Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

面接でよく聞かれる質問にあらかじめ答える

面接の時に聞いてよかった質問と、意味がなかった質問をまとめてみた

はてなでおなじみ、けんすうさんの記事。


確かによくきかれそうな質問だなと思ったので、先に回答しておく。


「今までで一番テンションあがったプロジェクトの話をしてください」

monohorizonの立ち上げ。

やはり自身が設計したサイトが完成した時は感動があった。


現職の上司で、最近受けたフィードバックは何ですか?

ボールを相手に山なりで投げておくのが大事。

相手に届くまでに態勢を整えておく。

山なりというのが大事。

こっちが時間がない時は相手側で即答できないような問いを投げて時間を稼ぐ。


一流の○○(職種)と、普通の人では、一番何が違うと思いますか?

WEBに限って言えば再現性と耐久性があること。

再現性:宝くじが当たっただけなのか、それとも失っても再建できるものなのかはかなり大事。

耐久性:保守面も加味してプロダクトを生み出せるかというのは結構大事。


一次面接が通った理由はご自身ではなんだと思いますか?

話が弾めば大抵いける。


「この会社を志望した動機を教えてください」

「真っ当さ」「人の為になる事業か」


「最近イケてると思ったアプリとかサービスありますか?」

最近そこまで刺さるのがない。

マインドマップを作れるサイト はとても使いやすい。

Eightっていう名刺管理アプリは読み取りの正確さに度肝を抜かれた。


「継続的にインプットしていることはありますか?」

マーケジン、はてな、yahooニュースがメイン。

はてなとyahooニュースはコメントを見ている。

ニュースよりも、それに対する世間の反応をチェックしているという印象。


「同僚からはどんな人だと思われていると思いますか?」

メンタル強者。

5 Likes
5 Likes