改善される。

③アーシング。地球の地面と銅線などで身体をつなぐ。銀のシートの上に眠るでも良い。アスリートたちがやっているアーシングは、炎症を解消して、寝ている間に修復を果たす。

③洞窟のような空間での睡眠。地球にすっぽり包まれるアーシング睡眠室環境を創る。

④太陽光を浴びて、ビタミンDを合成する。(裸で20分目ゆやす)

⑤正食は、ハイジの皿(50%の野菜と果物、30%は全粒穀物、豆類、イモ類、20%の良質なたんぱく質)

⑥ベットの下に300kgの備長炭の炭を仕込む。この波動が、一晩の間に、リモデリングを促進する。

⑦睡眠誘導は、体温の変化。薬草風呂に入って、軽く整体ヨガをやって、マーフィーの法則のアファメーションをやる。

⑧、体操の習慣。例えば、骨に振動を与える、かかと落としドスンのオステオカルシンの分泌などは、時間があるときに実践する。

⑨布団には、必ず、裸で入る。これによる免疫力の向上は半端ない。

⑩地球の周波数との共振関係で、不調は直せると思う。自然界には、ありとあらゆる低周波とか、周波数が存在するが、それと交流することによって、バランスが回復できる。

⑪電磁場環境には気を遣う。電気関連は、offにする。WIfIや5G環境では、細胞のリモデリングが狂ってしまう。5Gの160GHzは、血液のヘモグロビンを分離するともいわれている。60GHzは、細胞のチャンネルと一致しているので、電磁波は、体内の水の電気的な、電解代謝異をもたらす大きな脅威なのだ。

●睡眠の質の向上を科学する。天然循環療法、修復的医学からの提言 - 山下由佳のblog http://provida0012.livedoor.blog/archives/6460208.html常を持たたすもっとも大きな脅威なのだ。



1 Likes
1 Likes